∵ 久し振りの当日客

テーマ:

 

 昨日のご夫婦は七時半から朝食を食べられたが、食べている間も色んな話をする中で、お店について・・。

 

「自然素材も手作りも、何処でもやっていてそれは当たり前。」

「美味しくて当たり前なんだから、他の店にはない特徴を出さないと、人は呼べないと思うよ」 ・・等と余計なことを言ったりして・・。

 

お二人は松本ナンバーの軽ワゴンで来られたが、出発するとき見たらキャンピングカー仕様に見える。

 

「これは移動販売車なんですよ」

「中古車で買うとき、中を改造してもらいました」

「昨年九月から、これで土日に行われるあちこちの、近くのイベントに行っているんです」

「イベントで店の名前を知ってもらう為で、土日はお店を休みにしています」とのこと。

 

月・火が定休日だと言うので、イベントがあると店の方は四日間の休みになる。

折角お店に行っても休みでは、お客が増えない気がするので、名前を広めるのも大事だが、早くお店だけで営業できるようにした方が好いかも。

 

十時過ぎに出発していかれた。

 

 

 今朝お客さんの朝食を出してからパソコンを開き、メールを確認したら零時57分に、今日の予約のメールが入っていた。

 

今日は一組だけなので、受ける旨の返信をしたが返事がない。

どうしたものか・・と思っていたら、午後1時半頃駅の案内所から、当日客が泊めてくれと言っているとの電話。

 

話を聞いたら、メールをくれた人達だったので、受けた。

メールでの予約も、もっと早くすれば好いのに・・。

気の小さな私なら、明日泊まる所が決まっていないのは、不安で仕方ないのだが。

 

最初からの予約のご夫婦は五十代くらいのカナダ人で、奥さんがほんの少し日本語が分るが、私の英語力くらい。

それでも助かる。

 

当日客で来られたカップルは、三十代くらいのイギリス人。

直ぐにカナダ人達と仲良く話すことができるのも、同じ英語圏だからなので羨ましい。

 

私にとってはいつものように、いつもの料理や話・唄で時間が過ぎて行くが、お客さんにとっては初めて。

満足そうな様子で部屋に入られたのでよかった。

 

 

 今日、夕方の道路。

明日の朝は凍りそう・・。