にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ   

いつも応援ありがとうございますドキドキ


目次1目次2目次3目次4


watさん男性の婚活体験記目次



結婚活動報告(wat)

年齢に関する世代ごとの意識の変化

私は婚活をしていた時に驚いた事が有る。
それは、年齢差による意識だ。
30を超えている女性は、私から申し込みをしてもお見合いが成立しない事は多数あったが、それはやはり年齢の近い男性が良いのだろうと納得出来た。

しかし、元々申し込み回数が余ったりした際には、20代前半の方にも申し込む事が多かった。
何故ならお見合いとは意外にもかなりの確率で成立するので、大量に申し込むとお見合いが二ヶ月先とかになるからだ。

私は貧乏性なので、申し込み回数が余っていると使い切りたくなる。その為、残った回数は確率の低そうな方に申し込むようにした。

しかし、なんだかんだで20代後半の方はバンバン申し込んだり、相手から申し込まれたりする事が多く、残ったのは30代半ば以降と20代前半となったのだ。
30代半ば以降にも申し込みをしたが、一瞬で断られることも多く、過去の反省を生かし、やはり同年代は諦める事とした。

結果、私は身の程を知らずも20代前半、つまりは、20歳から25歳に申し込んでみる事とした。
我ながら身の程しらずである。



私は婚活当初、20代前半に申し込む気など毛頭無かった。
何故なら、自分が20代前半の時の30代半ばなど、おっさんもおっさん。というかおじさんである。
申し込みが来ても相手になどするはずが無いからだ。
しかし、モノは試しということも有り、当時の仲人さんも「人によって年齢差は認識がかなり違うので、是非申し込みましょう」というアドバイスであった。

私は当然若ければ良いなどとは到底思っておらず、可愛い、綺麗、のどちらかがある方にしか申し込んでいない。その為当然これまでも振られた事が多数有る。だから、大半が断られると思っていた。

しかし、意外なことに、その一回り下の女性達とは、お見合いも交際も高確率で成立したのだ。

会ってみれば勿論若い若い。新入社員と話してるようで楽しかった。勿論その女性達は、面接の練習にしよう、とか、年上過ぎる人と話す機会が無いので、経験として、という理由が大きいであろうことはわかっている。

話はずれたが、意識が変化して来ている。

最近では、(婚活)という言葉も活動も一般的になり過ぎており、年齢差を受容する文化が定着して来た。
30代前半から半ばの女性達は年齢差を受容しない方が多いように感じる。プロフィールの希望年齢層も大体が3歳だ。
40代以降の女性は同い年から10歳下ぐらいまでの希望プロフィールが多い。

しかし、驚くべき事に、20代前半女性達は30代半ば以降のおっさんと普通にお見合いが成立している。

ちょっと私には考えられない。私と同世代の女性達もおそらくあり得ないと思うだろう。

私が申し込んだ20代前半の女性達は数は多くないが、というか登録者が少ないと言うこともあるが、半分以上お見合い成立している。
これは申し込みをした全世代の中で一番高い確率だ。

現在の若い婚活世代とは、余りに現実的であると感じる。
実際に私の会社の新入社員達は冷静な子が多いが、頭がかなり良い。悟り世代などと言われているが、私が若い頃よりも遥かに優秀で遥かに礼儀正しい。
私が同世代なら手も足も出ないレベルの後輩が続々と入って来ている。
共通しているのは、現実的且つ無駄な理想を持たない、と言うところだ。

