藁切り機と運搬車を高圧洗浄機で洗っていたら、ホースが破裂してしまい、ビニールテープで巻いて補修して何とか洗い終わった。

 

取り外して同じものを買ってこなくてはならない。

 

乾いたら注油し整備して、来年まで待機してもらう。

 

胡桃に、刈った草や選った(すぐった)藁を被せて、乾燥させずに速く腐るようにしておいてある。

 

だいぶ腐ってきたので、そろそろ洗わなくてはならない。

 

 

 午後、津島神社の権禰宜(神主さん)二人が挨拶に見えた。

バリッとスーツを着こなし、言われなければ神職とは分らない。

 

今年まで津島神社の世話役だった人が亡くなってしまい、後任を来年早々決まるまで、区長の私が代行することになっている。

 

他の役との兼ね合いがあり、次年度の役員決めのとき、決めるための暫定的処置。

 

 

 今日のお客さんは二組七人で、全員オーストラリア人。

両親と、13歳の女の子は背が高く、細身でスタイル抜群。

 

もう一組も、両親と姉妹で14才と12歳。

同国同士で親達は話すが、お年頃の娘さん達は殆ど話さない。

それでも雰囲気は楽しんでいる様子。

 

いつものように火を焚き唄を唄って、八時から詩吟に行き、九時半まで。

 

雨が降ってきた。