∵ 昆虫食

テーマ:

 芋虫的、昆虫の苦手な人は見ないように・・。

 

 

 

 21世紀、人間を飢餓から救うのは昆虫食だとか・・。

 

蜂の子を始めとして、田舎では何でも食べないと生きていけない。

 

イナゴなどは採って食べることにより、米作りへの影響を抑えることが出来る。

 

木の中に産み付けられたカミキリムシの幼虫、ゴトムシも子供の頃から好く食べたものだ。

 

今割って薪にしている木はカエデの種類で、割ったら出てきた。

 

小指くらいの大きさがある。

 

油で炒めると、ピンと真っ直ぐになる。

 

ちょっと醤油を垂らして昼食前に頂いた。

 

透明な皮が少し硬いし、頭も(口と言うべきか)硬いので口の辺りだけ残した。

 

松の中にいるゴトムシは、松脂(マツヤニ)臭くて私はあまり好きでは無いが、カエデは匂いなどのクセの無い木なので、美味しい。

 

蜂の子やイナゴなど、姿形がグロテスクで食べない人が多いが、先入観無く食べれば、病み付きになるのではないか・・。