木の葉パンのフィンランド覚え書き+α

北欧フィンランドで暮らしてみて~

見て、聞いて、食べて、感じたコト色々の覚え書き。

そして、日本での暮らしも加わりました。


テーマ:

アイスクリームを食べながら
散歩するのがフィンランドスタイルか
どうだか分かりませんが
街の至る所に、アイスクリームスタンドがあって
並んで買う姿をよく目にします。
年齢性別関係なく、アイスクリームを食べながら
ベンチでおしゃべりしたり、散歩したり
本当に、みんなアイスクリームが大好きみたいです。


今回私達が買ったのは、GEISYAチョコのアイスクリーム。
アーモンドがトッピングされていて
チョコレートアイスの真ん中に
ミルクチョコレートの塊が入っていました。
小さめなので、相方はぺロリと平らげていました。
甘すぎず、美味しかったですよ。
アイスを食べながら、歩いた所を少しご紹介します。

GEISYAチョコについてはこちらから どうぞ。


ヘルシンキには、大きな温室がいくつかありますが
街の中心部に2つあります。
1つはヘルシンキ市が、もう1つはヘルシンキ大学が
所有しているものです。

画像は市が所有しているもので、無料で見学できます。
簡単なカフェがあり、この季節はよく賑わっています。
もう少しすると、この前庭にバラが咲き始め
とても綺麗です。今から楽しみです。
このヘルシンキ市の温室は、オペラ劇場の向かい
オリンピックスタジアムの隣にあります。

ちなみに大学の温室は中央駅の奥、ハカニエミ方面
こちらは植物園は無料ですが、温室のみ有料です。
別棟のカフェだけでもいいですよ。


このお家は、温室の元の持ち主のものだそうで
かつてはヘルシンキの有力者だったとのこと。
後に、ヘルシンキ市に温室を寄付したか
ヘルシンキ市が買い取ったかしたようです。
お家の敷地内に入ることは出来ませんが
瀟洒な造りのお家でした。


白鳥は、色々な所で目にすることが出来ます。
近くで見ると結構大きくて、コワイんです。
そろそろ子育てが始まるのでしょうか。

今年から、市の条例で鳥への餌付けは禁止となりました。
以前毎日のように、このポイントには
おばあちゃんが餌をやりに来ていたんですけれど。
生態系や鳥インフルエンザなどへの対策だそうです。


真夜中12時の夜空。
最近の日没は、10時半頃ですが
夜が完全に暗くなることはありません。
北欧の長い夜の始まりですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(72)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ステーキが食べたいっ」
相方は、毎日思っているようですが
私も毎日ではありませんが、ステーキは大好きです。

25日は昇天祭で、フィンランドはお休みでした。
全く関係はないですが、ご飯はステーキに決定!


付け合せはシンプルに、新ジャガと人参のオーブン焼き。
お肉もお野菜も、美味しかったです。
このお肉は、柔らかくてジュシーで
肉そのものの旨みを感じられて、相方も私も好きです。

味付けは最小限に、塩・コショウ・酒・しょう油。
好みでバター・ニンンク程度で味わっています。

呆れたのは、相方は1人で
ご飯2合をほとんど食べちゃいました。
おいおい・・・。


こちらは、以前食べたステーキ。
同じお皿なので、お肉の大きさがよく分かりますね。
これは、上のお肉とほとんど同じ重さですが厚みがないんです。

フィンランドのスーパーで売られているお肉は
やはり、日本とは違います。
所謂サーロインはほとんど見かけません。
私はサーロインが好きなのに・・・。
ちなみに、相方はヒレ派です。
もちろん市場へ行くと、もっと種類は豊富です。

ステーキにしよう!と思った場合は
必然的に、ヒレ肉になります。
ヒレ肉の場合は、sisa:(内)とulko(外)という
分け方をしているようです。


こちらが、sisa:(内)といわれる部分で
始めの画像のステーキになりました。
これは日本でいう、ヒレと同じ部分になると思います。
sisa:file(内ヒレ)は、1キロで32ユーロとお値段が少し高め。
この画像で300g位、約10ユーロです。


こちらが、ulko(外)でもう一方のお肉になります。
このように、薄くたたいて延ばした状態のものをよく買います。
焼き時間が1分というのも簡単で良いです。
もちろん伸ばしてないものもありますよ。
でも伸ばしていないと、若干硬いような気がします。
日本でいう、肩ロースの部分ではないかと思います。
こちらのuikofile(外ヒレ)は、1キロで20ユーロ。
1パック2枚入りで7ユーロほど。

牛肉に限らず、フィンランドは国産肉がメインです。
自国産の農産物に、非常にこだわる国民なんですよ。
これは、生産者、消費者どちらにとっても良い事だと思います。

まとまりのないお話でしたね。
ご馳走様でした!




