私の好きなお店のひとつヨハンナ・グリクセン
自然素材を用いたテキスタイルのお店です。
伝統的な機織の技法で織られた
しっかりと目の詰まったファブリックで
幾何学的なパターンは色使いによって印象が変わりますし
何よりも自然素材の持つ優しい感触が魅力です。
そして、丈夫であることもお勧めポイント。
バックやテーブルリネンはもちろんのこと
インテリアテキスタイルまでと幅広いラインナップです。


デザイナーでオーナーでもあるヨハンナ・グリクセンは
「ARTEK」設立者の1人であるマイレ・グリクセンの孫娘で
アアルトのデザインしたテキスタイルを
織ることを許されている唯一の人物だそうです。
店内は、ファブリック同様
シンプルで、アットホームな雰囲気
ディスプレーを見ていると
あれもこれも欲しくなってしまいます。


どれにしようか悩んで
私が買ったのは、画像のバックとポーチです。
チューブバックは、程よい大きさで使い勝手がよく
モノトーンにオレンジの配色が気に入っています。
バックは、青系に黄色、モノトーン同士など
様々な配色があります。
また、色の組み合わせはオーダー可能とのこと。
自分だけのオリジナルも良いですね。
日本では、北欧雑貨を扱うお店の他BEAMSで購入出来るようです。

Johanna Gullichsen HPはこちらから    
Fredrikinkatu 18
00120 Helsinki
tel/fax +358 9 637 917

3番のトラムの路線沿いにあり
お店の隣は小さな広場です。
パリにもお店があります。

74, Rue du Cherche-Midi
75006 Paris
tel/fax (01) 4222 1267




AD

受け継ぐ

テーマ:

5月5日、息子の初節句でした。
子供を産むまでは、祝日のひとつという感覚でしたが
今年からは、今までとは違った祝日になることと思います。
相方の甲冑を息子に。と
先月、相方の両親が届けてくれて一緒に飾りました。
35年以上前のものですが、古びた感じはなく
むしろ味が出てきて丁度良い雰囲気。
綺麗に残しておいてくれた両親に感謝です。



柏餅も忘れずに。
私は、味噌あんが好きなのですが
よもぎ餅に包まれた粒あんも美味しいですよね。
子供の頃、よもぎを摘んで
母にお団子を作ってもらった記憶があります。
昔は、家の周りによもぎが生えていたんですよ・・・。



大袈裟ですが
こうして、相方の甲冑を息子へと受け継ぐことができ
みんなが嬉しい気持ちになった1日でした。
甲冑を背にご満悦?!の息子。
もちろん、ドイツの相方にも報告しました。


AD