【Meetie】彼は最後の成婚者 | 【Meetieの累計成婚者数6名】結婚相談所と婚活イベントを両立するスタッフブログ

【Meetieの累計成婚者数6名】結婚相談所と婚活イベントを両立するスタッフブログ

婚活イベントを開催して早10年目

そんなスタッフが結婚相談所を開業し、
イベントと相談所を両立しながら
幸せな人を一人でも多く増やしていきたいブログ
婚活についての内容を中心に更新予定です。

こんにちは。

室伏です。





 

先日、最後の成婚者方にお話をお伺いしてきました。

特別扱いするわけではないのですが、
今回の彼からは多くの事を学び、私のカウンセラーとしてのマインドに多大なる影響を与えてくださいました。
喜怒哀楽、多くの感情を共有し、決して楽な婚活だったわけではありません。
でも、この仕事をしてきて本当に良かった。
心からそう思っております。



まず、彼のスペックからいきましょう。

男性 40代前半 Aさんとします。
常識人
誠実、まじめ、聞き上手でユーモアがある。人柄がめちゃくちゃいい。
婚活歴 約3年ほど 元コンカツスタイルイベントご参加者


お相手女性 30代半ば Bさんとします。



私からAさんに結婚相談所のお話をしたのは、結婚相談所が開業したばかりのイベント中でした。

じっくりとお話をしてわかったのは、
彼は常識人であり、コミュニケーション能力が高いこと。



そしてお仕事を頑張っていらっしゃいましたので、
私は心の中で「シンデレラボーイ」と勝手に名付けました。


例えが下手なので、意味がずれているかもしれませんが、
「この方ならすぐに幸せになれる!」そう思ったのです。
なんとなく伝わりましたかね笑


活動開始から数か月が経過した頃、
彼の活動において一つの特徴がありました。



常に交際者がいらっしゃる



結婚相談所の活動は、日常の恋愛とは少し意味が異なりまして、
お見合い成立後の仮交際時は、複数の方と交際を進めることが許されています。
※むしろ推奨

常にお見合いや交際など、動きがあることが理想です。


お見合い、もしくは交際するお相手がいなければ、
結婚相談所の活動は止まってしまいます。


だから、お相手がいらっしゃることは婚活では必須。
彼の婚活は順調に見えました。



結婚相談所では
・毎週デートをしなければいけない
・毎日連絡を取り合う事

そのようなセオリーがあり、これらを守って活動を進めることになります。


複数名お相手がいらっしゃると、それはもう大変です。



ちなみにAさんは体調不良で一度入院されております💦
婚活中のメンタル面でも色々ありました。


真面目で誠実な対応が彼の持ち味でしたが、彼の疲弊ぶりを見て
この状況はマズイと感じました。

彼には常に交際者がおり、唐突に関係が終わることも少なかったです。
しかし、じっくり丁寧に対応されているにも関わらず、なかなか関係が進まなかったのです。


婚活はお相手がいれば、それで良いわけではありません。

お互いの向き合い方(連絡やデートの頻度)や、価値観や雰囲気などの相性もあるでしょう。


それらを早めに見極めなければ、常にフルパワー状態になり、疲弊したり
モチベーション低下の原因となります。最悪婚活を辞めてしまうことも珍しくありません。

遅くともデート2、3回目あたりで、おおよその答えを出さねばならないのが結婚相談所の活動です。



私は彼から、婚活は頑張ることと同時に頑張らないことが重要。との学びを得ました。


自分と合わないお相手に時間とお金をかける必要はない。
見るべきところはシンプルイズベスト。


・毎日連絡をとっているか
・毎週デートができているか


現実的には難しいのもわかりますので、
毎日連絡、毎週デートをお互いに意識して、実現しようとしているか。
ここの姿勢でだいたいの事はわかってきます。


ライン、電話など、
言葉ではなんとでも言えます。
大事なのは行動に移しているか、であり
思うだけ、口にするだけでは足らないのです。


実際に行動に移すことで、自分は大切にされているとお相手は実感し、言葉や文章を越える想いが伝わります。