AD
いいね!した人  |  コメント(75)  |  リブログ(0)

テーマ:

NAISTEN KYMPPI(直訳は女性の10)とは
女性だけで10キロを、走る又は歩くイベントです。
今年は、5月21日日曜日に行われました。
下の画像は、本部から参加者に送られるTシャツです。
(去年のTシャツはこちらから 。今年の方が派手)



今回で、23回目となる
フィンランドの初夏を告げる恒例のイベントです。
ハロネン大統領も参加するんですよ。

去年に引き続き、今年もエントリーして
楽しみにしていたんです。
が・・・このところ体調があまり良くない日が続き
皆さんの所へもお邪魔できず
ブログの更新も滞るほどでしたので
10キロ走には参加せず、友達の応援をして来ました。


スタート直前の様子。
お祭りのような大会なので
スタート前後にはイベントが色々あります。
イケメンのダンスに,、盛り上がっていました(笑)


このエントリーのコントロールバンドを見ると
私はNo.4636なので
5000人近くの参加者があったのでないでしょうか。
この大会の良い所は、スピード競技ではなく
みんなで楽しんで完走するというもの。
それと、参加賞が色々あるのも楽しみ1つ。
今年はこんな感じでした。

私は、走りませんでしたが
コントロールバンドを持っていたので
参加賞はしっかりと頂いてきました。
去年より少ないかもしれません?!

体調が万全なら、10キロ1時間位を
目標に走ろうとしていたので、残念でした。
それでも大会の雰囲気は
十分楽しめたので良かったです。
去年の大会の様子はこちらからどうぞ


そんな訳で、皆さんの所へなかなかお邪魔できず
心苦しいのですが、どうかお許し下さい。







AD
いいね!した人  |  コメント(80)  |  リブログ(0)

テーマ:

待ちに待ったフィンランドの桜便り


場所によっては、すでに散ってしまった所もありますが
ここはまだ、紅白の桜が仲良く咲いていました。
梅はよく紅白と言いますけれど、桜でも有り?


濃い桃色の桜は、すでに盛りを過ぎた感じです。
葉の色も赤いのが特徴で
遠くからでも、緑の木々の中から
この桃色だけが浮き上がって見えます。


こちらの白い花のほうも桜ですよね?
葉の形からすると桜のようですが
サクランボの木でしょうか。リンゴの木?

これらの木々は、目立つ所にあるのですが
フィンランドの人は、あまり関心が無いようで
立ち止まって愛でる姿はありません。
桜に対して、特別な感情を持つのは
日本人だけなのでしょう。
私なんて、いつまでもこの下にいたいなぁ
と思ったのに。


もう1つ、嬉しいお便りが届きました。
「わたしの日記」chocororiさん のプレゼント企画に
私なんかが当選させて頂きました。
お会いした事もないのに、こんな北の果ての国まで
プレゼントを送って下さって、どうもありがとうございます。


プレゼントは
こんな素敵なピアスなんですよ!!
しかも、chocororiさんの手作りなんです。
とても感激いたしました。大切に使わせて頂きますね。


桜の花びらを、踏むんで歩くなんて
なんだか、とても贅沢な気分です。

嬉しいことが重なって、上機嫌の木の葉パンでした。



いいね!した人  |  コメント(74)  |  リブログ(0)

テーマ:


日頃から食べるの大好きな相方が
珍しくお菓子を作ってくれました♪
楽しそうに作る姿は、まさに子供です。
使い終わった器具に付いたクリームを
味見と称して、舐めちゃってたし・・・。


クッキー土台にバニラクリームムース?
その中に、チョコチップをまぶして
冷蔵庫で冷やして固めるケーキです。
ふんわり食感と土台のサクサク感が
なかなか美味しかったです。


実はこれ、簡単手作りケーキミックス。
用意するのは、バター、牛乳、生クリームと
全~部、動物性油脂・・・カロリー高そうです(冷汗)
スーパーで買い物中、相方が勝手に選んで
カゴに入れちゃってたんです。
濃厚かと思いきや、わりとサラッとしていますが
甘めなので、1度に多くは食べられません。

なによりも、人に作ってもらえるというのは
とても嬉しいものです。
相方よ、ありがとう!
会心の作に、終始ご満悦の相方でした。



今日は、フィンランドでも「母の日」
お花を贈ったり、家族で食事に出掛けたりと
日本と同じようなお祝いをするようです。
お母さん、いつもありがとう!
見てるかしら?



