プラバン作品オーダー受けつけまぁす! | 『このみのブログ』~ハンドメイドと子育ち親育ち~

『このみのブログ』~ハンドメイドと子育ち親育ち~

子育てとハンドメイドを楽しんでいます。
オリジナルの『ぴーなっつん』が繋いでくれるご縁を大切にしながら、日々の中での気づきも書いています。
オンリーワンの作品づくりと、ありのままを受けとめながらの子育て&親育ち。共に育ち合っていけたらいいな。


テーマ:
昨日は、

プラバンキーホルダーの
オーダーをいただいたお客様の元へ。



3歳の息子ちゃんが描いた絵なんですが、

何となく曲がった口が笑ってるみたいで
気に入ってるんです顔文字  

・・との、ママさんからの依頼でした。


プラバンのオーダーは、

イラストの写メを送っていただき、
そこからお作りさせて
いただいているのですが、


赤ちゃんの頃から知ってるから、

もぅこんな絵が描けるようになったんだキラキラ

・・と、すごい感動しちゃいましたt



ママさんが車のキーにつけたい
とのことでしたが、

息子ちゃんもとても喜んでくれて、

『宝物にしようねキラキラ』

・・って言ってくれたみたいで、
ものすごく嬉しかったですテンションアップやーよwa-i*パッ




子どもの成長は早い!

心もからだも日に日に変化しながら
大きくなっていくように、

絵も同じこと芽


なぐり描きから始まって、
線やぐるぐる丸が生まれて、
丸が閉じたら、目や鼻や口が出て、
そこから手足が生えてくる。。。


発達の道すじとして勉強しましたが、

実際に保育の現場で
子どもたちと関わらせてもらって
ほんとにそうなんだなーと
たくさん学ばせてもらったし、

母親として、
我が子の描く世界もまた、
素晴らしいものだなと、

ちょっとしたラクガキすら
アートに見えちゃったりして笑パッ



ちびっこ画伯の『今』しかない
現在進行形の世界を、

こうやって作品として
形にしていくことって、

すごく
魅力的なことなんじゃないかなって、

自分で考えて作りながらいつも思います顔文字




この、6本脚のきりんだって、

大人からしたら、

『脚の数多すぎやろ!?』

って、突っ込みたくなるところだけど、


当時年中さんだったムスメは、

『急ぎ足で走ってるねん バフッ!』

と、この絵の状況を教えてくれました。



ひとつの絵にも、

こんな背景があって、
ストーリーが出来てるんだなって、

ただただ感動したことを覚えています。



走ってるきりんが6本脚だなんて発想は、
大人にはまずないもの。


そんな、
独特だけど自由でユーモア溢れる
素晴らしい子どもの世界を

大人になってしまった大人の人に
知ってもらいたくて、

また、

自分にもそんな時代があったこと、

大きくなられた子どもさんたちにも
あったことを

懐かしく思い出してもらいたくて、


そんな想いも込めながら
これらの作品を作っています。





お気に入りのイラストありませんか?

大きすぎて保管に困ってしまうけど、
大事な絵はありませんか?


今は大人になってしまったけど、
段ボールにしまったままの、
子ども時代の絵はありませんか?


ご依頼、喜んで受けさせていただきますはあと
(ただし、キャラクターの絵は
        お断りさせていただいています)






ribbonご依頼・お問い合わせはこちらまでribbon

merumeru    smile.konomi@gmail.com



ストラップ
ブローチ
キーホルダー

おひとつ  650円 です。

このみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス