にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   

いつも応援ありがとうございますドキドキ


目次1 ページ 】


watさん男性の婚活体験記目次


育児記事目次



桃子さん、はじめまして。

年末にグーグル検索でたどり着き、婚活について勉強させていただいております。

37になる前にIBJ系の個人相談所に入りました。現在37歳のOLです。
自分や家族を基準にしてしまうと、かなり高望みになってしまう事に気が付きました。


親兄弟は全員資格職なので年収1,000万超えています。
友人等も東大京大の高学歴男性が多く、紹介を頼むと高学歴で
恐れ多い感じの男性しか紹介されません。

学生時代は大学の名前+容姿に自信があったので女子アナを目指し
フジのようなトップではないですが最終まで行きました。

付き合ってきた彼氏も、皆、レベルが高かったです。
婚約していた時期もありましたが、家族の問題で流れました。
家族の問題が解決し、結婚に前向きになったため相談所に入ったのですが、
「お金を出して自分より学歴が低くて、年齢もかなり上だったり、年収も低い、
外見もよくない、家族に無職兄弟がいたりする相談所って……。
30代後半ってこんなものなの? 外見も自信あるのに」と悲しくなりました。


年収がいいと、学歴、外見身だしなみ顔、性格等残念となかなか難しいです。



自分の大学より上の同世代とも申し受けで交際のチャンスはありましたが、
生活費の概念が合わず流れてしまいました。


希望年収を下げたところで他の条件がよくなるわけでもありません。
あまり相手に多くを望んではいけないので、私の20代半ばの時の年収より
少し低い金額を希望しています。


相談所に書いていただいたプロフィールの文章を読むと「あまり自分らしさが出ていない」と感じ、写真も、スキャナーで取り込んだだけなので
潰れてしまい、よくわからない写真になってしまっているのもあると思います。


①一番譲れないのは、同じような環境で育った方という点で外見は生理的に許容できれば問題ないのですが、他に下げるべきものが1つあったらご教示いただければと思います。
宜しくお願い致します。


(ひまわりさん)


コメントありがとうございます♡


ひまわりさんのコメントから一つ一つ考えていきましょう。


まずひまわりさんの「同じような環境で育った方」という意味が、お父様やご兄弟と同じようにそれなりに高学歴で高年収なお育ちの良い資格のある(要するに資格で稼げる職種)男性を意味するのであれば、この希望条件を掲げるだけでかなり婚活の難易度が上がるという認識を持ちましょう。


「親兄弟は全員資格職なので年収1,000万超えています。
友人等も東大京大の高学歴男性が多く、紹介を頼むと高学歴で恐れ多い感じの男性しか紹介されません。」とお書きですが、「同じような環境で育った男性がいい」のであれば、この家族・友人・知人の紹介で結婚を決めるのが1番だと思います。類は友を呼ぶので。


恐れ多いと思わずにどんどん会っていきましょう。ただし知人の紹介で自分が気に入らなくて断りたい場合には紹介者のお顔に泥を塗ることになりかねませんので、くれぐれも断るときの言葉は選んで丁寧に、そして必ずお礼はきちんとしましょう(特にお父様やご兄弟の仕事関係の知り合いの場合には印象を悪くし、場合によっては恨まれることもあるので失礼な断り方をしないように要注意)。


同じような環境で育った人がいいのであれば、同じような環境にいる人に紹介してもらうのが1番ですから、自分の身近な人にどんどん頼みましょう。


ただし「恐れ多い人を紹介される」というのが20代や30歳前後の若くてモテていた時期の過去の話で、アラフォーの今は全くそんな好条件な縁談はないということであれば有料の婚活ツールを使うしかないと思います。


はっきり言って結婚相談所のような有料のツールはアラフォー女性の場合、圧倒的妥協を要することが多いです。(なので国勢調査では35歳以上の成婚率は2%、40歳以上になると1.2%しか結婚していません)


若いときは自然な出会いで恋人がすぐにできていたけれど、年齢が高くなってから納得いく恋人ができなくなったと(要するにモテなくなってから)婚活を始める人が圧倒的に多いので婚活市場で心ときめくようなステキな人は男性も女性も一握りです(ただしそんな状況ですからモテる男性や女性には申し込みが多数きます)。