最近、皆さんへのコメントのお返事が遅れ気味で
遊びに行く事もなかなか出来ず、ごめんなさい。
時間を作って、
お邪魔させていただきます。



いいね!した人  |  コメント(45)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、Koirama:en Pajutalli
お店の様子をご紹介いたします。

柳編み教室①についてはこちらから どうぞ。


お店の全景。スモーキーブルー(グリーン?)
というのでしょうか、この外壁の色が周りの景色と馴染んで
とても綺麗でした。この色大好きです。


中はこんな感じで、カントリーテイストとなっています。
右下のボールは、私が作ったものと同じです。
画像の売り物の方が、太い枝を使っていますね。


リースも色々な種類がありました。
その他、キャンドル製品etc。
簡単なカフェもあります。


外には、ガーデン用品色々。
柳で編んだ動物達(ウマ・ブタ・ハリネズミ・・・)がいました。
子供が乗っても大丈夫だという
ほぼ等身大のお馬さんなんていうのもありました。


色々見ると、やっぱり欲しくなるもので
私はこのカゴを買ってしまいました。
このカゴは、柳の皮をむいた枝を使っているので
明るい色なのだそうです。

家に戻ると相方に、このカゴを作ったのかと
勘違いされ・・・苦笑い。
私が作ったハンギンバスケットについては
魚を取るカゴだって言われちゃうし。
まぁ、見えなくもないですけれど。
私が楽しかったから、それで良いのです♪


お店の周りはこんな感で、この前がバス通りなんです。
とっても素敵なところでした。
景色を見ているだけで、最高に気持ち良くなっちゃいます。
一緒に行った友人は、このすぐ近くに住んでいるのです。
いやぁ~、羨ましい環境ですね。

この講習は1回限りのものなので
今回で終わりなのですが、機会があったら是非やりたいなぁ。
お店のHPはこちらから どうぞ。




いいね!した人  |  コメント(60)  |  リブログ(0)

テーマ:

Koirama:en Pajutalliという
柳などで作ったカゴや園芸用品などを
販売しながら、作り方を教えてくれるという
お店へ、友人に誘われて行ってきました。


場所は、国際空港のあるヴァンター市。
ヘルシンキからバスで1時間弱の
自然豊かな森の中にあります。
柳で作ったエントランス。
この門をくぐり、なだらかな階段を登ると
お店兼教室へと辿り着きます。


材料の柳。
枝を切った後、水に浸し
湿度を保ったままのものを使います。
長さや太さは数種類あるので、自分で選んで。


第1作目は、ハンギングバスケット。

画像左上 型を決めて
       緑のリボンの付いている方向へ編み始めます。
画像右下 ある程度編んだら
       型の発砲スチロールをはずし、端の始末。


更に、編み進めて芯になった部分を束ねて完成!

ここで面白かったのは
この束ねる技法のことを
Japanilainen Silma:(日本人の目)というんです。

何故そう呼ぶのかは、分かりませんが
この方法で結ぶと、しっかり固定できるし
見た目も美しいわよ、先生は仰っていました。


今回作ったもの2点。
どちらも麻の紐などで、吊り下げて飾るものです。

ハンギングバスケットには
花などの苗木を入れて飾りたいですね。
もう1つは、Pajupallo(柳のボール)
これには、もみの木の枝をつけたりすると
クリスマスのオーナメントになります。
もちろんそのままでもOK。
意外にも、ボールの方が作るのが難しかったんですよ。

受講生は女性ばかり総勢8名
友人とおしゃべりしながらの作業は
とても楽しくって、アッという間の1日でした。

講習は、10時~17時半
お昼ご飯の他におやつが2回!付いて
68ユーロです。もちろん材料費込み。

お昼もおやつも美味しかったのが更に◎。
お店の様子は、
また次回お伝えします。



いいね!した人  |  コメント(63)  |  リブログ(0)

テーマ:


フィンランドの人気キャラクター
ムーミンの切手をいくつかご紹介致します。


「ムーミンの生みの親トーベヤンソンの足跡」という
彼女が表紙になった記念切手冊子。
その表紙には、フエルト素材の切手に
ミーの消印が押されていて
とっても可愛い!です。(はじめの画像)

