シャンプーをすべて捨てました | アラフォーにして惑わずアラフィフにして天命を知る

アラフォーにして惑わずアラフィフにして天命を知る

50代おひとりさまブログです。うつ病発症11年、不遇の40代を乗り越え、より価値的な日常生活を目指します

貧乏人にとって、スーパーなどの安売りはありがたいものです。日用品は減らしようがないので、必要なものは高くても買わざるを得ないからです。

 

先日ネットでとある記事を読んでいたら、「市販のシャンプーに含まれている成分が良くない」的なことが書かれていました。で、自分が使っていた商品を見ると、すべて含まれていました。そこで、未使用分も含めて、すべて捨てることにしたのです。

 

というのも、年齢的なものや遺伝的なものもあるのかもしれませんが、抜け毛がひどくなってきたのです。それで、頭頂部が比較的薄くなってきていたんですね。

 

私はその原因がシャンプーにあると考え、すべて捨てることにしたのです。

 

 

では、その後何を使って髪を洗っていたかというと、最初は普通の固形石鹸で洗っていました。「肌に大丈夫な成分なら頭皮にも大丈夫だろう」という考えです。そしてそこから、洗顔剤に変えました。「顔を洗っても大丈夫な成分なら、髪にも優しいだろう」と思ったのです。

 

もちろん、洗顔剤もそんなに安いものではありません。しかし、髪に優しい本格的なシャンプーを買おうとすると、間違いなく高いです。だったら今使っているモノで代用してしまえ!という乱暴な考え方に落ち着いたのです。

 

 

抜け毛も減り、薄くなりかけた頭頂部も元に戻りました。高価な育毛剤を使う前に、頭皮に悪いシャンプーの使用をやめるほうが先だと、私はおもうんですけどね~。

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村 


50歳代ランキング