∵ 牛が勝ったか、馬が勝ったか・・

テーマ:

 

朝、スイス人のカップルから頂いた鉛筆。

牛は愛嬌がある。

 

今日のお客さんは、岩手県の○石さん家族三人と、イタリア人のカップル。

 

 ○石さんは、昨年9月14日に一人で泊まられていて、今回はご両親を連れて来てくれた。

 

我が家はお客さんを泊めるための家ではなく、家族が過ごす為の古い家なので、こんな家に岩手から車で、一年ぶりにまた来よう!両親を連れて来たい!と思ってもらえることは本当に有り難い。

 

 イタリア人のカップルは男性が四十代くらいで、女性は二十代くらい。

親子かと思ったら違うと言う。

 

二人共、両腕から胸からタトゥーが凄い。男性のは黒の濃淡だが、女性はカラーのタトゥーで、デザインが外国のお化け。

男性は耳だけだが、流石に牛のような丸環では無いが、女性は鼻の仕切り部にもピアスが・・。

 

 

大柄な外国人女性が多い中、私と同じくらいの身長だが細身。

それが少しぽっこリお腹で、妊娠しているのだろう。

 

夕食で、出した料理を全部出してから、「ハングリー?」「ハングリーならライスを・・」と言ったら、二人共ご飯を食べると言うので、軽めに一杯ずつ持って行ったら綺麗に食べた。

 

今まで外国人で、ご飯まで食べる人は少ない。

それが、八時半過ぎくらいに、「お金を払うから、五平餅をもう一本焼いてくれ!」と言うので焼いて持って行ったら、女性が一人でペロリと食べたので、びっくりした。

 

よっぽど口にあったのだろう。

馬勝って、私も嬉しい。