みなさん、こんにちは。

松田宗士です。

 

 

 

お試し・傾聴カウンセリングの

ご案内をさせていただきます。

 

 

お申込はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お試し・傾聴カウンセリングを行う目的

 

今回、私がこの企画を行う目的は、

 

「あなたの悩みを吐き出させること」

です。

 

 

 

まず、私があなたに問いかけたいこと

 

それは、、

 

 

「ここ最近、誰かに話を聞いて

もらったこと、ってありますか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感じていることを、話したいけど、

家族や職場の人や友達に話すのは、

 

「ちょっとな...」

 

 

 

実際に話してみて、

その場ではスッキリするんだけど、

しばらくすると、

 

「なんかな...」

 

 

という感覚ってありませんか?

 

 

 

大人になると、色々と話すのは

難しくなってきていると思うんです。

 

 

 

それは、家族や職場の人や友達を

信頼していないとかではなくて、

 

第三者だからこそ、

話しやすいことってあると思うんです。

 

 

 

家族や職場の人や友達に対しては、

どうしても世間体や見栄やプライドが

邪魔をして話しづらいと感じたり、

 

後は、「何か、悪いなぁ。。」と思って、

遠慮してしまったりするのは、

当然のことだと思います。

 

 

 

そのために、私のような

程よい距離感のある第三者が、

必要なんだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今課題を感じていても、

そこをいきなり解決とか云々の前に

まずは自分の感じていることを

話し切ってみると、

 

また違った自分に出会えますし、

よかったらそういった体験を

一度してみませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お試し・傾聴カウンセリングを通して得られるもの

 

箇条書きで書くと、こんな感じです。

 

 

・今の想いを整理し、現在地を

確認することで、

次に向かって進んでいける、

エネルギーを得られます。

 

 

ということで、

 

そういうあなたに出会えます!

 

 

 

具体的に何をするのか?

 

このカウンセリングは、

実にシンプルです。

 

 

 

今あなたが抱えている、誰にも言えなくて、

モヤモヤした想いを吐き出すだけです。

 

 

 

基本、あなたは話しているだけで大丈夫です。

 

 

 

時折、ここは?というときがあれば、

こちらから質問をさせていただくことも

ございますが、そのときはきちんと、

間を考えながら、事前にその旨お伝えして、

質問させていただきます。

 

 

 

但し、どうしてもお話したくない

ことでしたら、

 

その旨、おっしゃってくだされば、

それで大丈夫です。

 

 

 

またカウンセリング終了後には、 

「心のまとめシート」

プレゼントしております。 

 

 

このシートは、「カウンセリング内での

重要なポイント」と、「私自身が感じたこと」をまとめてお渡ししますので、

メモも特に不要です!

 

 

お申込はこちらをクリック

 

 

 

お客様の声

 

実際に受けていただいた方から

こんな感想をいただいています。

 

 

 

本来、私は人と話すことが

あまり得意ではありません。

というか、むしろ苦痛にすら

なってしまうことがあります。

 

若い時は、ガンガン外に出て

人と会ってワイワイ騒ぐのが

好きだったんですけれど(笑)。

 

いつの間にか、

一人でいることがいちばん

好きになっていました。

 

そんなこんなで、人と会っても、

もっぱら人の話の

聞き役になることが多くて、

自分の話をすることは

あまりなかったりします。

 

相談を持ちかけたりするのも苦手で、

つい自分から聞き役を買って出て

しまうのかもしれません。

 

そんな感じなので、

何度か松田さんとお会いして、

自分のことをいろいろと話している

自分自身がなんだか不思議で、

うれしくて、心が軽くなるのを感じています。

 

人の話を「聴く」というのは、

なかなか難しいことだと思います。

 

私は聞き役にまわることが多いと言っても、

実は時々あまり話を聞いてないこともあって、

聞いているフリをしていることさえあります

(ひどい。。笑)。

 

でも、松田さんは、本当に「聴く」ことが

できる方なのだと思います。

 

なかなか、できないことだと思うのです。

本当に「聴く」って。

 

つい、話の途中で口を挟んでしまったり、

話を聞きながら次に自分の言うことを

頭の中で考えていたり、

途中で退屈になってしまったり、面倒になって

結論を急かしてしまったり、

相手の相談にのっているつもりがいつの間にか

自分の相談になっていたり。。

 

