この週末(23、24日)Juhannus(夏至祭)でした。
夏至祭はクリスマスに次いで大きな祭りごとです。
クリスマスを静とするなら、夏至祭は動。
多くのフィンランド人は、田舎に戻り
コッコという焚き火を焚き、夜中まで歌って踊って
一年で一番長い日をお祝いするのです。


夏至祭にまつわる可愛いお話を。
夏至の前の晩に、7種類の花を摘んで
枕の下に置いて寝ると
夢に未来の王子様が出てくるのだそうです。
花の種類は何でも良いのだけれど
摘んでいる間は、誰とも口をきいてはいけないし
枕の下に入れる事も言ってはいけないのだそうです。
なんともロマンチック!
ヘルシンキの周りには、画像のように
草花が生い茂っている場所が沢山ありましたが
私の住む横浜では、7種類の花を見つけることは
残念ながら、難しいかもしれません。




これからの時期、美味しいものと言えばイチゴ!
雪が溶けてから、路地植えするフィンランドのイチゴは
日増しに延びる日照時間と共に真っ赤に成長し
日本のものより力強い味がしました。
画像は去年の夏に食べたフィンランド産イチゴ。
輸入物よりもお値段は張りますが
この時期に、フィンランドへ行くことがありましたら
是非お試しください。
太陽の味がしますよ!?



AD


ご無沙汰しました。
6月に入って、親子で体調を崩し寝込んでおりました。
母乳育児の場合、薬をどうするか悩むところで
私はがんばって飲まずにいたのですが
やはり治りが遅いので
母乳に影響しない弱い薬を処方してもらいました。
弱い薬なので、効き目は鈍いですが
それでも飲まないよりはずっと良かったです。
母親は元気でないといけないと、実感しました。

で、はじめの画像のムーミン。
これは、フィンランドではよく見かけるものなのですが
お分かりになりましたでしょうか。
洋服やかばん、乳母車等に付ける反射板なんです。
冬の長いフィンランド、昼間でも暗い時があるので
これを付けて歩くというわけです。
ゆらゆらと揺れて意外に目立つんですよ。
おばあちゃまの素敵なコートに
これが付いてたりするとなんだか微笑ましいものでした。
デザインは、ムーミン以外にも色々あります。
息子のお祝いに頂いた我が家のムーミン、出番はこれからですね。




光るといえば、6月のフィンランド。
太陽や空気、水、木々が光輝き、美しい季節です。
人々の笑顔も輝いて見えます。
フィンランド語で6月は「KESA:KUU」
KESA:が夏でKUUは月。
その名の通り、夏を体全体で感じることの出来るベストシーズン!
いつまでも明るい夜を懐かしく感じています。
きっとこんな感じです。↓








AD