∵ 何度もさよなら

テーマ:

 日本人のNさんと四人のフランス人は、七時半に朝食を食べ、九時近くに南木曽駅まで歩くといって出発。

 

出発前に、家の前で何枚も、私達やナナまで写真を撮って行かれた。

 

 二泊されたオーストラリア人夫婦。

八時に朝食を食べ、九時半頃に南木曽駅まで妻が送って行ってきた。

出発前にも、何度もお礼の言葉を言いながら、握手をしてくる。

 

帰って来た妻に聞くと、桃介橋を渡ってもらい、駅で降ろして来たが、コーヒーが飲みたいと言うので、自販機とコーヒーの飲めるところを教えてきたとか・・。

 

私も十時四十五分頃に駅に行き、切符を買って改札を入ると、ホームのベンチに座っている夫婦と目が合い、にこやかに手を振っている。

 

私も行って同じベンチに座り話をした。

「自分達は63歳と61歳だが、あなたは幾つか?」と聞かれたり、「お母さんは幾つか?」とおふくろの年を聞かれたり。

 

奥さんが好く笑う人で、聞いていて楽しい笑い声。

スマホの翻訳機能で「貴女の笑い声は、周りの人を楽しくさせる」

旦那さんに「貴女は幸せだ」と伝えた。

 

十一時発、特急しなのは六両編成で、ご夫婦は指定席の四号車。

私は自由席の五号車に乗ったが、混んでいて立っている人も居る中、何とか座ることができた。

 

ご夫婦は今日は箱根泊まり。

塩尻で乗換え・・と言っていたので、塩尻駅に着いたとき見ていたら、ご夫婦も車内を覗くようにして私を探していたので、窓際に行って手を振ると、手を振り返してくれた。

 

人生の中で多くの人に会うだろうが、印象的なご夫婦だった。

 

 松本に着いて、三階の店でブラックラーメンを食べ、事務所に十二時四十分頃到着。

 

直ぐに木曽部会の書類を出したり、受け取ったりしてから、定刻を過ぎたが午後一時十五分から、弊会の常任理事会。

 

総会の準備で、主に会計報告と予算案の検討や、行事予定の確認と検討を。

 

三時四十分頃閉会となり、四時頃駅に戻って駅前のデパートに行き、鞄を見る。

 

今回、教本が増えたので、詩吟の教本などを入れる鞄に余裕が無くなり、もう少し大きな鞄が欲しかったのだが、思うようなものが無く買うのは諦めた。

 

四時半頃駅に戻り、コーヒーを飲んで四時五十三分の特急で帰って来た。