にほんブログ村    

 

ポチしてくださると嬉しいですドキドキ

 


人気ブログランキングへ   

 

いつも応援ありがとうございますドキドキ

 


目次1 ページ 】

 


watさん男性の婚活体験記目次

 


育児記事目次




婚活ブログをやっている天野だが、人のブログとなると普段見るのは婚活ブログではなくフィギュアスケートのブログである。


そもそもフィギュアに興味を持ったきっかけは伊藤みどりさん♡

「伊藤みどりさん」の画像検索結果

マツコデラックスさんが「サバ」と呼んでいるお衣装。

「ヒドイ!」と思ったが、改めて見るとサバに見えなくもない。

「サバ」の画像検索結果

有吉弘行の「美しさを競うスポーツに技術だけで挑んだ人」という評に吹いた。

「伊藤みどりさん...」の画像検索結果

しかしみどりさんの全盛期の尋常でない高さと飛距離のジャンプ。

当時のスケート靴は現在よりもかなり重かったそうなので、彼女の技術たるや半端ないものがある(マジでリスペクト!!)


そんでそのあと

「ジョニーウィア...」の画像検索結果

元祖氷の王子様ジョニー・ウィアーにハマった。


最近のジョニーを見て

「ジョニーウィア...」の画像検索結果

「その頭どうしたん?」って思ったが(いや、好きですけど)


「ステファンラン...」の画像検索結果


 

ステファンランビエール様♡

天野が勝手にシマウマって呼んでる衣装。

初めて見たとき「ランビ様、自分で衣装考えたらいいのに」って思ったら本人の発案だった件。

「クーリック キ...」の画像検索結果

キリンと言えばクーリック。

未だになぜこの衣装でオリンピックでたのか凡人の私にはわからない。



「プルシェンコse...」の画像検索結果

皇帝プルシェンコ様といえば、試合も好きだが、笑いをとるのも忘れないエンターテイナー。肉襦袢すげぇ滑りにくそう。

「浅田真央くるみ...」の画像検索結果

浅田真央ちゃんも好きだ。

この弾ける笑顔の『くるみ割り人形』の演技が大好きだった。

年齢制限で出場できなかったけど、この年にオリンピックにでれてたら……と残念に思う。

すっごく可愛かった♡


「羽生君バーティ...」の画像検索結果

んで今ハマっているのが羽生君

「羽生ロミオとジ...」の画像検索結果

本人はロミオを演じているらしいが、フリルとビジューと透け手袋がジュリエットにしか見えない19歳……。

普通の大学生男子がこれ着てたら警察に通報されそう。

「羽生ジョニー」の画像検索結果


ジョニーと何やってんだ!?


婚活と全く関係ない話でスンマセンm(_ _ )m




ふだんこんな画像のブログばっか見てる天野だが、婚活ブログで毎回更新をすっごく楽しみにしていたブログがある。

「ナナムラナナコ...」の画像検索結果

ナナムラナナコさんの『婚活オトコ百科』 という婚活ブログである。


有名なのでご存知の方が多いのでは?と思っているが、とにかくすっごく面白い!!

以前「みんなどんなことを書いてるんだろう?」と参考にしたくていろんな婚活ブロガーさんの記事をちょこちょこ読んでいた時期があったが(そのうち読者様が次々とネタ提供してくれるようになり)「婚活ブログでこんなに笑ったのはじめてだー!!」とナナコさん沼に落ちてしまった。


ナナコさんご自身はモテない自虐ネタをよく披露しているが、それはブログを面白くするためのエッセンスで、実はけっこう可愛くてオシャレな方なのでは?と勝手に思っている天野である。


なぜならば、出会った男と称してネタにしている男性がわりとハイクラスの人多め(本人がそこそこ可愛くないとこれは無理!)。


美人で可愛い友人が合コンのセッティングや婚活のアドバイスをくれることもネタにしているが、そもそも美人な人とお友達になるためには、本人もそこそこ可愛くないと無理である。


「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、例えば合コンを開くとき「誰を呼ぶか?」となると、自分のライバルになりそうにない自分よりちょっと容姿が劣る友人か(←女ってずるい)、自分とタイプの違う美人(これもライバルになりにくい)で、「全然イケてないダサ女」と思う人はコンパに呼ばないというより、そもそも友達にはならない。


