∵ 蔓で縛る

テーマ:

 

 先日、剪定した梅の枝を縛って片付けた。

 

梅の木の下に置いていても草刈りの邪魔になるし、捨てるにしても手間がかかる。

 

どうせ片付けるならと、いつも囲炉裏の焚きつけにしている。

 

縛る紐はあるのだが、近くに生えていた葛(くず)の蔓(つる)を採ってきた。

 

葛はこの辺りではウドバと言う。

少し太いものは半分に裂いて使う。

 

しっかりと巻いたら、捩(よじ)って、蔓の下に挟み込む。

 

こうした使い方を知っているのも、私の世代までだろう。

 

焚物小屋には、まだ一昨年のものが置いてある。

これはPP紐を使っている

 

 

 今日は他に、板葺き石置き屋根の枕木を作っておいた。

 

栗の丸太を六年くらい置いてあり、アマと呼ぶ、外側の部分を腐らせてあった。

 

だが、完全に腐って芯だけになっていれば好いのだが、腐りきっていないので、腐った部分をできるだけ鉈で取り除いておいた。

 

何時使ってくれるか分らないが、準備だけはしておかないといけない。