昨日の三組のお客さんは、8時の朝食。

 

元ロシア人の女性二人は、9時前に歩いて妻籠に向かわれた。

 

アメリカ人のカップルは馬籠に行き、中津川駅から名古屋に出て、京都に行くと言っていた。

九時前に部屋から出てきて、荷物を馬籠に送りたいと言うが、見たら昨日、馬籠から送ってきた札が付いている。

聞けば昨日馬籠から歩いて来て、今日も歩いて馬籠に行くと言う。往復歩くのも好いけど、南木曽駅に出て9時54分発に乗り、中津川駅で乗り換えて行くのが一番好いと伝えたら、そうすると言う。

 

位置的に名古屋が南なので、北へ向かうのでなく、南の中津川駅に向かわないといけないと思っている外国人客がいる。

ウクライナ人女性を、9時半に駅まで送って行くことになっていたので、一緒に乗せていくことになった。

 

ウクライナ人女性は9時半に送っていく前、プレゼントをくれた。

 

セロハンテープで、チョコレートの袋の中にいれたものを止めて、袋もテープで封をしてあった。

 

磁石つきの留め具は、今住んでいるドイツのインゴルシュタットという都市のものらしい。

 

昨日のチョコは英語なので読める単語もあったが、ドイツ語ではさっぱり分らない。

 

 

9時半に三人を乗せて行く時、ウクライナ人女性に色々聞いたら、身長は183cmだと言い、母国のウクライナ語とロシア語の他、英語と住んでいるドイツ語に、イタリア語・フランス語・スペイン語も少しできるのだとか。

「日本語もできる!」と言ったら「スコシ・・」

 

駅で三人を降ろしてアメリカ人カップルを見送り、ウクライナ人女性には、観光案内所で荷物を預かってもらい、10時19分の電車の時間まで時間があるから、桃介橋を見るように勧めて、別れようとしたら、タクシーの泊まっている前でハグを求めてきた。

すぐ応じたが、タクシードライバーもびっくりしたことだろう。

 

私とは20cmの差がある。

もっとも、その差は脚の長さの差。

 

以前は周りの人が見ていないか気になって、そっと周りを見たものだったが今は慣れてきた。

 

帰って来て妻に言ったら、「挨拶なんだから・・」「それに四十過ぎたらオバさんだよ!」

 

それでも嬉しい。