∵ 出現

テーマ:

 

蛇の嫌いな人は見ないで下さい。

画像あり。

 

蔵の入り口の蛍光灯の上に作っていた燕の巣から、雛達が出現。

大きくなった体を現してきた。

 

警戒して身を屈めているが四羽いる。

 

 夕方少し涼しくなったところで家の裏の川の草刈り。

左岸側は以前草刈りをしてあるので、続けて刈るにしても大変ではないが、川と家の間の右岸側は、草を刈っていなかったので大きくなり、刈るのは大変。

 

草を刈っていると、ごみが出現。

 

草刈りをしながらゴミ拾いをしなければならない。

前にブログで書いたように、雄滝雌滝の上流にゴミを捨てて行く不届き者が居て、通勤しながら毎日ゴミを捨てていると見えて、相当量の同じごみが流れてくる。

仕方が無い・・集めて片付ける。

 

さて、畑で作業していたら出現したのが蝮(マムシ)。

私は蛇が大っ嫌い!

手で捕まえることが出来ないので、足で押さえる。

 

そのまま逃がしてやって、作業中知らずに噛まれるのは嫌なので、食べるか焼酎漬けにするか誰かにやるか・・始末は後で考えるとして、捕まえることにした。

 

「おーい!おーい!」畑から何度も呼んだらやっと妻が気付き、孫達を呼んでもらい「一升瓶を持って来て!」と頼んだら、孫は一升瓶が分らない。

何とか持って来てもらったが、長女のところの次女、次女のところの三女、長男のところの長女の三人の、小学四、五年せいの孫達に、「触ってみろ!」と言ったら恐々順番に触って「柔らかいけど、中が固い!」等と言っていた。

 

何でも経験だし、先日、ヤマカガシに小学生が噛まれた例もあるから、蛇の種類を知っておくことも大事だと思うが、三人の親たちは危ないことをさせたと怒るだろうなあ・・。

 

実は・・、私も孫に触らせる前に生まれて初めて蛇を触ってみた。

やはり素手で捕まえることはできそうにない。

 

ところがこの蝮、私が足で押さえつけたとき誤って自分の胴体に牙をつき立ててしまい、牙が引っかかって外れないほどだったが、そのせいだろうか・・つまみ上げたころにはぐったりして死んでしまった。

 

私が押さえつけたのが原因ではないと思うが、蝮は自分の毒で死ぬものなんだろうか・・。

 

誰か知っていたら教えて下さい。

 

 

 

AD