ナイトミルクとは
夜間に搾乳された牛乳のことです。

何故、夜間に搾乳された牛乳が
良いのかといいますと
「メラトニン」別名「睡眠ホルモン」が
多く含まれているからです。
ご存知の方も多いと思います。


「メラトニン」には
脈拍や体温、血圧を低下させ
睡眠を促す作用があり
特に夜間に多く分泌される為
ナイトミルクは、普通の牛乳より
メラトニン含有量が3~4倍あるそうです!

フィンランドでは多くの人が
睡眠障害に悩んでいるそうで
薬に頼らずに、無添加の安心して飲める
ナイトミルクが人気なのだそうです。

この季節、日が長いので
ついつい夜更かし気味の毎日
ナイトミルクで安らかな眠りに就きたい!
と思い買っています。
味は普通の牛乳と変わりません。
パッケージがカワイイので気に入っています。


効果について追記致します。
実は分からない・・・。
布団に入ったら即寝れるタイプなのです。
相方は効果があるように言っております。
薬とは違うので、確実に効果が出ると
いうものではないのでしょうね。
深刻な症状の方には効くのかもしれません。
ちなみに1リットル、1.3ユーロ(180円)です。

AD
先日、スウェーデンへ行った時に
撮った写真です。
切手を買って手紙を書くほどの
時間はなかったので画像のみで
面白い話はありません。
ゴメンなさい。


ホルンのマークは
ヨーロッパではよく見かけますね。
水色と黄色の組み合わせです。
以前はフィンランドもこれでした。
よろしければこちら をどうぞ。


ポスト、淡い色味で清々しくて
私は気に入りました!
スウェーデンの国旗は青に黄色なのに
なんで水色にしたのかな?

国旗とは関係ないといえばそれまでですが
水色のポストは珍しいと思うので
他の国で見た方がいらっしゃいましたら
是非、ご一報下さいませ。


車も黄色に水色。
黄色い車は楽しい気分になりますね。


おまけは公衆電話です。
リュックみたいでカワイイ!



郵便局のデザインは
フィンランドの方が一歩先を行ってるかな?

AD

 
店頭に桃が出回り始めたので
ためしに2個だけ買ってみました。
2個で0.8ユーロ(約100円)
この桃はPersikka(ペルシッカ)といって
日本の桃と同じ意味です。
この他には
こけ桃Puolukka(プオルッカ)もあります。



日本の桃は大好物なんです!
白桃の香り、甘さたまりません。
でもこちらの桃は小ぶりの黄桃
日本の桃のようにほっぺが落ちるような
甘さは無く、甘酸っぱい桃です。
でもご覧のように、手で皮をむけるほど柔らか。
切リ分けずにこのまま
ガブっとかじっちゃいました♪
ヨーグルトとも好相性。

 
この3連休、かなりの夜更かしで
寝るのは3時・4時。
当然、昼過ぎまで熟睡です。

そんな時はこんな簡単な食事に。
バケットにトマト・チーズなどをのせオーブンへ。
生トマトの酸味が美味しく、お手軽ブランチです。
これに私はミルクたっぷりめのコーヒーで。
相方はブラック。


皆様のお手軽ブランチお聞かせ下さい!
我が家のような寝坊すけ家族には重大問題です。

AD

夏至祭

今年は6月24・25日が夏至祭となり
フィンランド全土がお休みです。

フィンランド語でJuhannus(ユハンヌス)とよばれる
このお祭りは、日本のお盆みたいなものでしょうか。
殆どの人がサマーコテージや田舎に帰り
家族と一緒に過ごすのです。
その為に前日はUターンラッシュがあるほどです。
日本の渋滞に比べればたいしたことありませんよ(笑)
ですので、ヘルシンキ市内はもぬけの殻状態。

 
飲んで踊って夏の日を楽しむのは
まさに日本の盆踊りと同じようです。
24日お祭りのメインイベントは
Kokko(コッコ)と呼ばれるかがり火です。
ヘルシンキのSeurasaari(セウラサーリ)では
この日に伝統的な儀式にのっとり結婚式を
あげたカップルによって火が灯されるそうです。

