∵ 今日は敬老会

テーマ:

 

 今朝も体調今一。

 

偏頭痛の薬を飲んで、10時半過ぎに南木曽会館へ。

 

11時から妻籠地区敬老会。

 

町内の無形文化財、「与川のお神楽」で幕を上げ

 

町長さんも挨拶しながら、「瀬戸の花嫁」歌詞を変え「木曽の花嫁」を会場の手拍子で熱唱。

 

孫もいる妻籠の保育園児によるらーめん体操や。

 

敬老会の老人や来賓やボランティアも、皆楽しそう。

 

12番の出し物の内、詩吟で2番を私達木曽部会南木曽教室が発表。

 

11時40分頃から、孫が金子みすず「私と小鳥と鈴と」を発表。

まだ自信がないので声が小さいが、何とか最後までやり通してくれた。

二番手は 伊藤亮山が「倶利伽羅谷を過る」

 原信山が「木曽義仲」を。

 

原君は和楽器奏者グループ神楽組で、踊りも披露。

 

マサルちゃんによるカラオケ。

 

なりきっている。

 

十二時半過ぎから詩吟の二部。

坂井岳琇・鈴木岳峰、原 岳宗数、そして私のオールドメンバーが、「巴御前」「砺波山決戦を憶う」「俳句二題 芭蕉」を発表。

私は佐藤一斎の言志四録から「いつも学べば」を吟詠。

 

妻籠愛友会の若手は「親子さいとろさし」を発表。

 

若手会員の子供達三人と踊って、場を盛り上げてくれた。

 

大人になって、妻籠愛友会を継いでくれると嬉しい。

 

片付けを手伝ってから帰って来て、田んぼに行ってみたが、雨続きで田んぼが乾かない。

 

田んぼの中に漬いた水を、溝を切って出したり、本当は稲刈りをしたいのだが、田んぼの周りの草刈りをした。

 

いつ刈れるか分らない。

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。