この前、金色の猫さんのところで
消印がムーミンになっているものを拝見し
他のバージョンもあることを知りました。
ムーミンの消印はこちらからどうぞ


6枚綴りの切手シートと
フエルト素材で出来た珍しい起毛切手が
台紙に収まった切手セットで
トーベ・ヤンソンさんの生涯がフィンランド語、英語
スウェーデン語、ドイツ語で書かれています。


この切手シートはトーベ・ヤンソンさんが
初めて発表したムーミンシリーズの原画
『ムーミン谷の冬』(Trollvinter, 1957)の挿絵に
Pirkko Vahteroさんが着色したもので
2003年の春に発行されました。

はじめの画像のフエルト素材で出来た珍しい切手は
トーベ・ヤンソンさん90才の誕生日を記念し
Pa:ivi Vaipionpa:a:さんの制作で
2004年に発行された記念切手です。
他に1990年代にも記念切手が発行されているようですが
残念ながら私は持っていません。


ハガキをいくつか。
日本で観ていたアニメのムーミンとは少し趣が違います。
原画のタッチの方がよりムーミンの世界を
感じられるような気がして私は好きです。


ハガキに印刷されたムーミン。
念のため、ムーミンは妖精ですよ!


他のムーミンの記事はこちらからどうぞ


いいね!した人  |  コメント(89)  |  リブログ(0)

テーマ:


5月になりましたね。
日本はGW真っ只中。皆様、如何お過ごしでしょうか。

最近、相方と歩いて出逢ったもの色々。
地面からむっくりと伸び、花をつけた小さな命。
球根の花々は、寒い冬にも辛抱強く
栄養を蓄えて春を待っているんですね。


白鳥が渡ってきたということは
フィンランドも暖かくなった証拠です。
此処は街の中心から30分もしない所にある
私達の大好きな散歩コースです。
もう少し足を伸ばすと大統領官邸があるんですよ。


白鳥のすむ湖畔に建つお家。
どんな人が住んでいるのでしょうか。
湖畔や海岸沿いのお家は、人気の物件です。
新築ともなると1億円はくだらないそうです。


植物同様、動物達も永い眠りから
目を覚まし活動を再開。
リスやキジの他、ウサギ、タヌキ、ハリネズミ・・・
森の散歩道を歩いていると
色々な動物に、突然出くわし
こちらの方が驚いてしまいます。


馬場にお馬さんも帰ってきました。
柵越しに見ていると、人に慣れているのでしょう
こちらに近づいてきました。可愛い瞳です。
こちらでは、乗馬が趣味という人が少なくありません。
これから日が永くなると、仕事が終ってから
趣味の為に時間を使う人が多いようです。


土筆が土手でひっそりと空に向かって。

今はまだ、枯れた草木が目立っていますが
瞬く間に大地が
緑に覆われるようになると思います。



いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月1日はメイ・デイでお休みでした。
フィンランドではメイ・デイの事を
Vappu(ヴァップ)といって
労働者の日、春祭りなど色々な要素を
盛り込んで、大いに盛り上がります。
色とりどりの風船が売られるのも
Vappu(ヴァップ)の特徴です。

学生は前日の
4月30日の夕方から、夜通し飲み続け
どんちゃん騒ぎをする一方
家族はピクニックへと出掛け
春の訪れを皆で、喜び合います。
1年の中でも、酔っ払いが多い日となります。

恒例の行事は、ヘルシンキのマーケット広場にある
ハヴィス・アマンダ像に、白い学生帽を被せるというもの。
上の画像がその様子(これはお借りした画像です)
昔は、銅像によじ登って被せていたそうですが
危険だということで、いつからか
クレーン車が登場するようになったのだとか。
お祭りは、危険と隣り合わせだから盛り上がるのに・・・(笑)
白い学生帽は、高校を卒業した証で
この日は多くの人が、この学生帽をか被って
お祭りを楽しみます。

詳しい様子は、去年のVappuをご覧下さい。
こちらからです


Vappu(ヴァップ)の時には、Sima(シマ)と呼ばれる
レモネードのような爽やかな飲み物を飲み
Tippaleipa(ティッパレイパ)という
鳥の巣を模したお菓子を食べてお祝いします。

Tippaleipaについてはこちらにも 記事があります。


学生たちは、お揃いのつなぎを着ています。
このつなぎは何色もあって、クラス毎に分かれているみたい。
日本人の私には、何でつなぎなの?と
思ってしまうのですが
日本のお祭りで、お揃いの半被を着るのと
同じ感覚なのでしょうね。



相方と私は、Vappuで盛り上がる街の喧騒を離れ
少し足を伸ばして、春の息吹を感じて参りました。
それはまた次回。


いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。