我々は家を6時半に出て
7時にはセウラサーリの対岸のビーチ付近
コッコのよく見えるポジションに
到着していたのですが、待てどくらせど始らず
このメインイベントが行われるのは夜10時だった・・・。

私の大失敗で点火時間を調べずに
出掛けてしまったんです~。
アホ丸出し。
そのうち我が家の宿敵、空腹感に見舞われ
力尽き、無念の帰宅。

 
コッコを待っている間に
鴨の親子に出会いました。
子供たちが一生懸命にお母さんの後に
ついていく姿がカワイイ。相方の撮影です♪

肝心のコッコは見れませんでしたが
お祭り雰囲気は分かりました。
やっぱりフィンランド人はアルコールが大好き。
毎年このお祭り中に、全国平均約20人の方が
溺れて亡くなるそうです。
酔っ払っていい気分になり船で沖へいき
誤って落ちてしまうのが殆どだそうです。

ちなみにフィンランド語で
酔っぱらいをJuoppo(ユォッポ)といいます。
全裸の男性や野外でおトイレの若い女子など
ビックリなことに遭遇しました。
しかも全裸の男性は1人きりで
体育座り何か悩み事でもあったのでしょうか・・・。



行きがけにバラの花に出会いました。
優しい色合いにほのかな香りをさせて
清々しい気分になりました。
バラに出会えたのがこの日の唯一の救い?!です(笑)
後ろに国旗が見えますか?
祭日には街中で国旗がはためいています。

初めの画像はイメージです・・・。
コッコが始ったら撮ろうと思っていたので
1枚も気の利いた画像がありませんでした。

 
25日、夜散歩にて。
普段なら人が沢山いるはずの大通りも
このように閑散としています。

 
元バスターミナルだったところ
時計の針は11時、まだ明るいです。

今回の食事は
あまりいい思い出にはなりませんでしたが
これだけは美味しかった!
船での夕食、シーフードの盛り合わせです。

海老とザリガニと貝。
ロブスターに始まり海老だけで5種類。
貝はムール貝と何か2種類。
この他にホタテと海老のカクテル。
甘酸っぱい海老の冷製(何というのかしら)
パン食べ放題!

スゴ~イボリュームなので
見ただけでお腹一杯という感じでしたが
食べ始めたら本当に美味しくて美味しくて
我を忘れて食べました(笑)
初ザリガニの感想は
海老ほど甘みがなく野性味溢れる味でした。
スモーク甘海老が美味しかったです。
ミソをチュウチュウ吸って
隣のご夫人もそうして食べていました。
ここでの食事は良い思い出です♪

 

以前ブログに書いた事のある
「svenskt tenn」スヴェンスクテン のディスプレーです。
撮影禁止なのをこっそり・・・。
あまり上手く撮れなかったのでパンフ画像です。


スウェーデンに行ったら
絶対に行こうと思っていたところです。
大胆な色や絵柄を
さらりとインテリアに取り入れる感性は
日本人とは違う感覚で楽しいものです。

しかも嫌味なく自然に空間に溶け込んでしまうのは
北欧の空気感に合っているのでしょうね。
確かにお値段も良いですが(1㍍1~2万円!)
それだけのことはあるなと実際に見て納得しました。
モノトーンのものもあるので
これなら日本にも馴染みそうです。



ふらっと歩いていて目についたウインドウ。
ビンテージ家具屋さんでしたが古本も。
長靴下のピッピはスウェーデンの子供に人気です。



ガムラ・スタンにあった
タイル細工がいい味を出していたカフェで一休み。
お昼の焼きソバの無念を晴らそうと(笑)
キッシュを頼みました。


しかしこれが更にひどい結果に・・・。
お塩を食べているかのような塩辛さでビックリです。
この後、喉が痛くなっちゃいましたから。
でもケーキは美味しかったので
甘いものはOKのようです。


そして午後5時にストックホルムを出航。
再びヘルシンキに向かいます。
カメラを構えていたらカ
モメさんがこちらに向かって飛んできたので。

大きな船なので揺れも殆どなく
普通のホテルのようで快適に過ごせました。
相方はスロットで勝ったし(本物のお金でやります)
プロムナードを歩く酔っ払いの姿も面白かった。
ダンスフロアではご年配の方の社交ダンス?や
ディスコで踊り狂う若者(酔っ払いですね)
不思議なダンスつきマジックショーなど
見ることができて楽しかったです。
満足、大満足! の旅となりました。


帰りの夜空。やっぱりキレイ!


