12月に入って、クリスマスツリーを飾りました。

もみの木ではなく、ドイツトウヒという木です。
欧米ではクリスマスツリーといえば、この木をさすことが多いようです。
針葉樹なので、葉先に触るとチクッとしましたが
それでも息子は、大喜びで飾り付けをしてくれました。
オーナメントは、フィンランドの藁細工やドイツの木彫細工など。




息子のお気に入りのオーナメントはこの2つ。
藁で出来た松ぼっくリと木のリス。
そしてそして今、彼が一番気に入ってるクリスマスソングが
「We wish you a merry Christmas」です。
1日に何度も一緒に歌っています。
息子の一番の心配事は・・・
サンタさんが来てくれるかどうかのようです。



それでは、みなさま~

We Wish You A Merry Christmas 
And A Happy New Year!

AD



随分と長いことブログの更新をお休みしておりました。
皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家は、元気にわいわいがやがやの毎日でした。

最近の息子は、かぼちゃとどんぐりがお気に入り。
公園で沢山のどんぐりを拾って箱に大事にしまっています。
そして、かぼちゃが大好き。ほぼ毎日食べています。
家族全員、栗とさつま芋そしてキノコもあわせて
秋の味覚を大いに楽しんでいます。
皆さまも、美味しい秋を楽しんで下さいませ。

AD

半分こ

テーマ:

息子の好きなおやつ。

ホットケーキミックスと野菜を混ぜたものを焼いたパンケーキ。
玉子や牛乳を使わず、水だけしか使っていないのですが
バターで焼くと風味が増して、大人でも満足の味になります。
なので、息子と私の分を作って一緒におやつタイムしてます。




テーブルに置いた途端に、息子が駆けつけてきました。
画像は、枝豆とかぼちゃの2種類。
これ以外にも、コーンやトマト、さつま芋などの野菜と
きなこやチーズ、ウインナーといったタンパク質を
加えれば、栄養バランスも◎。
見た目は良くないですが、素朴で子供のおやつには
最適!と勝手に思っています。



待ちきれず、息子の手が!
今日も、二人で仲良く半分こ。


ちなみに、野菜20グラムに対して
ホットケーキミックスとお水は大さじ3杯が目安です。
AD
お世話になっているのは、こちら

マルチブレンダー、ジューサー、圧力釜の3点。
どれかを必ず毎日使っています。

ブレンダーとジューサーは、以前から持っていたのですが
圧力釜は、2週間前に我が家にやってきました。
時間の使い方が下手なのか
1日があっという間に終ってしまう私にとって
圧力釜は本当に頼りになる道具です。
何でもっと早く買わなかったのかと思ってしまうほどです。
時間をかけてじっくり作る料理はおいしいですが
何かと忙しい子育て中のこの時期
材料を入れたらあとは鍋にお任せ、というのがとっても嬉しい。
そして、何より美味しく出来上がるのですから言うことなしです。

息子は、朝に野菜スープ、昼にフルーツジュースが日課?なので
ブレンダー、ジューサーは大活躍です。
特に息子は、色々な野菜の入ったスープが大好き。
今朝は、枝豆とサツマイモのスープ。↓

口の周りにスープのおひげをつけて、
美味しそうに飲んでくれました。
勿論、大人が飲んでも美味しいです。
相方と息子は、かぼちゃのスープが一番好きみたい。






4月に入ってすぐ、息子と近くの公園でプチお花見。
しかし・・・
息子は、桜よりダンゴムシやミミズの方が楽しい年頃。




フィンランドから、イースターのカードが届きました。
Hyva:a: Pa:a:sia:ista:!
イースターおめでとう!というような意味で
日本のお彼岸とほぼ同時期に
あちらではイースターのお祭りでした。


フィンランドでは、キリストの復活をお祝いするというより
春の到来を喜び祝うお祭りのような感じがしました。
長く辛い冬ともこれでおさらば!という雰囲気で
街中が賑やかで明るく見えたものです。
頂いたカード同様、街中に水仙の花やヒヨコなど
黄色で溢れていました。





今日、近くの公園の桜もちらほらと咲き始めていました。
息子は砂場に夢中でしたが
私は桜の花に心がときめきました♪
今週末には、見頃になりそうです。
相方と息子とお花見ができるといいなぁ。