もっと上を目指せる!と言う考えは素晴らしいと思う。
しかし、また同じように、
現実を知った冷静な判断を行う能力は遥かに若い世代のが上である。

私は運良く結婚出来たが、理想ばかりを追いかけていて、道半ばで立ち竦む未来もあったのかも知れない。
現在の若い現実的世代に学ぶ事が多くあった。

また、逆に私と同じ30代の男性は無理だと思っても、取り敢えず申し込みだけしてみるのはありだと思っている。


勿論、迷惑になる可能性もあるが、実際にお見合いは成立する以上、あらゆる可能性にかける価値はあるはずだ。

勿論、そんな年下は嫌だ!と言う方には無理強いはしないが、私は取れる手段は取れるだけ取ってみるべきだと思う。

逆に女性婚活者も年下男性でも気になるなら申し込みだけでもしてみるべきだと思う。必ずしも年齢に拘らない男性も沢山いる。

また、個人間の認識がかなり違うので、自己判断はあまり役に立たないと思った方が良い。一回り差を普通に妥協出来る方と、到底無理な方もいる。

何が言いたいかと言うと、自分でブレーキをかけないで欲しいと言う事だ。

多分無理だ、、、というブレーキで得るものなど何も無い。
女性であれば医師や弁護士にバンバン申し込んでみるのもありだろう。
医師だからと言って若い美女を求めているなど分からない。年上女性が好きな医師だっている。

まずはスタートするところから全てが始まるのである。


(watさん)


コメントありがとうございます♡


「30を超えている女性は、私から申し込みをしてもお見合いが成立しない事は多数あったが、それはやはり年齢の近い男性が良いのだろうと納得出来た。」


「30代前半から半ばの女性達は年齢差を受容しない方が多いように感じる。プロフィールの希望年齢層も大体が3歳だ。」


このwatさんのコメントを受けて、お見合い仲人のお手伝いをしていて常々感じたことなのですが、このように年が近い人を望む女性ほど30歳過ぎても結婚が決まらずに売れ残りやすいと思います。


「年の近い男性がいい」こういった感覚の女性は恋愛経験のある人が多いです。


学生時代に交際していた彼氏は同級生や同じ部活の一つ上の先輩、みたいな感じで、年が近い人が多いです。


年が近い男性がいいと思うのであれば、学生時代に交際した彼とゴールインしちゃうのが一番無難だと思いますが、その彼と別れて、自然な出会いで彼氏ができず、婚活しようとなったら、あまり年が近い人を狙っても難しいケースが多いです。


よくこのブログで書いていますが「年収100万円単位=男性と女性の年齢差」という法則があります。


例えば「女性が年収500万くらいの男性がいいと思った場合、5歳以上年上の男性を狙うべき」「逆に年齢差3歳以内がいい場合は年収300万くらいの層を狙うべき」というものです。


年齢高めの女性ほど「年下でもいい」と言います。「同世代で売れ残っている男はあんまりいいと思える男がいない」と過去に私に言ったアラフォー女性がいます。その逆で、アラフォー男性で「30代後半以上で独身の職場の女は微妙なのばっか(だから婚活したい)」と言った男性もいます。(これは男女お互いさまなのかもしれないが)


現実的な話をすると、男性は「年下の女性がいい」という人のほうが多数派です。


ただし例外として、以下のような条件に合致すると男性が年下、女性が年上で成婚するケースもあります。


①女性が婚活市場における人気女性の場合

その女性が男性からの申し込みが非常に多い人気女性で、自分で年下男性に申し込むのではなく、年下男性のほうから積極的アプローチがある場合、女性のほうが年上でも成婚するケースあり


②女性の収入が高く、男性が自分自身の収入だけでは生活が苦しいと感じていた場合

経済的な部分で不安を感じている男性の場合、女性が一家の大黒柱としてしっかり仕事をして稼いでくれると安心だから女性が年上でも構わないという男性もいる


③親を介護中、自営業で人を雇うほど会社が儲かっていないので一緒に家業を手伝ってくれる嫁を募集中、というような感じで、結婚相手に労働力を求めていた場合、あまり結婚相手に条件をつけてもみつからないので女性の年齢はこだわりませんという男性はたまにいる


④女性が20代でまだ若い場合

例えば女性が26歳で、男性が25歳の場合、男性自身もまだ若いので比較的「年が近くてもあんまり気にしない」ということがある。


恋愛のような自然の出会いの場合、見た目年齢から入るので、あまり年齢のことを言われません。

(見た目が若く見えるほうが得!)