ミュージカルバトンなるものがあるのですね。
私、知りませんでした・・・(恥)
音楽に関する4つの質問に答えて
5人の人にまわすというのがルールだそうです。

Diary  ~私の日常覗いてみませんか?~のれみさま

ヘルシンキャットの優雅な(?)生活のcawa-miuさま

よりバトンを頂きましたので
自分なりに考えてみました。

若い頃(笑)は
かなり音楽にのめり込んだ生活をしておりまして
こういう質問は非常に難しい。
なんだか自分の半生を振り返る気分です。
↑かなり大袈裟!
面白くないかと思いますがお付き合いお願い致します♪



【コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量 】

相方が手持ちのCDをMP3に転換して
80GのUSBドライブに入っているそうです。
(相方談)


【最後に買ったCD】

SHERBETSの「Natural」
元ブランキージェットシティの浅井健一氏のバンドです。
フィンランドに来る前に買いました。
こちらではまだ何も買っていません。


【よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲】

これは最も難しい質問です。
何日か悩みに悩んで・・・。
あまり一般的では無いかもしれませんが
それでも普通のレコード店(CD店)で
売っているものに絞ってみました。
邦楽シリーズで、
順番は関係ありません。

*ルースターズ* 
「どうしようもない恋の歌」
本当にどうしようもないんです。初期衝動。

*Blankey Jet City*
「DynamitePussyCats」→「ガソリンの揺れかた」
小さな町のほんの小さな夜の出来事。
細く美しいワイヤーは初めから無かった・・・。

*Theピーズ*
「手おくれか」→「実験4号」
人間は死ぬまで生き続けなくてはならない。

*thee michelle gun elephant*
「世界の終わり」
たとえ明日、世界の終わりがきても

*フィッシュマンズ*
「感謝」
すべてのものに感謝!

もっと色々あるんですが、きりがないので。


【今聞いてる曲】

相方の鼻歌。(作詞作曲:相方)
頭に響くが、心に響くものなし(笑)


【バトンを渡したい5名様】


「金色の猫」それいゆさま
いつもセンスある雑貨や暮らしの話題で
楽しませて頂いております。

「PS. ソング・ライター」one-memoさま
音楽がお好きな方で
愛犬happyサマのショットもカワイイ。


「着物の葛籠」sakaeさま
私と同じく茶道をなさっていて
ステキな着物姿を披露して下さってます。

「光る波の間」AKIさま
音楽にとどまらず演劇・映画・芸術などなど
幅広いジャンルの知識をお持ちの方です。

「気まぐれアルチュハイマー日記」fucktd6さま
私の心の師匠?20年近いお付き合いです。



こちらで5名様を選ばせて頂きました。
こういう作業は悩みます。
単純にどんな曲を選ばれるのかな?と
思った方々です。
お忙しい場合は、スルーして下さって構いませんので
どうぞよろしくお願い致します☆


れみさま・cawa-miuさま遅くなりましたが
確かにバトン受け取り→つなげたと思いますわ。


20日月曜の朝、快晴。
ストックホルム近くの景色です。
9時半に下船して
ストックホルムの滞在時間は
わずか7時間程なので
ぶらぶらと街を散策することに。

スウェーデンは北の大国、ストックホルムの雰囲気は
ロンドンやパリに似たものがあります。
街は大まかに5つの地域に分かれており
今回は街の中心部(新市街)と旧市街を
駆け足で巡ってきました。



お昼前のカフェ、まだ準備中です。
このようなカフェがずらっと続いています。
ヨーロピアンな雰囲気いっぱいですね♪


ストックホルムは北のヴェニスといわれているそうで
港沿いに歴史ある建物が並び壮観です。
ヘルシンキに慣れてしまった私達は
ストックホルムの大きさに早速迷いました。
ヘルシンキにはメインとなる港は1つしか無いのですが
ストックホルムには沢山あった・・・。




屋内市場でお昼ご飯を探すことに。
エステルマルムス広場にあるサルホール
ストックホルム市民の台所。



何故だか焼きそばに心を奪われた私達。
しかし・・・マズッ。
野菜は半生で硬いしおそばも?
なので画像はなしです。



気を取り直して旧市街へ。
王様のいる国なので宮殿があります。
前回中に入ったので 通り過ぎただけですが
ヨーロッパの宮殿の中でも
規模が大きいそうですよ。



旧市街の起源は約750年前。
ガムラ・スタンと呼ばれ人気の観光スポットで
中世からの建物が数多く残っています。
画像は世界でもっとも狭い路地といわれいる
モーテン・トロッツィックグランド
幅はわずか90cm!