女性がインスタにあげている女友達とのツーショットは「2人を比較すると、ファッションの傾向や雰囲気は似ているけれど、可愛いほうが本人説」というのを検証している番組があったが、見事9割くらい、可愛いほうが本人だった。


これはすごくわかる。


昔、親友のピロミとプリクラ行って最後にどの写真を選んでプリントアウトするかってなったときに、ピロミは自分が可愛く写っているほうを「これいいんじゃない?」って言って、私は自分が可愛くとれているほうを「こっち残したいな」って言って、結局二人で順番に1枚ずつ選んでいったんだけど、お互いに消化不良で「もう1回戦やろう!!」ってなったことがある。←あさましい(笑)


女ってちょい自分の引き立て役になる友人を合コンによく誘うことはあっても、勝ち目のない美人は呼ばない(いい男をそいつに全部持っていかれるから)、でもダサいと思う女友達も呼ばない(だってそんなダサい女と自分が友達と思われるのは絶対にイヤだから)。


でも男は逆。「イケメンが参加する」と宣伝すると、美人の参加率が高くなることがわかってるから「〇〇が参加してくれるとデカい!!」なんて言って、自分よりイケメンの男を呼んでくれたりすることがある。そんで、そのイケメンが狙っていなさそうだけどそこそこ可愛い子をゲットしようとする。


だからナナコさんは社交能力が高くて、美人で可愛くてオシャレな女性が友達になりたいと思うくらい魅力のある女性で、内容の面白さからユーモア溢れる明るい人なんだろうなって思ってる。


彼女の大ファンになって途中から「ナナコさんって結婚相手いないとか書いてるけど、ネタでやってるだけで、本当は彼氏さんいるんじゃないのか?」とか思ってたんだが(だって独り身の寂しさを感じないような痛快記事が多かったから←私が悲愴感をくみ取れてないだけならスンマセン!!)、いつのまにか「結婚しました」のご報告があり、ブログ終了(寂しくて涙。でも結婚は素晴らしい!!)


ナナコさんは「自分にはもったいないくらいの人と結婚できてあきらめなくて良かった」と最後につづっている。


でも私はナナコさんのような婚活も結婚もけっしてできなかっただろうなぁと思う。


だって仲の良い友達はピロミ(若さのみでエリートゲットのコミュ障)とフクちゃん(男ばっかの理系の職場にあってはマドンナ的存在で可愛いくてあっさり結婚したけど、とびきりの美女ではない)だけ。


私は田舎娘で、ナナコさんのような都会のイケてる女子ではない(出会える相手がそもそも違う……)。


ナナコさんのように交友関係が広くもなければ、行動力も社交性もない。


結局、婚活は自分のもった資質の中で、発揮できるものを磨いて、高望みせずにその中で探していくしかないのだと思ってる。


こんなことを言うと「夢も希望もなくなるじゃん!」と怒られてしまうかもしれないが、例えば「20代でエリートをつかまえました!」という女性の恋愛結婚サクセスストーリーを聞いて「40代の女性が同じことを実践してうまくいくのか?」というと、年齢が高いとそもそも職場に素敵な独身の人が少なく、同じことを実践しようにも環境が整わないことのほうが多い。


ナナコさんのような婚活を真似できるのは都会のコミュ力の高い一握りのそこそこ人気女子だけのような気がするが、それは別として、読んで本当に楽しい気分になれる素敵なブログだと思い、ずっとずっと大ファンでした(こんな根暗女のファンがいても迷惑なだけかもしれんが、こんな辺境のブログをご本人様が目にすることも絶対にないであろう)


人はそれぞれ自分の持っている環境の中で自分に合った婚活を取捨選択していくしかないと思うけれど、ナナコさんは話題が豊富で人間観察力に優れていて魅力的な人だなぁと思う天野であった(大好き♡)。


きっと旦那様もおしゃべりしていて楽しいに違いない♡



今日はただのファンの独り言のような内容でした(マジでスンマセンm(_ _ )m)


いつもブログを見てくださってありがとうございます♡