昨日と一昨日の胡桃を、枠を組み、中に入れて果肉を腐らせる。

 

今日も暑く、こうした仕事をするだけでも汗だく。

 

10時20分にシャワーを浴び、着替えて40分に家を出て、11時の特急で松本へ。

 

昼食に西口を出たところにある食堂に、12時15分くらいに行ったら、暖簾が新しくなっていた。

 

一週間前の3日に、入った時はボロボロだったのに・・。

写真は6月21日のもの。

 

古い暖簾

 

それが今日は・・

 

6月21日の時、店内は一杯で、居合わせた常連さんに聞いたら「牛めしとラーメンのセットがお勧め!」「テレビなどで紹介されて、いつも売り切れ」という話で、この時ご飯もなくなってしまい、ラーメンしか出来ないというので、食べたラーメン。四百円。

 

一週間前も牛めしラーメンは終わっていて、それでも定食はできると言うので食べた、アジフライ定食五百円。

 

そして今日は比較的空いていて、三度目の正直で、やっと食べられた「半牛めし・ラーメン」六百円。

 

牛のどの部位の肉か分らないが、脂身が多いもののくどくなく、脂身は口の中で、舌で上の歯に押し当てただけで溶けて行く感じ。

肉も甘すぎず、少し噛んでいるだけで肉の旨みを味わいながら、肉の繊維がほどけていく感じがなんともいえない。

 

ラーメンも、あっさりしているが好い味のスープが美味い。

これで六百円なんだから、常連さん達が集まり、そりゃあいつも売り切れるわけだ。

 

13時少し前に事務所に着いて、13時半から15時過ぎまで、弊会吟道大会の構成吟の検討会。

 

15時53分発のしなのに乗り、南木曽駅に着いたら17時。

途中で軽トラにガソリンを入れて帰ってきて、大慌てで仕度を手伝う。

 

 今日のお客さんはアメリカ人の家族四人と、横浜のKさんご夫婦。

 

アメリカ人の両親と娘さん、それに娘さんの彼らしい。

 

Kさんご夫婦は、昨晩五箇山の民宿に泊まられて、ベルギー人の夫婦と一緒になって楽しかったと話され、今日も積極的に話しかけられていた。

 

 暑いので、 八時頃、最後に火を焚いて「木曽節」と「長持ち唄」を聞いてもらい、アメリカ人家族の歌を聞き、六人一緒の写真を撮ってあげて居間に下がってきた。

 

胡桃捥ぎの疲れで、体がだるい・・。