挙げればキリがありませんが、

それだけ、人の話を聴くということは

難しいことなのだと思います。

 

そういうわけで、私は今まで、

人の話を真剣に聴いたことがあっただろうか、

逆に、誰かに真剣に自分の話を

したことがあっただろうか、なんてことを

何度か松田さんとお会いして、

あらためて思ったりしました。

 

自分の思いを聴いていただいた

安心感はもちろんですが、

それだけではなくて、

これから私が誰かに

相談を持ちかけられたときに、

どうしたらよいかについても、

いろいろと得るものがありました。

 

一人でいる時間も好きだけれど、

誰かと話す時間もいいものですね^^

今回、とくにそんなふうに感じました。

 

あっと、長くなりましたが、

カウンセリングを受けさせていただいた

喜びと感謝が

お伝えできれば嬉しく思います。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

H.Aさん(会社員)

 

 

 

私からみなさんへ、メッセージ

 

カウンセリングは弱い人が受けるもの、

と思われる風潮があるけど、

私はそうではないと思うんです。

 

 

 

「もっと自分の心に正直でありたい」

「もっと自分を大切にしたい」

「もっと自分と向き合っていきたい」

 

 

という人が、むしろ私のカウンセリングを

喜んで受けてくれるので、

 

弱い人ではなく、「強い人」

だと思うんです。

 

 

 

もしこれを読んでくれたあなたにも

同じような気持ちがあったら、

ぜひ一度お話しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングの概要

 

▶日程

お互いの都合のいい日時で

調整させていただきます。

最大でも90分の予定です。

途中休憩も入れます。

 

 

▶費用

通常は、11,000円(税込)ですが、

 

初回はお試し価格として、

5,500円(税込)

体験いただけます。

※セッション後、心のまとめシート付

 

 

▶カウンセリング方法

Zoom、Skype

(対面ご希望の場合は

都区内に来ていただける方)

 

 

▶キャンセルポリシー

ご入金いただいた段階で、

正式受付といたします。

 

キャンセルは3日前までに

お願いいたします。

 

・3日前まで:

キャンセル料なし

 

・2日前キャンセルの場合:

メニュー料金の50%

 

・前日キャンセルの場合:

メニュー料金の60%

 

・当日キャンセルの場合:

メニュー料金の70%

 

・連絡なし無断キャンセルの場合:

メニュー料金の100%

 

 

▶ご注意事項

本カウンセリングは医療行為ではありません。

精神疾患のある方は、医師とご相談の上、

その旨、私に伝えていただき、

最終的に私の方で判断をさせていただきます。

 

 

▶参加方法

お申込はこちらをクリック

 

 

 

 

 

よくいただく質問をまとめてみました

 

 

 

 

 

 

Q1:「うまくまとまって話せない私でも、

申し込んで大丈夫ですか?」

 

A:「もちろん大丈夫です!

心の交通整理は私の役目です。

あなたのペースであなたから

発する言葉を拾わせていただきます。」

 

 

 

Q2:「人見知りなんですけど、

それでも大丈夫ですか?」

 

A:「そのような方とお話する機会も

多いので、大丈夫です!

お話しやすい環境をご提供いたします。」

 

 

 

Q3:「今回のカウンセリングで悩みは解決しますか?」

 

A:「解決を目的とはしていません。

話し切っていただく体験をすることで、

自分の心と向き合い、

新しい自分に出会うことができます。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、

お会いできるのを楽しみにしております。

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

ご質問はこちらへ

 

みなさん、こんにちは。

松田宗士です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月17日の20時より

Zoomにて

 

第3回

大人のしゃべり場 えんがわを

開催しました!

 

 

 

 

 

過去の開催内容と

えんがわの趣旨についての

記事はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回 えんがわを開催してみて。。

 

参加者2名のみなさんに

ご参加いただきました!

 

 

 

おひとりの方から

感想をいただきました!

 

 

 

参加させていただきました。

ゆるりゆるゆる楽しく会話をする会。

初めましての方もいらっしゃいましたが、

こういうのを一期一会

というんだなぁと思ったり、

やっぱり人生楽しくしたいなぁと思ったり。 

結局変われるかどうかって

自分次第だよね、って話。

楽しかった!ありがとうございました!