あくまで、勘違いやすれ違いを防ぐために、時にはラインではなく電話で話したり、
行動+のコミュニケーションが必要になります。


いつだって自己満足で終わらせず、少し先を想像してお相手を大切にすること。
思いやりが大切ってことですね。


さて、Aさんは想像力、思いやりについては入会時からあふれ出ておりました。



彼の課題はズバリ…

積極性

積極性がない、というよりはまだ本気を出していない。そんな気がしました。
彼も頭では理解しているのだけれど、、そんな状況でした。




そんな彼が変わったのは2021年1月。


自らお申し込みをしたお相手の方と交際が成立したのです。
※この方をBさんとします


彼は結婚後の居住地や、お子さんについて、積極的にやりとりをされ、
自分のスタイルに合わない方とはすぐにお別れして、合う人とのご縁を探していきました。


お互いにプロフィール情報を見つつ、すぐに結婚後の話ができる結婚相談所の活動は
年収や年齢などのスペックもありますが、本質の「自分に合う方を探す」という点では
お相手を早めに見極める事ができるため、イベントよりも効率的です。


イベントでもそんなシステムを入れても良かったかな。
なんて、今頃思っております💡
婚活イベントもまだまだ進化させる余地があり、アプリや結婚相談所にはない魅力があるのかもしれません。


脱線しまくりです笑



Bさんと交際成立してから2週間後、
彼からラインで連絡がありました。


・この人と価値観が合うと感じた
・この人と結婚したいと思った
・この人を幸せにすることが自分自身の生きがい

このように思われたそうです。
ちなみに初回デート後のご報告です。


私は「あれ?他の方からのデート報告かな?」と二度見しちゃいました笑
それくらい彼は変わりました。


彼も自分自身に驚いていたようです。
人を変えるのは言葉よりも体験。一つの出会いで十分。

ついに彼は本気を出しました。
以前にも増して彼は頼もしく見えました。


お二人は初回デート時に下の名前で呼び合い、その次のデート時には
彼自ら、真剣交際を申し出ました。


交際成立から3週間ほどで真剣交際というと、
結婚相談所内でも早い方です。


でも私は全く慌てませんでした。むしろ待ってました!笑
結婚相談所でご成婚される方々は、とにかくスピード感が違います。
お見合い日の交際成立後のお電話で真剣交際のやりとりをされた方もいらっしゃいましたからね。


そのくらいお相手へ気持ち(興味関心)があって良いんです。
特に男性は気持ちを伝え、行動を重ねなければお相手の心を動かすことはできません。

その気持ちを持ちながら、お互いにやりとりを重ねていけばOK。

嫌われたら怖いとか言っているうちはまだ本気ではありませんからね👍
怖いと言って自分を守ってる場合ではありません。
大事なのは自分がやりきるかどうかなんです。



彼は交際から三週間後、お相手から真剣交際OKをいただきました。
三週間という期間でも、お相手への熱量と行動力(+思いやり)があれば、本気の気持ちは伝わるのです。


彼はこの時初めて「この人と一緒に生きていきたい」そう思われたそうです。
他の婚活者と違うのはまさにココ!
結婚相談所のルールやシステムがある中でも、一番大切なのは気持ちなんですね。



その後も日常的な場所でデートを重ね、お互いに普段の生活を確認し合い、
彼の言葉で好きなのは「とにかくお相手を大切にしたい」です。
ここまで想われたら女性も惚れますわ。


お相手Bさんいわく、
彼のようにプレ交際段階(早いうちに)結婚の話題に触れる方は少なかったとのこと。
彼の真剣な想いが伝わったのでしょう。


失敗を恐れ、タイミングを計っていたら、また違う結果になっていたかもしれません。
彼の人生を変えたのは彼自身でした。


サポート役が表に出過ぎず、婚活者が自ら考えて行動する事。それが一番なんです。


環境や周りのせいにしたり、言い訳しているうちは、まだ婚活に対して本気になれていません。
時には傷つき、一見無駄かもしれなくても、諦めずに考え行動することで
今回のような素敵なご縁が生まれるのです。


