木の葉パンのフィンランド覚え書き+α

北欧フィンランドで暮らしてみて~

見て、聞いて、食べて、感じたコト色々の覚え書き。

そして、日本での暮らしも加わりました。


テーマ:

最近フィンランドから届いたお手紙。
偶然にもどちらもベリーの切手でした。

この時期、フィンランドでは
長い日照時間のおかげでベリー達は、美味しい実に育ってくれるのです。
イチゴに始まり、ブルーベリー、ラズベリーと
これから市場を賑わすことでしょう。
市場でベリー達を見かけたら、迷わず召し上がって下さいね。
太陽の光をたっぷりと浴びたベリーは、とても美味しいですよ。

6月はフィンランド語で「KESA:KUU」
直訳すると「夏の月」何もかもが光輝く季節。
この切手を目にして、いつまでも明るい夜を
懐かしく思い出しました。
そして、美味しいベリーパイが食べたくなりました。
冷凍のベリーでも買ってこようかな。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

   
今年のクリスマス切手は、ヨウルプッキ(Joulu Pukki)に
またがった可愛いネズミ君でした。

ヨウルプッキは、直訳すると「12月の雄山羊」ですが
今では「サンタクロース」のことを言います。
ヨウルプッキの藁細工は、フィンランドの伝統工芸品で
我が家のお手洗いに飾った物もこれなんですよ。
大小様々な大きさがあり、素朴な佇まいが魅力です。

日本は来年がネズミ年なので
なんだか不思議な縁?を感じました。



    
毎年、切手と共に楽しみな消印。
今年はハートでした。
カワイイ♪


フィンランドの郵便や切手について
興味がおありでしたら
テーマの中に「郵便&切手」がありますので
よろしければ、そちらをご覧下さいませ。



少し早いですが
皆さま良い年末&年始を!




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


私の好きな切手の1つ(1988年)

何てことは無い絵柄ですが、クリスマスの喜びが感じられる
素朴な雰囲気が良いなと思ってます。




(1985・1986年)

左側の切手に描かれた木の鳥は、フィンランドの伝統工芸品の1つ。
20~30センチのものをクリスマスの時期によく見かけます。
日本の一刀彫りに似た技術のようで
1本の木から、薄く削り出される羽はお見事!


右側の切手の絵は、窓の下や暖炉の上に飾ったりするものですね。
三角帽子が可愛いです。



私もミニチュアを持っています↑
これは5センチ程の大きさで
小さい方が作るのは難しいのではと思います。
帰国の時の友人からプレゼントなので
私の大切な思い出&宝物です。



(1987年)

この年の切手は、シンプルな絵柄。
色遣いが、はっきりとしていているのに
優しさ溢れた心温まる絵です。



現代らしい絵のタッチ。(1990・1991年)

右上のものは、ラップランドの原住民サーメ人の
伝統的な色使いの布をまとったトナカイが描かれ
フィンランドらしい1枚だなと思いました。

その下のトントゥと動物達の楽しそうな雰囲気も良いですね。
リス・キツネ・ウサギはフィンランドではお馴染みの動物です。
首都ヘルシンキでも出会うチャンスがありますよ。

シャンシャンとソリの鈴の音が聞こえてきそうな切手は
2000年に再び採用されています。




まだ手に入れていない年の切手を見つけに
またフィンランドへ行きたいなぁ・・・と思うのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(0)

テーマ:


もうすぐクリスマスですね♪
私が持っている、フィンランドのクリスマス切手
かき集めて見ました。

前回ご紹介したものは、未使用のものでしたが
今回のものは使用済み切手です。
切手に残った消印を見て、どこから投函されたのかを
想像しながら見るのも楽しいものです。

はじめの切手は1974年のもの。
サンタクロースのお手伝い役トントゥが
プレゼントを運んでいる様子は
フィンランドらしいほのぼのムードいっぱいの1枚。



クリスマスの子供達の光景(1980・1981年)
柔らかな光の中で無邪気に遊ぶ子供に
ツリー飾りをする子供。
ツリーに飾るのはフィンランドの国旗です。
そして、ツリー奥の柱時計は北欧独特の形のもの。


1982年の切手は、トントゥでしょうか。
暖かそうなお部屋の中、木の器で食べているのは
フィンランドのクリスマスに欠かせないミルク粥かもしれません。
トナカイのお世話をする傍らには
ウサギ、キツネ、小鳥がやってきています。


子供の作品(だと思います)(1983・1993年)
柔軟な発想で描かれた絵。
こういう楽しい雰囲気って良いですよね。
見ていて飽きません。



もう少しありますので、今回はこれでおしまいです。
よろしければ次回の「その3」もご覧下さいませ。
「その2」のコメント欄は、閉じらせて頂きました。


皆様のところへお邪魔するのが遅くて済みません。
これからお邪魔させて頂きます。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマス記念切手のブックレットです。
こちらが表紙。