小さな広場。
蔦のアーチがあり、静かな午後のひと時。


サッカーのコンフィデ杯を観て
興奮気味なので(笑)この続きはまた。
日本がブラジルに引き分けましたね~!

19日日曜の夕方にヘルシンキを出航し
21日火曜の朝にヘルシンキ戻って参りました。

 

スウェーデンへ行くことが目的ですが
船中での過ごし方も楽しみの1つのようです。
免税店で大量のアルコール類を
購入するのが目的の人もいれば
種類豊富なビュッフェでの食事(これ人気)
夜はマジックショー、ライブ、ディスコ、カジノ・・・。

思い思いに過ごして翌朝ストックホルムへ到着。
飛行機なら1時間弱のところを
ゆっくりのんびり過ごすのが醍醐味なのでしょうね。

1番初めの画像は、ヘルシンキを出てすぐ
世界遺産のスオメンリンナ島です。
私がお茶の稽古に行くところでもあります。



 いよいよ乗船!
ムーミンとミイがお出迎えです。
ミイの女性よく似てるんです。カワイイ☆

 

デッキから大聖堂を望む。
見慣れた景色も違って見える気がする。
この日ヘルシンキは快晴で
早くもデッキには日光浴をしようと
水着姿の老若男女で一杯でした。
気持ち良さそうなので
カメラを撮るのはやめておきました。
ヨーロッパの人は日光浴大好きです。
特に北欧の人はそうですね。



船は12層、船自体が1つの街のようです。
客室からプロムナードの様子。
廊下はこんな感じ
海側とプロムナード側とに分かれています。

 

海側はすでに満室だったので
プロムナード側になりましたが
11階からの眺めはなかなか面白かったです。


フィンランドとスウェーデンの時差は1時間。

 

寝る前にデッキへ。
これは12時位だったと思います。
さすがに風が冷たくて寒いですが
いつまででも見ていたくなる空でした。



友人の車で海へドライブ!

ヘルシンキから車で30分程のところですが
もう、別世界。
ここは潮の香りがするし
水は透明で空の青と混ざり合い
どこまでも青く美しい。
日差しが強くTシャツでは暑いほど
肌で夏を感じることができました。

↓海に入ってる!


来週末は、いよいよ夏至祭です。
もうすでに夜12時を回っても
完全に真っ暗にはならないんですよ。
今日は暑かったし、フィンランドも夏本番
ですね。



いつも、ご訪問・コメント頂きまして
本当に有難うございます。
沢山の方にご覧頂いて驚きと共に
とても嬉しく思っております。
本日は皆様の所へ
お邪魔できなくてごめんなさい。



日曜日からちょっと旅行に行ってまいります。
戻りましたら、また更新する予定ですので
よろしければまた遊びにいらして下さい。

皆様へ、相方へのお祝いメッセージ
どうもありがとうございました。
相方に代わってお礼申し上げます。
感謝&感激でございます!


しかし肝心の本人はいっこうに
家には戻らず街でビールを飲み歩き

夕飯は相方の好きな餃子にしたのに
10時まで待って帰ってこないので
私は1人でヤケ食いしました(爆)


その後、酔っ払いは
11時に過ぎに帰ってきましたが
餃子を焼いて出すと
物凄い勢いでたいらげ爆睡です。

ハイ、皆さんもうお分かりですね。
ケーキはまだ食べておりません。



なのでしつこくもう一度同じ画像。
フィンランドの時間でもうすでに
18日になりました・・・。

酔っ払って爆睡というのは
珍しくないので仕方ないと思いますが


私としてはケーキが
食べられなかったことに
深い憤りを感じております(笑)


納得できん!キィー!!


寝ます。