私は今まで、一本も煙草を口にしたことが無い。

 

煙草の臭いが嫌いだったことが理由の一つだが、もう私の子供の頃には、煙草の害が言われるようになっていて、「体に悪いようなことはしない方が好いだろう」と思っていた。

 

高校時代、付き合う友人の中には煙草を吸う者もいて、格好付けやなめられたくなくて、勧められて吸ってみようかと思ったこともあったが結局吸わず、十九から始めた詩吟の為に、成人後も吸う機会は益々遠のいた。

 

肺がんになる要素が少ないと自分で判断して、検診を受けたことは無かったが、それでも可能性はゼロでは無いので、予約無しで肺がん検診に行ってきた。

 

直ぐ済んだ。

 

 今日も胡桃洗いだが、水量が減ってきたので、水車の位置を変えている。

 

 午後から、薬が無くなったので整形外科医院に行って診察を受けて、一ヶ月半分の薬をもらってきた。

 

ついでに酒店に行って、民宿用のビールと酒と、私の晩酌用に缶ビールを一箱とつまみを買ったら、消費税を入れて約三万円。

酒とビールは10%で、おつまみは8%。

 

今まで地元の農協から酒は買っていた。

 

昭和三十年代、赤字続きの妻籠農協の再建を託された祖父は、国会議員に頼んで酒の販売ができるようにしたりして、無給で再建後組合長を辞めたと聞いている。

 

しかし、注文して届くまでに一週間くらいかかるのと、先日の話し合いで、南木曽支所から預金高の多いところへ機能を集中するといった説明がなされ、致し方ないと思いつつも、それなら義理堅く地元で買う必要もないかと・・。

 

 帰ってきたら妻が「家の前の、柿の木の枝が折れている・・」と言う。

 

外出着だったので、「こじき」と呼ばれる種が着る物にくっつくのが嫌で近くまで行かなかったが、どうも熊にやられたようだ。

 

人の土地ではあるが、草刈りをして見通しを好くし、野生動物が近づきにくいようにしなければならないが、これ以上の被害が無いことを祈るしかない。