昨日と同じ、今朝も3℃。

 

温度計以上に体感温度は低く、寒かった。

 

徹さんは9時丁度に、近所のどぶろくを買いに左の旧道を降りて出発して行かれた。

 

無事今日の目的地まで行かれたことと思う。

 

 

 和智埜神社の階段が急で長いので、前々から手摺が欲しいという要望があり、見積もりを取って検討してもらうよう計画している。

 

9時30分、手摺の位置や本数・間隔等を業者と立ち合い、何回も間隔や本数の位置を出しては検討し直し、一時間ほどかかったが、後は計測をして図面を書き見積もりをするよう頼んで帰って来た。

 

11時にお袋が近所のマッサージに行くので送り迎え。

 

仕事っぷりの見事な干し柿。

 

 

 町内の工事に従事する作業員が神奈川県から来ていて、昨日は近所の民宿「かめやま」に泊まり、今日から我が家に来られた。

 

昨日から泊まりたいという希望だったが、昨日は満室にしてあるので、今日からとなった。

 

今朝現場に行ったら10㎝ほどの積雪があり、仕事にならないと言って昼過ぎにチェックイン。

 

寒いので2時過ぎから囲炉裏を焚き始めたら、囲炉裏の周りから動けないようで、普段なら5時頃から焚くのだが、それまでに一抱え以上焚き9時頃までにまた二抱えくらい焚いた。

 

ストーブと違い、薪の炎の揺らぎを見ていると、安心するというか癒されるのは、本能的なものなのかも。

 

特殊な仕事なので出張仕事が多いらしく、宿泊はビジネスホテルと民宿が半々くらいで、あちらこちらに行っても観光をするということは無いそうだ。

 

頻りに天気予報を気にしてみえたが、明日は仕事になることを私も祈る。