人気のモテ系さんは「いいなって思う人が全然いない」という悩みにぶちあたることがありません。そこそこ悪くないなと思える相手からどうでもいいやつまでたくさん申し込みがくるので、その中から頑張って全て内容をチェックして吟味して好きな男を選べばいいだけです。(読者様のwatさんは300以上、ハイスぺ20代男子のヘルシーさんのご子息様も登録してすぐに300くらい申し込みが一気にきたとおっしゃっていましたが、モテる人にはそれくらい申し込みがきます)

少し厳しめの話をすると、ひまわりさんが「婚活市場は微妙な人が多い」、要するに微妙な人しかお見合いが成立しないと感じるのだとしたら、若いときはモテていたけれど、今はそこまででもないのかもしれません。(失礼な発言にあたりましたら本当に申し訳ございませんm(_ _ )m)


ただ現実的に「いいなって思う人とお見合いが成立しない」という女性は自己評価が高いだけで自分が思うほど「いい女じゃない」と周囲の男性から思われているケースがほとんどです。


ただもしかしたらひまわりさんは本当にご自身でおっしゃるように美人なのかもしれません。その場合なのですが「おうちのご事情」が関係していると思われます。


家族がニートのような微妙な人を紹介されるとのことですが「婚約していた時期もありましたが、家族の問題で流れました。
家族の問題が解決し、結婚に前向きになったため相談所に入ったのですが」という一文が気になります。この破談になったご事情が重い内容の場合は急激に婚活が難しくなることもあります。


例えばお父様の事業が大きく傾いた時期がある場合、昔は好条件な男性と釣り合いのとれる家柄だったけれども今はそうでもないとか、(ひまわりさんは家族のご事情と書いているのでこれは関係ないと思いますが)子宮筋腫や子宮内膜症のような女性特有の病気をしてしまった場合、婚活している男性は子供がほしくて結婚したいと思っている人が多いので、美人でも婦人科系の病気はかなり敬遠される傾向があります(もし完治していて妊娠に全く問題ない場合は相手が病気を知っている場合「大丈夫」だとはっきり強調したほうがいいし、相手が知らない場合は告白は人柄を気に入ってもらってからで慎重に。)


綺麗な女性であればハイスペックすぎる男性を望まなければあっさり結婚できる気もします。


婚活市場の場合、男性は年収が良い方の場合、見た目が残念とかコミュ障な人が多いです。(見た目がよくて、コミュニケーション能力が高いのであればそもそもお金を払って婚活しなくても自然な出会いで彼女ができるので婚活市場に出向く必要がありません。高年収でコミュ力のある男は勝手に結婚してます)


ただし、たまにアラフォー世代でも見た目が悪くなくて収入も申し分ないイケメンさんが婚活市場に存在します。ただそういう男性は同世代のアラフォー女性とお見合いすることは滅多にありません。20代の若い子狙いで入会をしています(例えば読者様のwatさんは平均より収入が上、学歴も見た目も悪くない、貯金も2000万くらいある経済観念のきちんとした男性で、30代半ばで8歳年下の20代の美女と結婚しています。watさんの場合、最初は仲人さんのススメもあり30代前半の女性ともお見合いしていたが、途中から20代女性に限定して30代は申し込みがきても会わずに断っている。収入も見た目も悪くない男の場合5歳以上年下女性に申し込んでも会ってくれる女性はけっこういるのが現実。なので同世代の女性が同世代のハイスぺ男子を狙ってもプロポーズまで進みにくい)。


「嫁は若いほうがいい、でも自分の周囲では若い女の子と知り合うチャンスが少ない、だから婚活する」っていう男性がたまにいるんです。そして高学歴・高収入で見た目もよければ37歳くらいでも30歳以下の女性(ぎりぎり29歳で焦っている人が狙い目)がお見合いしてくれることが多々あります。