(Y.Mさん)

 

 

 

2人共、初対面。

 

 

それでも自然とゆるゆると

お話をしていて、

私抜きで2人で盛り上がったり。

 

 

 

誰が仕切るとか、

そういうのは要らないのです。

 

 

 

私はただ、

参加者のみなさんに

場を提供したいだけ。

 

 

 

今回も、

その役割に徹することができ、

 

改めて、

私の役割は

そこなんだな!と。

 

 

 

前回、

ご参加いただいた方から、

このような推薦文を

いただきました!

 

 

 

以前、一人暮らしの男性が

「もう4日誰とも話していないけど、

ふと声は出るかなと試して出てほっとする」

と仰っていたのを聞いた事があります。

このコロナ禍、更にこの様な方が

増えているのではと思います。

 

 

 

やっぱり、

場を求めている人が

多いんだな!と実感。

 

 

 

ということで、

 

 

来月も開催します!

 

 

 

来月は、

10月15日 20時より。

 

 

 

ご興味のある方は、

「お問い合わせ」で

ご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

現在提供中のメニューです!

 

 

ご質問はこちらへ

みなさん、こんにちは。

松田宗士です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、

前回の続きです。

 

 

 

前回の記事は、

こちら!

 

 

 

 

 

傾聴カウンセリングでどう対処したのか?

 

森川さんは、

マネージャーと言っても、

 

今では当たり前になっている

 

プレイングマネージャー、

 

と言ったほうが

正確かもしれません。

 

 

 

自分が、

売上を引っ張っていくことに

対しては問題ないんですが、

 

部員の事を考えると

今はちょっとその役割を

やるべきではないのでは?

 

との想いを伺うことができました。

 

 

 

そして、

 

自分が一線を離れれば、

取引先にも迷惑が掛からないので、

そういう意味でも、

自分が下りるというのは

理にかなっているのではないか

 

ともおっしゃっていました。

 

 

 

確かに、

理屈ではそうですが、

 

そうすれば完全に、

 

森川さんに非がある

 

ということにもなってしまいます。

 

 

 

私は、

それでも構わないのかを

確認しました。

 

 

 

そうすると、

 

黙ってしまいました。

 

 

 

傾聴中は、

別にクライアントが

黙ってしまっても問題はありません。

 

 

 

というか、

むしろここにクライアントの

本音が隠されています。

 

 

 

しばらくすると、

 

森川さんは、

 

「無念です」

 

と言われました。

 

 

 

きっと、

 

もうどうすることも

出来なかったのでしょう。

 

 

 

ただ、

 

私は、

ここにひとつの本音が

分かりました。

 

 

 

森川さんは、

 

きっと今まで通り仕事が

したいんだな

 

と私には伝わってきました。

 

 

 

ここで、

 

私からその旨、

質問をしました。

 

 

 

そうしたら、

 

やはり今まで通り

仕事がしたい!

 

という反応がありました。

 

 

 

であれば、

 

その旨、

上司にご相談するべき

であるとお伝えしました。

 

 

 

今まで、

 

私に話していただいたことを

洗いざらいお話をしてください、

とお願いしました。

 

 

 

しかし、

 

ただ話せばいい

ということではありません。

 

 

 

森川さんは、

管理職という立場ですから、

 

当然落としどころの

提案をする

 

必要があります。

 

 

 

そこで、

 

また傾聴に戻り、

お話を伺いました。

 

 

 

そうしたら、

 

部員がこれからも変わらずに

営業活動を精一杯して欲しい、

 

ということと

 

取引先の身の安全を

確保したいとのこと

 

を強く望まれていました。

 

 

 

それであれば、

 

プレイングマネージャー

という立場ではなく、

 

マネージャー

という立場に

 

軸足を移すことで

対応可能ではないか、

 

と思いまして、

その旨お伝えしました。

 

 

 

ここで、

傾聴を終えました。

 

 

 

要した時間は、

途中休憩を挟み、

 

およそ90分程度でした。

 

 

 

森川さんのその後はどうなったか?

