∵ 吟道大会

テーマ:

 六時に起きて、七時半までお客さんの朝食の仕度を手伝い、着替えて四十分に家を出て、南木曽駅を八時発の特急に乗る。

 

九時八分について歩いて会場へ。

松本市中央公民館(Mウイング)。

 

お城祭などで人出が多く、フリーマーケットも多く出ている。

 

入り口の立て看板。

 

九時四十分開会され、11時半に午前の部は終了。

お昼のお弁当。

 

午後は十二時半から式典。

午後一時過ぎから構成吟。

 

一時五十分から、招待者詩舞・範吟に入る。

藤貴流家元 藤貴凰扇先生の舞。

 

舞を見てから舞台袖へ。

 

今日は俳諧歌「痩せたる人を嗤咲ふ(わろお)歌二首」大伴家持

を吟詠させてもらった。

 

招待者の後、参与・顧問・正副会長吟があり、十四時半過ぎに吟詠は終了。

 

閉会の言葉、万歳三唱まで、十四時四十分に全て終了。

 

坂巻先生が行くはずだった講習会の、代わりを頼まれたので吟調をご指導願ったり、フリマの商品を見て回ったりして時間を調整。

 

近くにある懇親会会場の「王滝会館」に移動。

 

十五時半近くから七十名ほどが集まり、懇親会が始まった後紹介する先生が居て、私の木曽節が最初だった。

懇親会は踊りや民謡・手品・自作の俳句など芸達者な先生が多く、楽しいひと時を過ごさせてもらった。

 

四時五十分頃お開きとなり、五分ほどで駅に着いたが、十六時五十三分発の特急しなのが出た後で、次の電車しかないと思って待合室でゆっくりしていたら、十七時頃「名古屋行き、特急しなの20号は一番線から発車します」「遅れて大変申し訳ありません」と言っているので、慌ててホームに走り間に合った。

 

家には六時十五分頃帰り、着替えて直ぐお運びさんやらお客さんの相手をする。

 

いつものように唄った後落書き帳を出しておいたら、俳句を書いたと言っているが、読めない分らない。

 

明日の朝は大明神の草刈り作業。

それなりに疲れているので寝ます。