それと婚活市場には「隠れ難あり」な人がたまにいます。


過去に私がお世話をした人で、「高学歴・高収入な男性で嬉しい♡」と思い、喜びいさんでお釣書を預かってみたらお兄さんがニートだと家族書を見て知ったり(「お世話するって言っちゃったよ~」と後悔)、こんなイケメンさんなのに彼女いねーの!?と思ったら、「一人息子だから母親が結婚したら敷地内同居が絶対条件って言ってる」とか、やっぱ自然とパートナーみつけにくい条件ある人から「ぜひお世話してください」って言われることが多いなぁって感じ、本当に条件の申し分ない人は主人や自分の縁故で「婚活してみませんか?」と声をかけて自力でハントしてくるしかないなという結論にいたった私です。


それだけ有料の婚活サービスに過度の期待を抱きすぎてはいけないということです。


その上でなのですが、まず年収の話をします。


婚活には「年齢差×年収100万円」という方程式が存在します。女の若さと男の年収の価値は同等なんです。


例えば、もしひまわりさんが年収600万クラスの男性がいいと思うのであれば6歳くらい年上を狙いましょう。


ただしこの時点ではただの年収600万です。例えばもし身長170センチ以上の平均より背が高い人がいいと思うのであれば7歳以上を、デブやハゲのような見た目のかっこ悪い人はイヤなら8歳以上年上を、大卒がいいと思われるなら9歳以上年上を、ただの大卒ではなく中堅大学以上を狙うなら10歳くらい年上を、さらにその上、会話のキャッチボールができる人がいいなら一回り(12歳)くらい年上を、自分がつけた条件の数だけ男性との年齢差はあけましょう。


現実問題として年収800万以上の男性でアラフォー以上の未婚者は15%以下です(ちなみに年収400万以上の男性でも7割既婚。収入が悪くなくて見た目も悪くない男ほど結婚済みの現実あり)その上、別の調査によるとアラフォー独身でも年収600万以上の男性の半数近くが彼女がいると回答しています。(なので実質的にはフリーで結婚相手を必死で探している年収600万以上男性は1割もいないかも。圧倒的に頭数が少ないことを知っておきましょう)


学歴が申し分なかったり、人柄が申し分なかったりする男性は35歳くらいでほぼ既婚者か彼女ありだと思っているほうがいいです。


もし収入もそれなりで見た目も悪くない人がいいと思われたら婚活中のバツイチさんや高卒の大手企業勤務男性とかを狙うといいかもしれません(初婚や大卒より人気が低い)。


「自分の育った環境に似ている人(家柄がそれなりで学歴や収入も家族同様に悪くない人)」を婚活市場で探すのあれば10歳以上年上の男性も喜んでと、許容範囲を広げてみるといいと思います。


それと見た目のかっこよさで男性を選ばないほうが成婚しやすいと思います。バツイチさんでもこだわらずに会ってみて。


「そんな妥協は絶対にイヤだー!」と思われたら、ひまわりさんのハイスペックなお父様やご兄弟や友人にお願いしてステキな男性を紹介してもらいましょう。


婚活市場では20代の若い女性が人気があるので、とびきりの美女でない限り37歳という年齢では苦戦をしいられることが多々あります。(ただし年収300万クラスの男性の場合、アラフォーでも7割未婚なので、ひまわりさんが美人で、結婚相手に高い収入を求めないのであれば結婚のチャンスはいくらでもあります。平均以下の収入の男性であれば、ひまわりさんが男性を選べる優位な立場に立てると思います)


婚活では男性は年収が高い人が有利、女性は若い人(20代)が有利な傾向があります。


まとめ


①ひまわりさんが「育った環境が似ている人がいい」という意味が、親や兄弟同様に学歴・収入・お育ちがそれなりの人がいいということであれば、親や兄弟や信頼できる知人に異性の紹介を頼みましょう!


