結婚相談所での活動を~【中編】プレ交際中は複数人と交際できる | 結婚相談所と婚活イベントを両立するスタッフブログ

結婚相談所と婚活イベントを両立するスタッフブログ

婚活イベントを開催して早10年目

そんなスタッフが結婚相談所を開業し、
イベントと相談所を両立しながら
幸せな人を一人でも多く増やしていきたいブログ
婚活についての内容を中心に更新予定です。

こんにちは。

 

結婚相談所Meetieとコンカツスタイル(婚活イベント)を運営しております

 

カウンセラー兼、イベントスタッフの室伏と申します。


前回はコチラ

結婚相談所の活動を、活動前~ご成婚まで6段階に分けてご説明します。
の続きですね。
③までのお話が終わりましたので、④から進めます。


①活動前(準備期間)
②活動開始
③お見合い成立 ←前回はここまで
④プレ交際へ ←今回はここまで
⑤真剣交際へ
⑥ご成婚
 ←今回はここまで





この、④~⑥までの流れが婚活において重要となります。
特に男性方には、プレ交際と真剣交際を体験していただきたいのです。



結婚相談所でいう真剣交際は、自然な出会いでの「結婚を意識したお付き合い」とほぼ同じです。

①複数人で集まったり食事に行く
②一対一で食事に行く(デート)
③結婚を意識した お付き合いをする


下に行くほど、お相手と結婚を意識した関係になっていくわけなのですが、
結婚を意識した交際まで発展することすら難しく、その先に進めたとしても結婚の可能性がめちゃくちゃ高いわけではありません。


でも、結婚を意識したお付き合いを通らなければ結婚は見えてこないわけです。


現状で、1年以上の期間、お相手と結婚を意識した関係になっていない婚活者は
直ちに意識を変えるべきです。


婚活をマイペースで進めている方や、まだ20代など時間に余裕のある方は聞き流してくださいね👍



でも、結婚したいと強く望んでいたり、もしくは今年中に!という方は危機感を持った方が良いです。
婚活を一年間行った結果、結婚を意識したお相手が見つからない場合、次の一年も過ぎ去ってしまう可能性があるからです。


変えるべきは、「頭ではわかっているのだけれど…」という状況なのです。
行動が合わされば、劇的に状況は変わるだけに…。
カウンセラーとして思うところがあります。



話を相談所の活動に戻しますね。



④プレ交際へ
結婚相談所の成婚についての守るべきルールからお伝えします。
下記のような事をすると強制成婚退会となってしまいます。


・婚前交渉
成婚退会前に体の関係を持つ=成婚

・結婚の口約束、同居、同棲した場合(短期間や宿泊・宿泊を伴う旅行も含む)
これらも全て行なうと=成婚

・交際期間が6 ヶ月を経過した場合(基準日は、お見合いをした日からとします)
お相手との交際は最大6ヶ月。
お見合いした日から半年を越えての交際は基本的にできません。


これらのルールを守りながら目安としては、出会ってから約3ヵ月前後で成婚を目指します。
まだイメージが湧かないと思いますので、プレ交際の説明を進めます。


プレ交際と言われても、結婚相談所で活動をされた事のない方には???ですよね。


プレ交際
プレとは、「以前の」「前の」などの意味を表す。


すなわち交際前の状態で、仮交際とも呼ばれています。
プレ仮交際時は、複数人とプレ交際してもOKとのルールが存在します。


自然な出会いでプレ交際をしたら、お相手からぶっとばされますよね笑


あくまでプレ交際ですので、慎重かつ積極的に、あまり時間をかけずにプレ交際を進めるのが吉。


あまり交際がうまくいかない方の傾向としては

・時間をかけすぎる
・結婚についてのやりとりが少なく、楽しくデートしているだけの状態になっている


複数人とお付き合いしている状態で時間をかけると、
他の人にしよ~、他探そ~、となります。結婚願望が強ければ、そうなるのは当たりまえですよね。


プレ交際だからこそ、複数人とお付き合いをしたり、されたりして、お相手を一人に絞っていく事になります。
他の同性婚活者に負けないようにしなければいけないのです。


お見合い後、プレ交際が成立した日にファーストコール(男性から女性へ電話)を行ないます。
ここで、「今日は楽しい時間をありがとうございました~♪ではまた~♪」とご挨拶だけで終わるのはNG。


その日のうちに次のデートの約束を行なわなければいけません(半強制)
お互いの都合もあるでしょう。どうしても日程が合わない時もあるでしょう。
カウンセラーもそこは理解しています。


