一昨日は妻と三人の娘達、女ばかり四人で、松本の旅館で一泊の羽根伸ばし。

 

昨日は今日仕事がある三女が一足早く帰って来て、松本で買ってきたというプリンが誕生日ケーキ代わり。

 

三女とお袋と三人で頂いた。

 

 

 昨日は、熊本のTさんから誕生祝にお菓子の「けし餅」が届いている。

 

「近頃疲れているようだから、ケシの実が好いかと思って‥」と言って。

 

私と妻とお袋の三人の誕生日と、お盆には親父の仏前にと、毎年何かしらの品物を送ってくれる。

 

血の繋がった者でもここまでしてくれる者は居ないのに、常連さんとはいえ、なかなかできない。

 

私達もだがTさんも、親戚ぐらいのつもりでいてくれているのだろう。

 

娘のところにも分けて、今日頂いた。

 

温めなかったが皮は硬くなく、上品な甘さの餡が美味しかった。

 

 

 今日は夕方5時に軽トラで出発。

 

大桑の葬祭場に5時25分に到着。

 

35分頃には、上田から長女と長女のところの孫達や、長男の孫達と一緒に帰ってきた妻が下りてきて、長女たちは家に帰る。

 

妻は私が軽トラに積んできた礼服に着替えて、一緒に通夜に参列。

 

6時からの通夜が始まるまで、プロジェクターで故人の在りし日の写真が映し出され、私が撮った写真が六枚くらい使われていて、懐かしさと共に思い出がよみがえり、悲しみが深まる。

 

40分頃軽トラに妻を乗せ、7時頃に帰宅。

 

先に帰った長女がおかずを作ってくれていて、入れ替わるように帰って行ったが、妻の疲れを考えると有難い。

 

食べた後、落合教室に行き、8時から一時間ほど勉強。

 

代範の先生がしっかり指導してくれているので、細かな口出しは必要なく、ポイントの指摘くらいにとどめている。

 

 

 今日急遽、一部を折句にして、故人と家族の名前を織り込んだ哀悼の歌を作ったので、喪主とご家族の承諾のもと、明日は弔吟をさせて頂くことになっている。

 

慌てて作ったので、まだ何回も見直しをして、恥ずかしくない吟で送ってあげたい。