ただし個人的な紹介で自分が気に入らない場合は紹介者の顔に泥を塗ることになるので断りは低姿勢で必ず菓子折りをつけてお詫びは十分に。


②紹介してくれる人が誰もいない場合は有料の婚活サービスで頑張る。


婚活市場で頑張るなら その1


写真・プロフィールは最良のものを(必要なら差し替え)


まず写真の出来は200%良いものを(でないと好条件な男は全部20代の美人にもっていかれます。自分が同世代の友人と比較すると美人な部類であってもそんなことは婚活では無意味なことです。なぜなら、自分以上に美人で若くて可愛い子が同じ結婚相談所にいて同じ男性に申し込んでいたら、どんなに昔モテていたとしても負けるんです。それなりの男性を自分が希望していた場合、ライバルとなる女性は同世代のモテない普通の容姿の女なんかじゃなくてピチピチの若くて可愛い20代女子であることを頭に入れましょう)


今の写真が気に入らなければ評判の良い写真館を探して最高のものを用意し、差し替えを。


「相談所に書いていただいたプロフィールの文章を読むとあまり自分らしさが出ていないと感じ」について


プロフィールに関しては、もしかしたらプロの結婚相談所の人が書いたもののほうが男性に好印象かもしれません。

例えばなんですけど「ロンドンに2年間留学してました」とか「○○の資格を持っています」とかキャリアアピールをたくさん書く女性がいます。男性からすると「一人で生きていけば。俺、日本で嫁探してるんだ。ロンドンとか資格とかどうでもいいし。それよりお料理とかアイロンがけが上手な嫁希望」みたいに思われちゃうプロフィールの女性たまにいます。


また「甘えたな私ですが」とか「めんどくさそうな女」と思われたり、「趣味海外旅行」←見るからに金がかかりそうで敬遠されるなど、本人が自信満々に書いてるプロフィールが男受けしなさそうなものってことよくあります。


また「学生時代は大学の名前+容姿に自信があったので女子アナを目指しフジのようなトップではないですが最終まで行きました。」とのことですが、(たぶんネットの世界だから書いただけだとは思うのですが)間違ってもこんなことを人に言ったりしないほうがいいかと。この文章を読むと、たいして大きくないテレビ局の最終面接に残っただけで自分はすごくいい女って思い込んでいるのかなと男性に誤解されちゃいそうな予感がします。


少しひまわりさんの文章を読むと「自分の容姿に自信満々」みたいなプライドの高さを感じるんです。(でもガチな美人で性格の良い女性はすでに人妻かアラフォーでも彼氏がすぐにできるからそもそも有料の婚活をしないと思うんです。綺麗で性格もよければ友人がコンパとかに積極的に誘って異性を紹介するチャンスをくれますし。)


もうちょっとたおやかで控えめな女性らしい雰囲気をプロフィールの文章に醸しだせると男性は寄ってくると思います(もちろんひまわりさんは賢い方だと思うので、この文章に書いたようなことを婚活のプロフィールに書いたり、人に言ったりはけっしてなさらないとは思うのですが……)


昔、ある男性が「モデル事務所の最終面接に残ったことがある」と自慢げにピロミと私に言ったことがあります。彼が帰ったあと「最終面接で落とされるのわかるわ(←要するにそこそこイケメンだけど、飛び抜けてイケメンではない)」ってピロミが言いました。


なのでプロフィールが微妙で納得がいっていないのでしたら、一度自分で書いてみて、「少し書き直してみたいのですが、こういうふうに書くのは男性のウケがよくないでしょうか?ぜひアドバイスお願いします」と結婚相談所の担当者様に聞いてみられては?


くれぐれもこれからお世話になる仲人さんですので、謙虚に頭を下げて聞いてみましょう。そのほうが親身にアドバイスくださるはずですし、アフターフォローもしてくれるかと。絶対に「相談所が書いてくれた文章は自分らしさがでていなくて気に入らないから差し替えたい」とは言わないことです。そのほうがひまわりさん自身が得をすると思います。


婚活市場で頑張るなら2


つけた条件の数だけ男性との年齢差をあける(年上狙いが基本)


年収100万×年齢差の方程式を頭に入れて、例えば年収500万以上の男性を希望するなら年齢差は最低でも5歳以上、それ以上の収入の男性を望むなら望んだ分だけ年齢差はあけてみて


また年収だけでなく、ルックス(ハゲ・デブを除外)、身長(平均の170センチ以上)、最終学歴(大卒以上)、社交能力(会話のキャッチボールができる)など、年収以外の点でも条件をつけたいなら、つけた数だけ年齢差はあけてみて