反対に返すと、観音開きになっていて
中央に切手、左右にはハガキがついています。

今年の夏頃発売されたもので、1冊だけ買って帰ったら
相方も欲しいというので、後日買いに行った時には
もう売り切れてしまっていました。
ブックレットに収められているのは
1997年から2005年までに発売された
未使用切手ですので、もちろん仕様可能!ですが
やっぱり使わずに大切に取っておくつもりです。



1997年・1998年
まだ、フィンランドマルッカの時代ですね。
毎年少しずつ値上げされてるのが分かります(笑)
左下の絵柄は、サウナ小屋からの煙でしょうか。
こんな素朴な雰囲気は、私好みです。


1999年・2000年
オーロラとサンタさんやウサギや小鳥などフィンランドらしい景色。


2001年・2002年
2002年からはユーロ表示になってます。


2003年・2004年

デザイナーによって、切手の雰囲気が全く違うのは面白いですし
こうして年代順に見ていくと、時代の流れを感じます。
丁度、我々がフィンランドで暮らしていた時期と重なりますので
色々な想いも蘇って参ります。


去年の切手はこちらからどうぞ




そして、今年の切手はこんな感じ↑
フィンランドにいたら、もちろん買ってました。
ほのぼのした雰囲気ですね。


クリスマス切手*その2も予定中です。



いいね!した人  |  コメント(76)  |  リブログ(0)

テーマ:

久し振りに、フィンランドの切手のご紹介です。
この切手は
やはり夏にご紹介しないと!
5枚綴りのブック?型で、2002年に発行されました。



表紙を開くと、中身はこんな感じです。
フィンランド切手お得意の?1枚絵シリーズです。
海の生物が色々描かれていて、楽しい切手なんですよ。
使うのが勿体ないので、大事にとっておくつもりです。


フィンランドは内海で、塩分濃度が低く
日本のように潮で、ベタつくことがないので
夏でも快適なんです。
砂浜もありますが、岩場が多いのも特徴でしょうか。


生息する魚の種類は、日本のように多くはありませんので
食卓にあがるお魚の種類も限られます。
これは、日本人としては寂しいなぁと思います。

釣りは、フィンランド人の趣味の1つ。
釣り場所によって、ライセンスが必要で
一定の金額を払うと1年間有効のパスがもらえます。
相方は仕事帰りに、会社の方と釣りを楽しんでいます。
これも日が長い、フィンランドならではの夏の楽しみですね。
もちろん、冬も釣りをやりますよ。


船を所有する人が、国民の4割近くもいるんですよ。
1年の半分は、使えないのに贅沢ですよね~。
これが、ごく普通のフィンランド人の生活なんだと思うと
とても羨ましい気もしますが
季節ごとのメンテナンスは、やはり大変そうです。
この時期は、水着姿でくつろいだ人々を乗せた船が
行き来する光景を、沢山目にすることが出来ます。


切手の中で一番気に入ったのが
このミジンコのような生き物。妙に可愛いです。





いいね!した人  |  コメント(76)  |  リブログ(0)

テーマ:


フィンランドの人気キャラクター
ムーミンの切手をいくつかご紹介致します。


「ムーミンの生みの親トーベヤンソンの足跡」という
彼女が表紙になった記念切手冊子。
その表紙には、フエルト素材の切手に
ミーの消印が押されていて
とっても可愛い!です。(はじめの画像)

この前、金色の猫さんのところで
消印がムーミンになっているものを拝見し
他のバージョンもあることを知りました。
ムーミンの消印はこちらからどうぞ


6枚綴りの切手シートと
フエルト素材で出来た珍しい起毛切手が
台紙に収まった切手セットで
トーベ・ヤンソンさんの生涯がフィンランド語、英語
スウェーデン語、ドイツ語で書かれています。


この切手シートはトーベ・ヤンソンさんが
初めて発表したムーミンシリーズの原画
『ムーミン谷の冬』(Trollvinter, 1957)の挿絵に
Pirkko Vahteroさんが着色したもので
2003年の春に発行されました。

はじめの画像のフエルト素材で出来た珍しい切手は
トーベ・ヤンソンさん90才の誕生日を記念し
Pa:ivi Vaipionpa:a:さんの制作で
2004年に発行された記念切手です。
他に1990年代にも記念切手が発行されているようですが
残念ながら私は持っていません。


ハガキをいくつか。
日本で観ていたアニメのムーミンとは少し趣が違います。
原画のタッチの方がよりムーミンの世界を
感じられるような気がして私は好きです。


ハガキに印刷されたムーミン。
念のため、ムーミンは妖精ですよ!