先週、家族でお墓参りに行って来ました。
そして一足先に、お花見団子を。
やっぱり我が家は、花より団子か・・・。


ブログが縁で知り合ったmfさんが
フィンランドで「児童書ベストブック賞」受賞した
「シーソー」という児童書の日本語訳をなさいました。


主人公のピーは、シーソーの相手を待ちますが
反対側のもう1つの席は空っぽのまま・・・


彼女の人柄そのものの美しい日本語と
リズミカルな文章で、すぐに物語の世界に引き込まれました。
それと、自然描写が素晴らしいのです。
設定がフィンランドというわけではないのですが
読み進めていくうちに、フィンランドの森の匂いや
風の音を思い出すことが出来るんです。
何度もフィンランドへ行ったことのある
彼女だからこそ書けるものだと思いました。
読後は、ホッと心が温まる。
そして、爽やかな気持ちになれる本でした。
児童書とはいっても大人でも十分楽しめる本です。
よろしければ、ご覧になってみて下さい。


ところで、日本では危険だということで
シーソーは、公園から姿を消してしまったんですよね。
子供の頃、よく遊んだ記憶があるので
残念な気もします。
また、シーソーに乗りたい。
そんな気分にもなりました。


シーソー/ティモ パルヴェラ
¥1,365
Amazon.co.jp

節分の今日、横浜は雪。

朝起きて、窓から見える雪に息子は大興奮していました。
我々も久し振りに沢山の雪を目にして
なんだか、懐かしいような嬉しいような感じがしました。
フィンランドでは、雪は特別なものでは無かったのに。


子供の頃「鬼は~外!福は~内!」と叫びながら
弟と交代で鬼の役をやって、豆をまいた
節分の記憶は今でもすぐに思い出せるものです。
日本の色々な行事を、大袈裟ではなくごく自然に
息子に伝えていけたらなと思います。

お豆をそのまま食べられない息子には
相方の妙案でタマゴボーロを。
もちろん鬼役は相方。はまり役です。
お豆を年の数だけ言いますが
ボーロ1つじゃ足りない!!
と大騒ぎの息子でした。

今年からは

テーマ:


年が明けて、10日も経ってしまいました。
遅くなりましたが
皆さま、今年もよろしくお願い致します。

元旦は、息子の誕生日でもあるので
これまでとは違う気持ちで、新年を迎えた木の葉パン家でした。
今年から、朝はおせちで新年をお祝いし
その後、息子の誕生日を祝うという形になりそうです。
相方は、朝から誕生日会をやりたいと言っていますが。


初めての誕生日でしたので
数字の1のケーキでお祝いをしました。
息子は、まだ食べられないけれど
家族みんなで、嬉しく、美味しく頂きました。

もうすっかりお正月気分も抜け
いつもと変わらない毎日を送っております。
更新は、ゆっくりになると思いますが
それでもよろしければ
お立ち寄り下さると嬉しいです。
いつも、読んで下さりありがとうございます。

Joulukuu

テーマ:

フィンランド語で、12月はJoulukuu
直訳するとクリスマスの月です。


歩き回る息子対策もあり(スペースもない!)
居間にクリスマスツリーは飾れないので
手の届かない壁にリースを↑
それとまだ息子が入れない領域(=お手洗い)に
ミニトピアリーを置きました。↓


トピアリーに飾った藁細工は、
フィンランドのクリスマスの定番アイテムです。
素朴で暖かな雰囲気なので私は好きです。
その上の刺繍は、フィンランドに居た時に
作りました。
この刺繍を見ると、息子は指を指して
「あー!あー!」と喜んでくれます。
多分、喜んでいます(笑)



少しだけクリスマスの雰囲気に変わった我が家。
それだけで、気分がワクワクしてしまいますが
今年は息子にとって初めてのクリスマスだ!と
異常に張り切る相方。
一体どうするつもりなのか・・・
コワイ今日この頃。






日の暮れる少し前、窓からの日差しが斜めに深く注し込み
部屋の中がぼんやりとした空気に包まれる。
遊びつかれ、お昼寝中の息子が私にくれるくつろぎタイム。

どちらかといえば、コーヒー派の私ですが紅茶も好きです。
フィンランドでよく飲んでいた紅茶がこちら

NORDQVISTというメーカーのフレーバーティーです。
パッケージの可愛さも魅力ですが
それぞれの紅茶に付けられた名前が素敵なんですよ。
左から「知恵」「カリビアの太陽」「親友」「陽気な雨の日」
数種類のフルーツフレーバーがブレンドされていて
どれもとても美味しいです。
こちらもメーカーは、画像のフレーバーティーの他
ノーマルなものも多数あります。
フィンランドへ行かれたら、ご自分用にいかがですが。
もちろんお土産にもお勧め。
ほとんどのスーパーに並んでいます。

NORDQVIST



今は、子供との時間を大切にしたいので
なかなかPCに向かう時間がとれません。
なので、記事のアップは不定期になってしまいます。
それでもよろしければ、たま~に覗いて頂けたら嬉しいです。