婚活市場で頑張るなら3


価値観の合う人を求めすぎない


「自分の大学より上の同世代とも申し受けで交際のチャンスはありましたが、生活費の概念が合わず流れてしまいました。」とのことですが、これがどうしても譲れない条件の話だったということなら、この考えが一致する人ならどんな人でも、くらいの探し方がいいと思います(ルックスや年齢で相手を選ばない)


価値観が合う人がいいっていうのは、実は3高(高学歴・高身長・高収入)の男を狙うより難易度が高いんです。なぜならば、自分の考えとぴったり合う人なんてこの世に滅多に存在しないから。生活費の概念というのが具体的にどういうものだったのかわかりませんが、お金に対する考え方の一致が最も結婚する上で大事であればほかの要素は完全に妥協するくらいで探したほうが売れ残りのリスクが低いと思います。


ただ話し合いで解決する場合もあります。全てを自分の思い通りにしようと考えると難しいですが、最初から「合わない人だな」と思ってシャットアウトせずに「自分としてはこう思う」と考えを伝え、相談する姿勢は大事です。


夫婦円満のためにはお互いの歩み寄りの姿勢が大切。優しい表情で相手の話をよく聞いて、自分の考えも可愛く相手に伝えて。


ただお金がらみの考えが1番結婚後にトラブルになりやすいので、ここは大事かもしれません。話しあった末に全く合わないと感じたら、お断りでいいと思いますが、自分の考えとぴったりの人を探していたら一生未婚だとも感じます。


婚活市場で頑張るなら4


過去の栄光は捨てる


若いときにどんなに好条件な男性と交際した経験があったとしても年齢が高くなって自然な出会いでは彼氏ができなくなったと感じたら、男性からの人気はそれほどでもないことを自覚する必要があります。


「元カレと同じくらい素敵な人」にこだわらずに、今、自分に申し込んでくれている男性を大事にしていけば必ず結婚できると思います。


婚活市場で頑張るなら5



相手の見た目のかっこよさや社交能力にこだわらない


見た目がかっこよくて社交能力が高くてそれなりの収入の男性はアラフォーになるとすでに結婚しているか彼女がいることが圧倒的に多いです。


なので「自分と家庭環境が似ている人がいい」という希望条件が最優先の場合、そもそもひまわりさんの場合お育ちがいいので、それなりの人になると思うのですが、そういう仕事がきちんとしている男性を望むのであれば、それ以外の項目はつぶるのが1番の結婚の近道かと感じます。


「収入が600万以上あって、学歴は6大学以上で、見た目が悪くなくて(剥げてなくてデブでもない)、会話のレスポンスができて、身長が170センチ以上で」なんてゆー何拍子もそろったイケメンはとっくに既婚者か彼女あり。


収入は低いけどイケメンとか、収入は申し分ないけれど見た目が残念(背が低い・デブ・ハゲ)とか、長所もあれば短所もあるのがたいていの人なので、収入を重視するならほかの要素は目をつぶるといいと思うし、心ときめく人がいいと思ったら、アラフォーの場合、年収300万クラスであれば多数未婚者がいるので、収入にこだわらない純粋な恋愛をすればいいと思う(うちの主人ちょいハゲで身長170センチ以下ですけど、結婚した今となっては全然気になりません。主人は家族思いで感謝しています。収入が平均より上の男性を狙うなら見た目がそんなにかっこよくない人を狙うといいと思います。相手の身長とか見た目の面を気にしなければ美人さんならアラフォーでも成婚可能かと)


収入も見た目も申し分ない人がいい場合は知人の紹介か自力で探すのが1番いいと思います。良い男ほど婚活なんてしない。金払わなくても勝手に彼女できるから(でも、自然な出会いで彼氏ができなくなってしまった……昔よりモテないと感じて婚活を始めた場合には、高望みしない、何拍子もそろった良い男を狙わないのが1番の正攻法だと思います)


ときどき「価値観が似ている人がいい」とか「育った環境が似ている人がいい」という女性がいます。


これは謙遜して言うケースが多いのですが、本人がお嬢様育ちの場合、その言葉には父親と似たような学歴と年収で(父親が高学歴・平均より高年収な場合、この希望を掲げる時点で難易度高し)、同じような言語で会話ができて、実家もそれなりに資産がある人希望という、恐ろしく高き婚活の壁になることが多いです。