しかし…
基本的に交際中の成婚のコツとしては2つあり

・毎日連絡をとりあうべし
・毎週デートすべし


この2つをぜひ守っていただきたいのです。


成婚された方々は、当たりまえの様に毎日連絡&毎週以上デートされていたりと、
やる意識を超えて、「自ら行動を起こしている」状態になっています。


私が小言をブツブツ言う前に、
自ら進んでお相手とお話がしたい!会いたい!となっているわけなんですね。


成婚者の方々も、最初からすぐにうまくいったわけではありませんでした。


「三ヵ月(半年)で成婚なんて早過ぎません?」
「毎日連絡って話す事ないですよ…」
「毎週デートって多くないですか?」



最初はみんなコレ!
私もぶっちゃけ同じことを思ってました笑


私も会員さんも、元は婚活イベントの環境にどっぷり浸かった人間。
確かに短期間で成婚された方もいなかったわけではないけれど、
3か月はあまりに短すぎる。半年ならまだいいか。などと思っていたわけなのです。


だがしかし、カウンセラーがそんな事を考えているわけなので、会員さんの婚活もうまくはいかなかったのです。


「せっかくの貴重なご縁ですから、お相手とじっくりやりとりしていきましょう」


今でもご縁は心の底から貴重だと思っていますので、根本的な考えは変わりません。
でも、時間のかけ方が間違えていました。



時間をかける程にお互いの理解が深まる。
これは間違ってはいませんが、短期間で成婚を目指す結婚相談所の活動において、
いずれは婚活うつ、もしくは婚活をやめてしまう可能性のある方法です。



結婚相談所の活動においても、時間とお金と体と心を使いますので、長期化はダメゼッタイ!



小まめに連絡を取り合えるかどうか
日を空けずにデートができるかどうか



これができなきゃ、相性もへったくれもありません。

だから、相談所に関わらず、全般的な婚活においてこれら↑を見て先に進めるのか判断します。



一回デートして交際終了になる事も少なくありません。
「えっ?一回で交際終了ですか?」とショックを受ける時間すらもったいなく、
気にせずお見合いと交際を続ける事になります。


なぜなら婚活を止める事が一番の致命傷となるからです。


あと、勘違いされやすい部分ですが、
プレ交際に進めたからといって(この子、俺に気があるかも)なんて思うのは気が早い💦


気があるかも、ではなく、(もうちょっと様子を見てみるか)と思われてるくらいの軽い認識でOK。
女性はそんなすぐに惚れません。


がっかりしたなんて言わないでくださいね。
これから存分に行動と言葉で示していただきます。


プレ交際との呼び方に惑わされちゃいけない。
本番の土俵に立つための準備期間ってとっても大事なんです。


プレ交際では、なんでうまくいかないのだろう…の連続です。(人によります)
空気が読めなくても、今まで恋愛経験がなくても、相手の立場になって考え、思いやりを持てるようになる。
意識を自分からお相手に合わせられるようになると、自然と交際は続くようになります。


これが最初は難しいのですが、素直に継続さえできれば、誰でも理解できるはずです。


…っと、全然話進んでないんですけど笑い泣き
大事なところだから、とつい熱くなってしまいました💦



プレ交際についてまだ話したいところですが、まとめますね。


プレ交際
・2、3か月を目安に(おそらく多少前後します)真剣交際へ進めるべき期間
・複数人とお付き合いできる
・ここでお相手の気持ちを汲んだり、思いやる事を覚える(基礎練習みたいなもの)
・我を通すとすぐに終了が待っている


自然な出会いや、婚活イベントでは、結婚相談所でいうプレ交際が存在しません。
お相手と繋がっているサポーターがいないので、うまくいかない傾向を掴めず、同じ事を繰り返しがちです。

必死になるほど相手の事が見えなくなる悪循環。


次回はもうちょっとだけプレ交際についてお話してから真剣交際のお話を進めていきます。
脱線続きですみませんおねがい


皆さんの婚活が止まりませんように。
また見てもらえたら嬉しいです。



無料相談受付中! 結婚相談所 ミーティ
http://meetie.jp/




【スタンドエフエムも更新中!】

スタンドエフエムってなんじゃ?な方はコチラ

【お電話】03-6825-1178  

【メール】info@konkatsu-style.jp


「イベント開催11年目のコンカツスタイル」
https://www.konkatsu-style.net/