しかし、先にプロフィールチェックから入る婚活での出会いの場合、男性は学歴と年収、女性は年齢と容姿をまずチェックされることが多いです(女性が男性の年収や学歴をチェックできる分、男性も女性の年齢やお見合い写真をしっかりチェックして値踏みしてくる。ここは恋愛よりも婚活のほうが露骨でシビアな世界だと思います)。


私はお見合いのお手伝いをしていて、つくづく30歳以上の子より20代の子のほうが結婚する、と感じています。


それは若い女の子のほうが男性から人気があるから、というケースもありますが、年齢が高い女性のほうがその年まで残っているだけあって相手に求める理想が高い傾向がある、と感じます。


なので、自分がいいと思える相手をハントしようとせずに、自分に申し込んでくれた男性を大事にしていくといくつになっても成婚できると思います。


でもそれができずにいつまでも王子様のような男性を望んでいる女性ほど一生未婚フラグだと感じます。


「桃子さんはよく高望みするなって言いますが、高望みってどういう状態ですか?」と聞かれたので回答すると「自分が申し込んだ男にはフラれ、申し込んでくれた男はフリ続け、婚活を数年する状態が高望み」だと思います。


これは自分の実力以上の人を狙っている状況なので、早い段階で結婚相手に求める希望条件を見直したほうがいいと思います。


年齢が高くなればなるほど自分より年下の若い女の子たちがどんどん婚活市場に参入してくるので、(あくまでも自分が少しでも条件の良い男性と結婚したいと思った場合)年齢が上がっていくほど自分が不利な状況に追い込まれます。


特に30代後半になってくると、36歳と39歳ではかなり申し込み人数が違います。


36歳だとまだ子供産んでくれそうかな、と思う人が多いのに対し、39歳だと結婚するころには女性が40歳になってるかもって感じで結婚を躊躇する人は多いです(もちろんごく稀に子供はいらないという男性もいますが、これは収入があまり高くない男性が割合的に多く、高収入男性を狙う場合、アラフォー女性はかなり年上を狙わないと難しいです)


子供はほしくないという男性はそもそも結婚願望自体がない人が多いです。籍は入れずに恋人との関係を楽しみたいタイプ。


そういった意味で40歳前後の女性が一番もしかしたら婚活で苦しいかもしれません。


過去に40代の女性が「イクメンの男性と結婚したいです」と私に言ったことがありました。


私は「友達紹介とかで自然な出会いも開拓していくといいよ」と彼女に伝えました。


なぜなら本気で子供が大好きで「結婚したら絶対に子供がほしい。子供が生まれたら嫁以上に子育てを頑張るぞ!」こんなふうに考えているイクメン思考の男性が40代の女性をお見合い相手に選ぶことはまずないからです。


本気で育児をやってみたい男は40代の女性の妊娠確率の低さを知っているので(あくまで1周期あたりの妊娠率が5%と低いというだけであって、中には産んでいる人ももちろんいるが)、30代半ばくらいまでの女性をターゲットにする傾向があるのです。


イクメンがよければ自分が若いうちにパートナーを探すべし!


