日本平スタジアムでカメラを落としたヴェルディサポーターのブログ -2ページ目

日本平スタジアムでカメラを落としたヴェルディサポーターのブログ

2005年8月24日の日本平での清水戦で劇的勝利に興奮してカメラを落とし、
ブログを通じて味スタで戻ってきた経験を持つ男が主にヴェルディ、
時々その他スポーツについて何か書くブログ。
時々カメラでの写真(撮影はときどき自分ときどき弟)があることも。


テーマ:

味スタより帰ってきました。

自動昇格を考えると

非常に痛い敗戦ですね。

 

前半はボールは握っているものの

シュートまでなかなか

いけない展開。

逆に甲府にカウンターから

1対1の決定機を作られるが

これは相手が外してくれ、

事なきを得る。

前半はそのまま0対0で折り返す。

 

後半もボールを握るのは

ヴェルディだがなかなか

チャンスを得られない。

そして交代選手も入れ始めて

これからというときに

2枚目のイエローで皓太が退場。

一枚目と同じで自身がミスして奪われたのを

責任取ろうとしてのファウルでのカード。

正直軽率だったとしか言いようがない。

ここからは甲府が押し込む展開。

なかなか決めきれない甲府だったが

この日、ここまで外しまくっていた

ジュニオールバホスが

決めて先制。

ここからヴェルディはパワープレー大作戦に

入るが結局決定的シュートまでは至らず。

 

ヴェルディからすれば最後まで

11対11で戦いたかったのが本音だが

負けてしまったものは仕方がない。

ここからすべてで勝っていくしかない。

残り6戦、すべてで勝てるように頑張るしかない。

 


テーマ:

前節しょっぱい内容ながらも

セットプレー1発で勝利をもぎ取った

ヴェルディ。

今節は下位に沈むものの天皇杯と

ルヴァンカップでJ1相手に奮戦するなど

自力はある甲府との一戦。

さて、明日の個人的注目点は

 

・皓太、復調なるか?そして寛也のホーム初ゴールなるか?

代表から帰ってきてから

調子を崩し、今は代表合流前の

好調さが消えてしまった皓太。

ただここから上位をまくるためには

皓太の活躍は必須なだけに

何とか復調の兆しを明日の

甲府戦でつかんでほしい。

そしてもう一人の注目選手は寛也。

来週からは今度は寛也が

代表に行ってしまうだけに

代表に合流する前に

ホームで初ゴールを奪ってもらいたい。

 

ここ最近は優平や陵平など

今季加入の選手が活躍しているが

去年までいた既存の戦力、

特に若手の選手には頑張って

活躍してもらいたい。

ここからの道をつかむには

明日の試合にまず勝って

2連勝を達成したい。

 


テーマ:

始めにいつも見てくださっている方々

ありがとうございます。

突然ではありますが

今回はこのブログの今後について

書こうと思います。

 

なぜ書くことかになったかというと

このアメーバブログを運営する

サイバーエージェントが

町田の親会社になるというニュースが

報じられたからです。

 

結論から言うと

このブログは

ヴェルディの今シーズン終了を持ちまして

終了しようと思います。

 

サイバーエージェントが

ヴェルディのスポンサーを離れて

もうかなりの期間経っているし、

関連会社のサイゲームも

鳥栖にスポンサードしてもブログを

続けていたのだから

別にやめる必要はないのでは?

という意見もあるかもしれません。

ただこれは自分なりの

ポリシーでもあるのでご容赦ください。

 

このブログも05年に始めてから

13年ですか。

思えばワシントンのサイン欲しさに

ブログを始めたにしては

長い事続いたと思います。

それは飽きっぽい性格の

自分のことを考えるとなおさらそう思います。

 

これまで見てくださったかた、

コメントくださった方

今までありがとうございました。

ひとまず今シーズンは

最後の試合まで力いっぱい

ブログ更新していきたいと思いますので

よろしければ最後までお付き合いください。

 

できればそれがJ1昇格という

有終の美で終わってくれることを

願っています。

それでは次回の更新でお会いしましょう。


テーマ:

栃木より帰ってきました。

いや~苦しかった。

ボールは握っていたものの

サッカーに判定勝ちがあったら

確実に負けていました。

ただサッカーに判定勝ちというものは

ないですからね。

セットプレー一発でも勝利は勝利。

この勝利は大きいです。

 

前半から流れは栃木。

ヴェルディはボールは握っているものの

いい攻撃につながっておらず、

逆にカウンターで危ない場面を

作られるが相手が枠外に外す場面が

多く助かっていた場面が続く。

枠内に飛んだシュートも

上福元がファインセーブでしのぎ

何とか前半は0対0で折り返す。

 

後半も栃木の流れは変わらない。

大黒は常に脅威で危ない場面が

幾度も続くがやはり枠外に

外し続けてくれたことが

最後のドラマへとつながる。

終盤に投入されていた

陵平がセットプレーから

乾坤一擲のへでぃぐシュートを決めて先制。

その後はきっちり守り切り、勝利。

ここ2戦引きわけで停滞していただけに

大きな勝利となった。

 

試合内容は決して褒められたものではないが

それでも何とか守備が耐えきり、

最後の最後セットプレーで勝利と

勝負強さのようなものが

少しずつ身についてきたように感じる。

残り7戦、今日のように

難しい試合が続くだろうが

何とか勝利を重ねていってもらいたい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス