久し振りに5時に起きて、シンガポール人家族が起きてくる前に家の中を暖めておいた。

 

家族は、5時47分にレンタカーで出発して行かれた。

セントレアを10時30分の飛行機に乗るとの事。

 

予約のときに、二泊するより夕方の内に移動して名古屋付近に泊まり、余裕を持って空港に行くよう伝えたのだが、計画通りにしたいと言うのでそのようにした次第。

 

無事帰国できたことと思うが、到着したら二週間の自宅待機が待っているとの事。

 

 横浜のTさんご夫婦は7時に朝食を食べ、今日は南木曽岳に登ると言って、8時過ぎに出発して行かれた。

 

昨年末に入籍し、今年八月に式を挙げる予定との事で、幸せな生活を祈る。

 

 

 杖が無くなり、杖代わりにしてきた杉の枯れ枝等を置いてあるので、片付けて杖を五十本置いた。

 

入れていたら外国人男性と日本人女性のカップルが歩いて来て、「あっ、それ好いですか?」と言うので「どうぞ!どうぞ!」。

「私はこれを、ツエー味方!と言っているんですがね。」と言ったら「フ、フ、フ」と笑っていたが、2、3秒したら「アッ!そういうことですか。」

杖と強いの駄洒落を直ぐには分らなかったようだ。

気に入ったのを選び出して持って行った。

 

置いてあった枯れ枝は捨てないで、切り刻んで焚き付けにしておいた。

 

 

 食事処「音吉」で、午後6時から妻籠地区区長会の会議を行い、

6時35分から、任期を終える区長も多いので、ご苦労さん会。

 

料理の数々。

 

 

 

 

 

 

蕎麦は食べ放題

 

自家製デザート

 

8時半締めを行い、板金屋のK君と二人で歩いて帰ってきたら8時45分。

 

今日は昨日予約のあった、所沢のMさんお一人のお客さん。

400ccのバイクで来られた。

 

予め「出かけて帰りが八時か八時半頃になるので、帰ってから民謡を唄いますから。」と伝えてあったので、声をかけたら直ぐ囲炉裏の間に出てこられた。

 

色々話をし、木曽節を唄い、漫画家だと言うので落書き帳のタイ人の書いた漫画を見せたりして、10時を過ぎたので「Mさんも書いてください!」と頼んでおいた。

 

どんな絵を画いてくれたか、明日が楽しみである。