これこそ人事を尽くして天命を待つ


毎回、最善を尽くしても辛い状況から抜け出せず、
私もタオルを投げ込もうか(彼に婚活をやめさせようか)悩んだ時期もありました。

なぜタオルを投げ込まなかったかと言えば、
彼は必ず幸せになる。との確信があったからです。

結果的に彼はお相手の方と結ばれましたが、頑張れば良いというわけでもないので、
無理は禁物ですけれど。


彼からの言葉で印象的だったのは、
「カウンセラー(室伏)のいう事をもっと素直に聞いておけばよかった」
でした。


彼は我を通すタイプでもなく、自分のフィルターを通して行動に移されるタイプです。
しかし、後になって冷静に考えると、このように思われたそうです。


結婚相談所での活動期間が増えると、プラスでの経験だけでなく、思い込みや決めつけなどの
弊害も同時に増えていきます。


私もその点についてはお伝えして、彼も頭ではわかっているんです。
でも、婚活がうまくいかなかずに落ち込んでいる時は受け入れられないし、お見合いや交際が一定まで進まなければ
腑に落ちないと言いますか、真に100%理解することはできないのです。


だから、同じことを伝えても実行できる、できないなどの差は
経験値や状況など、様々な要因が絡み合います。


頭でわかっているだけでは足りないのです。
辛い思いをして、現実を思い知り、なんで婚活やっているんだろう…
そんな絶望の先に見えてくるものがあります。
意味があるとかないとか考えずに、行動を積み重ねる。時にはそれが必要です。


私は婚活で前進しながら痛い目をみることはむしろプラスだと思っておりますので、
その辛さを耐え抜く精神、体、すなわち健康でいるべきだと皆様へお伝えしています。




さて、
交際成立から毎週デートを重ね、お二人は約3か月後にプロポーズ✨
無事にご成婚されました。


そして、先日お二人からお話をお伺いしてきましてね☺


成婚者の方々のお話は大変学びが深いですので、

ぜひ今婚活を頑張っていらっしゃる皆様も触れて頂けたらと思います。

 成婚者のお言葉
 私の独り言


・自然な出会いを求めたくなるのが心情ですが、それがいつになるかわからず、相応のリスクがあると感じました。
自然な出会いのみに絞るのではなく、幅広い視野で幸せになる事を目指していただきたいですね
 


・婚活において大切なことは、健康第一、そして意思の強さ
全くもって同感でございます👍

・お相手に興味を持つことが大事 
興味がなければ気にせず次!ですね。

・お見合いやデート後、お相手の発言を覚えることの重要さ
デート楽しかったぁ~♪で終わらせてはいけません。関係を築くには努力も必要ですね。

・色々と思うことはあるかもしれないが、ある程度の結果が出る前はひたすら作業のように、淡々とやり続けることも大切
時には休息も必要。でも、半年など期限を決めて何がなんでもやりきる事も必要ですよね。

・自分がお相手を選ぶことよりも、選ばれることを意識して活動を進める
お相手を選ぼうとするという事は、逆に選ばれないと交際は成立しません。
互いの年齢が近いお相手を意識したり、身だしなみを整えるなど、基礎的なところを見直すと劇的に流れが変わります。


・カウンセラーだったり、出会うお相手だったり、場の空気が人を育ててくれる(結婚相談所は成長の場)
結婚相談所で真剣に活動すると、人としても成長できるのです👍

・婚活はタイミングが重要
合わせるというか、自然と合ってた。それが二人のタイミング✨

・二人のライフスタイルが合うかどうかの相性も大切
居心地などの他に、見るべきところですね。


最後に、婚活者の皆様へお言葉をいただきました。

・人に会わないと道は開けない
・常にハッピーエンドを想像して前向きに過ごす
・真面目になりつつ、時には「まっいっか!」と力をぬく


どれも大切なことですね。

ご縁を増やしながら、前向きに、力み過ぎない。

成婚者も元々は婚活者で皆様と同じなのです。

願えば空から素敵なご縁が降ってくるわけもなし。

自ら考えて行動を積み重ねた結果が幸せにつながってゆくのです。

その為には、健康でいること。婚活を諦めずに継続すること。

人生においても基本的なことばかり。


婚活に必勝法もコツもないけれど、日々を楽しく、一生懸命になることが
一つの答えなのかもしれません。


ご成婚者のお二方、ご協力いただきありがとうございました。

どうぞ末永くお幸せに。

お二人の幸せな姿が見れて、私も嬉しかったです。


皆様も健康でいさえすれば素敵なご縁が訪れる可能性が高まります。

婚活<健康
そのくらいのバランスでちょうどいいと思います。ほんとに。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


皆さまがいつまでも健康で、
良いご縁がおとずれますように。