コオロギ養殖のブログ(レトロPCルーム)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

PC88用 スターフリート (テクノソフト) 1983年 ※動画あり


ゲーム内容については以前に紹介した
こちらのブログをご覧ください。
PC88用ゲーム スターフリート/B (テクノソフト)
って殆どゲーム内容に触れていないけどね。

 

 

 

 

 

 

 


どうです?
この昭和時代の未来感を表したタイトルデモ
これだけでワクワクしちゃうよね。

このタイトルデモで表示される画面は
表示するキャラと大きさをランダムで決めているのか
毎回タイトル画面が変わります。


こういうのとか


こういうのとか

おいらはパソコンコーナーがあった電気屋さんで
このデモをずーっと眺めていました。
何故なら
『モニターの中に宇宙が存在していたから(キリッ』
ちなみに、このタイトルデモは
機種によって異なります。
X1版やPC-6001mk2版だと音があったりしてね。
でもおいらはこのPC-8801版が一番好きです。
『無音により宇宙の広大さと静寂を表現』
しているんだと勝手な解釈をしていました。
SOUND機能の有無が原因じゃないんだとね。
うん。

え?
『このタイトルデモを心行くまで堪能したい!』
だって?
ちゃんと用意しました!


PC88版 STAR FLEET スターフリート オープニングデモ 3方向から撮影
3方向から撮影し43分の長編動画です。
部屋の電気を消して大画面でこの動画を見れば
あなたの部屋が宇宙空間に早変わり!

 


END

PC88用 任天堂のテニス PC-8801FEにて6つのモードで動作比較 ※動画あり

 


PC88用テニスゲーム
『任天堂のTENNIS 任天堂のテニス / HUDSON ハドソン』
です。

ゲーム内容については以前に紹介した
こちらのブログをご覧ください。
PC88用ソフト 任天堂のTENNIS (ハドソン) 1985年

 


画像にある「任天堂のテニス」を
起動しているPC-8801FEには

 


4MHz と 8MHz のクロック周波数を
切り替えるスイッチがついています。

PC-8801FEは(FR以降の)SR互換機と
同じように V1S V1H V2 モードの
切り替えが行えるので
  

4MHz V1Sモード


4MHz V1Hモード


4MHz V2モード


8MHz V1Sモード


8MHz V1Hモード


8MHz V2モード

以上のように6つのモードで
ソフトを起動することが出来ます。

V1Sモード に対し V1Hモード , V2モード は
基本的に下位互換となっていますが
V1Sモード用(PC-8801用)のソフトの全てが
V1Hモード , V2モード にて
動作するわけではありません。

任天堂のテニスは各モードで動作する為、
動作スピード比較用に
3モード * 2クロック周波数 = 6パターン
にてプレイしました。

各モードにて
   起動
→ タイトル&デモプレイ
→ 1人プレイ用で少しだけプレイ
を行いました。



8ビットPC版 任天堂のテニス 6つのモードで比較  【PC-8801シリーズ】
一連のモードをYoutubeで動画公開しました。


各モードの開始時間は以下の通りです。
開始時間 起動モード
01:28 4MHz V1Sモード
04:49 4MHz V1Hモード
07:01 4MHz V2モード
09:18 8MHz V1Sモード
11:51 8MHz V1Hモード
13:29 8MHz V2モード
15:26 明るい部屋で4MHz V1S
17:08 明るい部屋で8MHz V2
※FD読込中の部分はカットしています。

これが実機でのスピードです。
初代 PC-8801では 4MHz V1Sモードのスピードでしか
プレイすることが出来ませんでした。

これじゃPC-8801上での再現が目的で
ゲームとしてのスピードは二の次だよね。

まあファミコンやアーケードゲームが
パソコン上で再現できることが
当時としてはウリになっていたからね。
当時としてはありだったのかな?
う~ん、でも
任天堂のゴルフとか
アイスクライマーとか
他のゲームは遊べるスピードに
ちゃんと仕上げていたからね。
当時のユーザーにとっても
PC版「任天堂のテニス」は
ハズレゲームだったと思います。

オリジナル(FC版やアーケード版)は
ちゃんと遊べる面白いゲームだったからね。
うん。

デモプレイ

 




1人プレイ

コンピュータのレベル選択

 


ふひひひひ
いきなりダブルフォルトです。


IN


IN


1ゲーム先取


END

X1用 信長の野望 (光栄) 1983年 ※動画あり


X1用歴史シミュレーションゲーム
『信長の野望 / 光栄』
です。

ゲーム内容については以前に紹介した
こちらのブログをご覧ください。
X1用ソフト 信長の野望 (光栄) #前編
X1用ソフト 信長の野望 (光栄) #後編

 

 


ゲームを起動するとタイトル画面が
ゆっくりと描かれていきます。

 

 

正面だとこのような感じです。

そしてさらにロードが続きます。


1人プレイを選択し


ランダムで高速表示されるパラメータを
スペースキーを押して止めます。
これでいいかな?


ゲームスタート!


画面右側にコマンド一覧を表示

長い時が経ち…



上杉軍の本丸との対決


ちゃんと実機のプレイでここまで来たんですよ。


上杉軍を倒し17ヵ国制覇まであと少し
三好軍を残すのみです。


って動画撮影前の練習なんだけどね。
よし、ここで終わらせて
動画を撮影しながら最初からプレイします。



1983年発売 X1用 信長の野望 初代版を実機起動&プレイ 
一連の作業をYoutubeで動画公開しました。

練習で全国制覇寸前までプレイし
敢えてそこでプレイをやめたからね。
知将コオロギ養殖のプレイをご覧あれ!

END

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>