∵ 半年振りの検査へ

テーマ:

 

 半年ほど前、耳が聞こえ辛いことがあり、坂下病院の耳鼻科へ通院した。

治療で以前の状態に戻った時、半年後の21日10時に、検査に来るように言われ予約を入れていた。

 

21日は用事が出来たので、検査日を今日に変更してもらっていた。

 

聴力検査を予め行うので、予約時間より早く来るように言われていたため、9時10分にお客さんを駅まで送って行き、そのまま病院へ行って9時40分頃、受付を済ませ聴力検査。

 

10時前には耳鼻科の前で待機していたのだが、10時半を過ぎても名前を呼ばれないので、聞いたら予約時間は11時からだった。ショック

日にちの変更をしたとき、予約時間を11時に変更されていたのを忘れていた。(>_<)

 

結局、11時過ぎから診察を受け、聴力検査の結果も以前と変わりなく、却って「お年の割には好い方ですよ」と慰められた。

「これでもう来なくても好いですよ」「何かあったときは来て下さい」とのことで、薬も次回予約も無し。

 

家に帰ってメールのチェックをしたり、片付け仕事を少ししただけでお昼。

午後はお袋が、インフルエンザの注射に行くというので、妻が買い物がてら乗せて行き、家の中は私だけ。

 

馬籠からの荷物の受け渡しや対応があり、これがなかなか手間がかかる。

雨降りの日は泊まるお客さんが早く来て、家を留守にできない。

 

妻達が帰って来てしばらくしてから、これも半年前からの定期検査で歯医者さんへ。

 

午後4時の予約だったので、今まで早まることはないため、4時丁度に受付を済ませたのだが、名前を呼ばれて入ったのが4時40分。

歯周病検査をしたり、掃除をしたり部分入歯を調整したり、歯間ブラシを使うよう指導を受けたりして、終わったのが5時15分。

 

家に5時半に帰って、お客さんの夕食の仕度に大忙し。

 

いつものように、お客さんの夕食後「木曽節」と「長持ち唄」を唄ったのだが、昨日も聞いていた二泊目のお客さんが居るので、「おんたけやま」も唄った。

 

8時に夕食を食べ、半から公民館に行き、妻籠愛友会の「長持ち唄」の練習会で、一人一人に個別指導。

23日の風俗行列で歌うための練習会なので、これは一年ぶり。

 

長持ち唄は決まったリズムで唄う歌ではないので、みんなバラバラ。

 

 最後に、私が唄いながら音の変化とリズムを手で表して、 事務局のTにスマホで動画を撮らせ「分らなくなったら、これを見て練習するように」と言って帰って来た。

 

一年ぶりに唄う会員は、毎日発声練習をしているわけではないので、声の出し方はまだまだ。

それでも、毎年やっているので上達していて、正しく伝えて欲しい私からすると心強い。

 

 

AD