基本的に高年収な男性を射止めている女性というのは20代で結婚しているケースが多いです(ひまわりさんのお母さまが30代で高収入なお父様とご結婚でしたらこの現状をご存じでないかもしれませんが、収入の高い男性ほど早婚傾向な人が多く、仮に独身でも若くて可愛い子狙いする人が多いのです。)なので、好条件男性を狙う場合、婚活市場では苦戦するかもしれないので、あまり高望みしないこと、それが気持ちとして難しいなら、親・兄弟・親族・知人・友人に頭を下げて、婚活していない男性を個人的に紹介してもらいましょう。そのほうが競争率が高くない中で勝負できます。


ひまわりさんが美人で申し分のないお人柄なら喜んで身近な人がたくさん男性を紹介してくれると思いますし、頼んだものの誰も紹介してくれない場合は「これが今の自分の実力なのだ」と謙虚な気持ちで婚活をしてみましょう♡


応援しています♡


個人的にはお父様やご兄弟に紹介してもううほうが「あくまでそれなりに家柄の似ている高収入な男性を狙うなら」確率的には高い気がします。美人なら喜んで紹介してくれる人はいると思うし、いなければ若いときほどモテなくなったのだと自覚してあまり高望みせずに婚活するのが1番だと思います。


辛口な記事になってしまったかもしれませんがm(_ _ )m、でも心から幸せになってほしいと思っております。


ぜひ「結婚しました!」のご報告お待ちしています♡


この文章を読んで「天野の意見、超むかつくー!!」と思われましたら、この怒りを婚活のファイトに変えてください♡


ひまわりさんは家柄の良いお嬢様のようですので、有料の婚活ツールだけに固執せず、お父様やご兄弟のようなハイスぺ男性の個人的縁故をガンガン利用していかれると良いと思います♡


美人な方だと思うので、高望みしなければ必ず結婚できると思います♡

 

それと37歳と40歳の女性では全然会ってくれる男性のレベルが変わります。


37歳だと「まだ子供産んでくれそう」って感じで40代の男性から申し込みがくると思います。でも40歳を過ぎると「もう子供難しいかもなぁ」と男性から思われ、バツイチ子持ち(別れた奥さんとの間に子供いるから別に子供ほしいと思ってない男)とか定年退職真近のおじさん(基本的に50代以上、さすがにこの年で子供できても育てるのたいへんだから子供いらない)みたいな男性との縁談がメインになります。


37歳の今、あまり高望みすることなく決めるのをおすすめします。たぶんですが粘って何年も婚活すると「婚活はじめたばかりのころにきてた縁談のほうがまだマシだったな」と後悔すると思います。


そのくらい女性は「年齢」であしきりを受けやすいです。これが「子供を産む・産まないは関係ない恋愛」と「結婚して家庭をつくる相手を探す婚活」のシビアな違いだと思います。


恋愛では美人であれば年齢に関係なくそこそこモテる、でも婚活は美人でも子供を産めるか微妙な年齢に差し掛かると厳しいということです(40歳過ぎると一周期あたりの妊娠確率が5%とかなり低くなります)。


心よりひまわりさんのお幸せを祈っております。両輪で頑張ってみてください♡


偉そうに書いてしまいましたが、たいして美人でない私ですら結婚できてるので、イケメンハイスペックの王子様のような何拍子もそろったイイ男を狙わず、仮に「収入重視」だとしたら、そのほかの条件は一切捨てる、みたいな「結婚相手に求める条件は一つに絞る」割り切った婚活をすれば必ず結婚できると思います。


自分がいいなと思う男性を追いかけるのではなく、申し込んでくれた男性を大事にする婚活をしてみてください♡


ブログを見てくださってありがとうございます♡


感謝をこめて♡






婚約聖書 (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,728から
(2016/11/12 06:28時点)

紙の書籍ですドキドキ


婚約聖書 絶対に結婚できる三十の法則

電子書籍は250円です。

どうぞ宜しくお願いしますドキドキ



にほんブログ村     

いつも応援ありがとうございます♡

心より感謝をこめて 天野桃子

※婚活相談は現在お休みしておりますm(_ _ )mごめんなさい。