ロシア人の男性とイギリス人のご夫婦が七時の朝食。

 

ロシア人の男性が8時の特急に乗るので、7時半に駅まで送って行ってきたが、昨日は民芸品をくれたのに、今度はチョコをくれた。

 

イギリス人の夫婦は、9時54分の列車に乗ると言って、8時頃から歩いて駅に向かわれた。

 

オーストラリア人のご夫婦は8時の朝食。

 

9時過ぎに出発されるとき、お袋が片付けの為部屋に入ったら、定番のコアラのクリップとやはりチップが置いてあり、玄関を出たらまだ妻と二人が居たので妻に伝え、御礼を言ったとか。

 

 私は駅まで送ってきた後、坂下の歯医者さんに行き、8時25分から9時30分まで一時間以上。

 

歯の被せ物は取れ、部分入歯のバネは折れていて、とりあえず残ったバネを調整して使えるようにしたが、新しく作らなくてはならなくなり、型を取ったりで時間がかかる。

 

帰って直ぐお袋を乗せ、中津川の整形外科へ定例の診察を受けに行ったが、10時過ぎに行ったのだが凄く混んでいて、終わったら12時を過ぎていた。

 

待ち時間に義母の様子を見に行ってきたら、寝ているようだった。

 

お袋の携帯の液晶画面が壊れて見えなくなっていたので、12時半にドコモに寄って、調べたり買い替えの説明を受けていたら13時半。

 

契約窓口は14時から開き、契約完了まで一時間はかかると言うので、お袋をそんなに待たせるわけにもいかず、23日に時間を予約して帰って来た。

 

田んぼに直行。

代掻きと畦塗りをして、きりの好いところで六時頃帰ってきたら雨が降り出した。

 

沢の水が少なくなっているので、ある程度降って欲しい。

 

「ロシアのチョコって聞かないね!」

 

早速夕食後に頂いた。

溶けて固まっていた。

 

食べた妻三女と孫が「・・・・・・・・・」皆微妙な顔をして、お袋も黙っている。

独特の香料がして、味も大味で深みが無い気がする。

 

皆の微妙な顔を見ながら、詩吟に出かけた。