9時15分に家を出発。

 

途中コンビ二や道の駅で、お茶を買ったりトイレ休憩をして、丁度12時に穂高会館着。

 

後で見たら、この建物は体育館で、講堂は右の方にあって写っていない。

 

12日に行われる、長野地区吟道講座の会場を一人下見に来た。

 

私達の会が担当会で運営するのだが、18日の役員下見に来られなかったので・・。

舞台

 

舞台から見た、フロアから後方。

 

この会場に四百名の会員が入る。

講座当日には、間違いの無いよう、円滑な運営ができるよう万全を期したい。

 

本当は宿泊場所の確認もしたかったのだが時間が無く、三十分居ただけで松本市内へ戻る。

 

弊会事務所に、午後1時15分着。

半からの正副会長会は、多くの議題を検討して3時半に閉会。

 

松本から一般道や十九号線を帰る時、どうしても眠くなり道の駅「木曽川源流の里きそむら」で十五分ほど仮眠して帰ってきたら、家に6時15分着。

 

天婦羅の材料を採り、6時半からお客さんの夕食。

 

お客さんは、七十歳前後と思われるニュージーランド人女性二人と、岡山市から来られた七十代のTさんご夫婦の四人。

 

もう一人外国人女性の予約が入っていたが来なかった。

 

キャンセルが気が引けるので連絡しないのか分らないが、連絡の無い方が困る。

 

いつものように火を焚き、「木曽節」と「長持ち唄」を唄い、夕食を掻き込んで8時過ぎから詩吟に出かけ、8時半から9時20分まで教室に顔を出してきた。

 

10月6日が審査会なので、審査前の最後の教室で熱が入っていて、私もその熱で元気をもらった。