∵ お袋の医院のはしご

テーマ:

 

 お袋の眼科と整形外科の診察で、九時過ぎに家を出た、

 

九時四十分にお袋をK眼科に降ろして、K電気店で買い物。

 

点かなくなった玄関の照明と、マウスの動きが悪くなり買って、十一時頃、今度はT整形外科へ連れて行き、軽トラを駐車場に置いて、近くの中津川宿枡形の跡付近を散策。

 

枡形というのは、江戸幕府が防衛のため、宿場町の道をわざと鍵の手に曲げた町並み。

 

恵那神社へ続く道。

 

恵那山の蔵元の家。

 

一斗樽が左奥に見える。

 

和菓子の「川上屋」

 

店先の道標。

 

正面左が川上屋の通り。

 

看板にあったので、百㍍くらい先の跡まで行ってきた。

 

荒れている。

 

墓石や石仏を集め、祀ってある。

 

字は風化しているが、慶応とか、元治とか、江戸時代後期のものが多い。

 

お地蔵さんも集めて祀られている。

 

左下、お地蔵さんの足元の黒い丸い石は、俳句を彫ってあるようだ。

 

十二時二十分頃帰って来て昼を食べ、雪かき。

 

朝、出かける前にかいた後、10cmくらい積もっていて、かいている間も降っていた。

 

除雪機で雪をかいている間、三時前に木曽南部で震度4の地震があったそうで、全く気がつかなかった。

炬燵でテレビを見ていた妻も、全く気がつかなかったらしい。

 

我が家はほぼ岩盤の上に建っていて、地盤が固いせいか、普段でも地震には気づかないことが多く、地震が有っても近所より揺れないようだ。

 

F・B仲間や、熊本のMさんから心配を頂いた。

この場を借りてお礼を言います。

ありがとうございました。