他のムーミンの記事はこちらからどうぞ


いいね!した人  |  コメント(89)  |  リブログ(0)

テーマ:


フィンランドで1856年の3月1日に
初めて切手が発行されてから
今年で150周年記念になります。
そのため、昨日の3月1日は記念切手発行日で
今回は6種類の切手が発行されました。


そのなかでも、特にフィンランド!と思える
suomen lippu(フィンランドの国旗)切手を購入。
フィンランドの場合、切手だけではなく
その切手にあわせて
ハガキやレターセットも売られます。
私は、suomen lippu(フィンランドの国旗)の為に
デザインされた白鳥のレターセットも一緒に買いました。


Marja-Leena Muukkaさんという女性のデザイン。
彼女はVUODEN GRAAFIKKOというデザイン関係の賞?を
受賞した事のある方のようです。
切手発行日には、それぞれの切手のデザイナーも
会場にやって来て、サインをしてくれます。
白鳥の消印と共に彼女のサインも頂きました♪
どれがサインか分かりますよね?


今回は、イースターの切手も発行されていたので
ひよこちゃんも一緒に買いました。
ちなみに、となりの女の子は去年のイースター切手です。
そして、イースター用の消印はリボンのデザインでした。
他には芸術家の切手やライラックの切手などがありました。
どれも消印も凝っていて、きれいでしたよ。

今年は例年よりも多くの切手が発行される予定で
これからも楽しみです。


いいね!した人  |  コメント(61)  |  リブログ(0)

テーマ:
去る14日は、世界中でバレンタインデー。
お祝い?の仕方は国それぞれなんですね。

フィンランドでは「友達の日」として
カードを送る週間があるそうです。


今日の始めの画像は、その記念切手です。
シンプルなハート型の切手ですが
カラーリングが心憎いです。
発行日の消印↓もかわいいでしょう。

今年、フィンランドは切手発行150周年記念
多くの記念切手が発行される予定です。
今年の記念切手発行、第一弾の中に
こんなかわいいものを発見しました。こちら↓

初日カバーの切手と消印。
雪の結晶の消印なんて!!
可愛い過ぎます!
初日カバーについては
以前記事にしましたので、こちらからどうぞ



相方へ愛の証(笑)
作らずに買ってしまった・・・ごめん。
でもフィンランドでは「友達の日」ですから。
相方にとって、理由は何でもよいみたい。
食べることが重要なんです。

案の定、「少ない!」を連発・・・。
愛か量か、どちらでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(84)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は「12月の雄山羊」が
「サンタクロース」になるまでのお話でしたが
今回はサンタクロースのお話を少し。

サンタさんは何処に住んでいるかというと
北極圏、ロシアとの国境近くにある山脈
Korvatunturi(コルヴァトゥントゥリ)に住んでいます。
↓山から下りてきたところでしょうか。

これは1927年にフィンランド国営の
人気ラジオ番組が公表しました!
この山々は耳のような形をしているので
世界中の子供達の声が聞けるそうです。

またサンタさんは、一人でお仕事をするのではなく
世界中の子供達の状況を調べたり
プレゼントを配るのは
トントゥという子供の姿をした妖精で
フィンランドではサンタさんと同じくらい
人気のキャラクターで、サンタさん同様
トントゥになるための養成所もあるそうです。


↑サンタさんのお隣の男の子がトントゥで
女の子の話を聞きながら
サンタさんがノートに書き留めているところですね。


こんな物も展示されていました。
世界中からサンタさんに送られてきたお手紙の数々。
日本からのものありましたよ。
サンタさんへのお願いがびっしり(笑)

JOULUPUKKIだけで届くんですね。
一生懸命書いた字が微笑ましいです。


この場でサンタさんにお手紙もかけます。
Joulupukkiポスト。
お父さんに願い事を書いてもらっているちびっ子がいました。
なんて書いたのかな?

毎年、多くの人がクリスマスカードを出す習慣があり
(これは日本の年賀状と同じですね)
クリスマス記念切手が発売されます。


今年はこちら。
フィンランド人イラストレーター
Mauri Kunnaksen デザインのものです。


去年はこちら。
Martta Wendelin のイラストです。
彼女はRudolf Koivu と並ぶ人気画家です。



本日、12月6日はフィンランドの独立記念日です。
1917年にロシアから独立を果たし
今年で88回目を迎えます。

お祝いセレモニーが各地で行われ、夕方から始まる
大統領官邸でのパーティーの模様が、テレビで放映され
パーティーに招かれた人々のファッションを
観るのが楽しみの1つになっています。
独立記念日は家族や仲間と過ごし
クリスマスの準備をするのが一般的だそうです。




いいね!した人  |  コメント(64)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。