30代の女性のほうがお見合いが成立しにくいというのは、若い子狙いをしている男性がいることも事実ですが、それ以上に年齢が高くなっても独身の女性のほうが20代で結婚している人よりも理想が高い傾向があるというのも一因だと感じます。


逆にいうと理想を下げて、申し込んでくれた男を大事にしていけば、成婚の可能性は十分にあると思います。

 

私は最高で13歳差の男性とお見合いしたことがあります。

お相手は旧帝国大学をでて有力銀行にご勤務のたいへんご優秀な人でしたが、けっこうプライドの高い方なのか自慢話にしか聞こえない話題が多く(だからこそこれだけ優秀なのに独身だったのかもしれませんが)ちょっと無理……とお断りしてしまいました(おまえ、何様なんだよ……と怒られそうだっぺ)


でも、そんなエラソーなことを言う私も、仲人様から男性が私をお断りした理由について「仕事で成果をあげた話をたくさん聞かされて、そのまま一人で仕事を頑張ってくださいって思いました」という男性からの報告の話を聞かされました。


塾の講師時代、利益率のアップに貢献しボーナスが上がったことが嬉しくてその話をお見合いの席で男性にしてしまったのだが、それはとても「この女性を守ってあげたい」と男性が感じるような庇護欲をそそるものではなく、鼻につく話だったようだ……チーン。


婚活相手の男性はお嫁さんを探しているのであって、ビジネスパートナーを探しているわけではないので、仕事デキる女アピールはいらない、それよりも家事できますアピールのほうがはるかに有効だ。


言われたときはめっちゃムカついたが、今思うと一番男性が嫌うようなことをしていたな……と思う。


男性はほめて立てるべきである。


私は6年もだらだらと婚活してもうたダメ女だが、自分が数々の失敗をしたからこそ今思うことは、理想高めで異性のニーズに合わないことをする変な男と女がいつまでも婚活市場で売れ残り、結婚できないのかもしれない……。


①高望みしないこと(自分が男性に申し込むのではなく、自分に申し込んでくれた男を大事にする)

②オシャレ(ヘアスタイル・メイク・ファッション)を大切にして外見を整えること

③デートでは男性を立て、家庭では家事を勉強し、男性から好かれる努力をすること


この3点セットを同時に頑張れば女性はいくつになっても必ず結婚できると思うのだ。

watさんありがとうございます♡


いつもブログを見てくださってありがとうございますm(_ _ )m


【isaribi2015さん】


個人的な感覚ですけど、女性22,3歳で10歳上として32,3歳なら、そこまでおっさんでもないと思うし、収入も安定しているころなので女性の同年代の男性と比べて大人の魅力でワンチャンありそうな気がします。女性28,9歳の場合、男性が38,9歳になるのですが、それだと同じ年齢差でも前者より可能性が低く感じるのは気のせいでしょうか。


(isaribiさん)


おっしゃるとおりかと。私は23歳から29歳まで婚活しましたが、自分が20代前半の頃は10歳年上の男性にあまり抵抗がなかったです。むしろ30代前半の年上のお兄さんに魅力すら感じました(←これは相手にもよりますけども)。


でも自分が27、8歳になると許容範囲は30代前半くらいまでの人がいいと思い、自分が年をとればとるほど年上を狙ったほうがいいのに逆に年が近い人を希望したくなりました。


私は女性には若さをウリに早く婚活したほうが得ってよくブログに書いているんですけど、男性の場合は収入がそれなりにないと女性を選べなかったりすることも多々あるので(大手にご勤務で最初から給料が良い方なら一切問題ないのですが)、中途半端に婚活を始めるよりもまずはしっかり貯金をして年収もあげて(子供が生まれると忙しくてゆっくり勉強できないので)会社で取得をすすめられている資格があれば先にとって(男性の場合は難しい資格を書いていると女性からの評価が上がる)結婚できる準備をしてから始めるほうがかえって良いケースも人によってはけっこうあると感じます。


isaribi2015さんいつもありがとうございます♡




婚約聖書 (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,728から
(2016/11/12 06:28時点)

紙の書籍ですドキドキ


婚約聖書 絶対に結婚できる三十の法則

電子書籍は250円です。

どうぞ宜しくお願いしますドキドキ



にほんブログ村     

いつも応援ありがとうございます♡

心より感謝をこめて 天野桃子

※婚活相談は現在お休みしておりますm(_ _ )mごめんなさい。




AD