今年のクリスマス切手は、ヨウルプッキ(Joulu Pukki)に
またがった可愛いネズミ君でした。

ヨウルプッキは、直訳すると「12月の雄山羊」ですが
今では「サンタクロース」のことを言います。
ヨウルプッキの藁細工は、フィンランドの伝統工芸品で
我が家のお手洗いに飾った物もこれなんですよ。
大小様々な大きさがあり、素朴な佇まいが魅力です。

日本は来年がネズミ年なので
なんだか不思議な縁?を感じました。



    
毎年、切手と共に楽しみな消印。
今年はハートでした。
カワイイ♪


フィンランドの郵便や切手について
興味がおありでしたら
テーマの中に「郵便&切手」がありますので
よろしければ、そちらをご覧下さいませ。



少し早いですが
皆さま良い年末&年始を!




AD

Joulukuu

テーマ:

フィンランド語で、12月はJoulukuu
直訳するとクリスマスの月です。


歩き回る息子対策もあり(スペースもない!)
居間にクリスマスツリーは飾れないので
手の届かない壁にリースを↑
それとまだ息子が入れない領域(=お手洗い)に
ミニトピアリーを置きました。↓


トピアリーに飾った藁細工は、
フィンランドのクリスマスの定番アイテムです。
素朴で暖かな雰囲気なので私は好きです。
その上の刺繍は、フィンランドに居た時に
作りました。
この刺繍を見ると、息子は指を指して
「あー!あー!」と喜んでくれます。
多分、喜んでいます(笑)



少しだけクリスマスの雰囲気に変わった我が家。
それだけで、気分がワクワクしてしまいますが
今年は息子にとって初めてのクリスマスだ!と
異常に張り切る相方。
一体どうするつもりなのか・・・
コワイ今日この頃。





AD