事業再開した途端に、群がるとは・・・ | アラフォーにして惑わずアラフィフにして天命を知る
新型コロナウイルスに関する情報について

アラフォーにして惑わずアラフィフにして天命を知る

50代おひとりさまブログです。うつ病発症11年、不遇の40代を乗り越え、より価値的な日常生活を目指します

理髪店は、自粛の対象外だったと思ったんですが

 

QBハウスという、ヘアカット専門店があります。チェーン展開しているためか、知らない間に自粛していました。

 

それを知ったのが、最近です。髪を切ってもらおうと店に行ったら、4月8日から休んでいました。

駅近辺には、片手で収まらないほど理髪店はありますが、時間と金がかかるので、他に行こうととは思いませんでした。

 

若い時なら髪型にこだわるのでしょうが、この年代になると、短髪が一番楽なんです。といっても、剥げてはいませんよ、まだ。

遺伝が正しいのであれば、剥げない家系みたいなので。

 

 

本日より営業再開

 

会社のホームページを見てみると、我が家の近場の店舗は、今日から営業再開することになっていました。

 

そこで、仕事が終わってから向かってみると、なんだか普段とは違う光景が目に飛び込んできました。

従業員の方が、まるで消毒作業を行う作業服みたいな全身で店頭に立ち、応対をしていたのです。

 

他にも待っているお客さんがいたので、「待ち時間はどれくらいですか?」と聞いたら、「30~40分待ちです」と言われました。

 

 

そんなに待っていたんじゃ、この営業形態のコンセプトが根底が崩れてしまいます。だから私は、日を改める旨を伝えて、帰宅しました。

 

 

バッティングセンターも営業再開

 

同じ敷地内に展開しているバッティングセンターも、久しぶりに営業していました。利用者も、たまったストレスをすべてぶつけるかのように、快音を鳴り響かせていました。

 

私もやろうかと思いましたが、スーツだったので止めました。でも少しずつ、元に戻りつつあるんですね。

 

お互いマスク着用している所は変わらないままで、何とか元の生活に近づけるように工夫をして、経済を回していけたらいいですね。

日本は、日本独自のやり方で、前に進んでいくべきなんです。お上の指示が多少間違っていても、民度の高さでカバーしていくことこそ、日本の本当の素晴らしさだと思うのです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

 


メンタルヘルスランキング