∵ 想定外

テーマ:

 

 昼前に栗を拾いに行ったら、マイクロバスが私の土地の中に入って方向転換の最中。

 

 

栗を拾いに、この中に入れば栗の木はすぐ目の前。

軽トラで入れるように鉄板を置いておいたら、跳ね上げられたり曲げられてしまっている。

 

この土地は元は窪地の荒地で、手がつけられない状態だったが、以前居た会社から頼まれ、土砂の仮置き場にした後、平らに均してもらってある。

 

しばらくは草も生えないし、草が生えても平らなら草刈りも楽だろうというのと、平らなら何か土地利用できるかと。

 

ひょっとすると、通りがかりの車が乗り入れることもあるかという不安はあったが、こんな大きな車が入ることは想定外。

 

 六十代位の運転手に声をかけた。

「人の土地に何を勝手に入れるとこだよ!」

「あんたの土地ですか?」

「そうだよ!」「誰の土地であれ、車を入れて好い土地か、そうでないか見りゃ分るだろ!」

「外人を送ってきたんだけど、もっと先まで行けって言うから(降ろしてから)こんな方まで来ちゃった」

「こんな鉄板を曲げて、どういうつもりだよ!」

「もっと先まで行けば廻れたと思うけど」

 

かみ合わない言い訳ばかり繰り返し、謝らずに戻っていった。

 

 

 

 明日から雨予報。

田んぼの稲架のシートが心配で見に行ったら、シートが古くなって弱くなっているところを、穴を開けて稲の穂を引き出して食べた形跡が・・。

 

 

鳥だと思うが、さて、犯人は何かなあ・・。

 

 

AD

コメント(2)