 

傾聴が終わってから

10日ほど経って、

 

ご連絡をいただきました。

 

 

 

お話の内容は、

次の通りです。

 

 

 

森川さんはコロナが終息するまでの間、

営業の現場からは離れ、

部員の営業管理に専念する。

 

この間、

 

部員の営業活動の中で

クレームが発生した場合のみ、

取引先に同行し、部員のサポートをする。

 

ワクチン接種の推進は

営業管理の立場で森川さんが行うが、

上司がサポートをする。

 

ワクチン接種については、

ワクチン自体は決して否定はしないが、

最終的には個々人の判断とする。

 

但し、ワクチン接種をしない場合は、

PCR検査の積極的実施を含めて、

感染予防を今以上に徹底する。

 

 

 

という内容で決着したそうです。

 

 

 

今回は、

かなり穏健的に決着しましたが、

 

このケースは、

かなり稀なケースかもしれません。

 

 

 

あくまでも、

 

会社には会社の立場があります。

 

 

 

それでも今回は、

 

森川さんが、

プレイングマネージャー

という立場ではなく、

 

マネージャー

という立場に軸足を移す

 

ということが

決め手になったそうです。

 

 

 

「こういうご時世だからこそ、

みんながみんなの立場を理解し、

受け入れる。

 

周りの人は決して敵ではありません。

コロナというものが発生したことで、

気が付けたのかもしれません。」

 

 

 

そのようにおっしゃっていた

森川さんの明るい声が、

大変印象的でした。

 

 

 

傾聴カウンセリングで

ここまで対処できたことに

私自身も嬉しさが隠しきれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

現在提供中のメニューです!

 

 

ご質問はこちらへ

みなさん、こんにちは。

松田宗士です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近よく聞く、

 

「同調圧力」

 

という言葉。

 

 

 

今年のトレンドワード

かもしれませんね。

 

 

 

これは、

 

新型コロナウイルス感染防止の

一環として今年から政府が

推進しているワクチンが始まりです。

 

 

 

ワクチンというものが

クローズアップされて、

 

新型コロナウイルスに対して、

国民一人ひとりがどうすべきかを

考えるきっかけともなりました。

 

 

 

そこで、

 

壁にぶち当たったのが、

「同調圧力」という

とても大きな壁です。

 

 

 

確かに、

ワクチンを発端に、

 

同調圧力について

考える機会に恵まれた方が

多いと思いますが、

 

元々、

 

日本社会は、

同調圧力の社会とも

言ってもいい社会です。

 

 

 

今更始まったことではありません。

 

 

 

でもこれが、

 

事態をとても深刻にしている

面があります。

 

 

 

そこで、

 

今日ご紹介するクライアントさんですが、

 

社内でとある同調圧力に

悩まされている30代の会社員の

男性のお話をご紹介します。

 

 

 

これを読めば、

 

会社員の方だけではなく、

 

 

同調圧力に対して、

 

どのように対処すれば

関わる全ての人に

角が立たずに済ませるのかが

分かります。

 

 

 

管理職としての立場と私人としての立場の両立は難しいのが現実

 

今日ご紹介するのは、

35歳会社員男性の森川さん(仮称)

という方です。

 

 

 

森川さんとの出会いは、

3年ちょっと前、

 

知人のご紹介で、

一度お会いしました。

 

 

 

そのときは、

 

婚約をした直後で、

 

結婚後の生活について

ご相談を受けていました。

 

 

 

森川さんとはその後、

特にお会いすることはなかったのですが、

 

先日ご連絡をいただき

お会いしました。

 

 

 

結婚生活は順調で、

会社でも管理職に

昇進をされていて、

 

公私ともに順調な感じでした。

 

 

 

ところが、

 

あることが原因で、

状況が厳しく変化いたしました。

 

 

会社から言われたワクチン接種推進のお願い

 

森川さんは営業部の課長さん。

 

 

 

外回りが基本の

ルートセールス型の営業です。

 

 

 

コロナ禍でも

基本的に取引先は固定ですので、

大きな売上の変化はないのですが、

 

取引先への訪問を

コロナ禍以前の3割減の活動を

余儀なくされていました。

 

 

 

これを通常の営業活動に戻すべく、

 

会社から

ワクチン接種の要請がありました。

 

 

 

元々、

 

森川さんは持病があるので、

今回は未接種の予定でしたが、

 

部員にワクチン接種を

推進する上で、

自分が未接種だと

推進しにくいというご相談でした。

 

 

 

実際、

 

部員からは、

 

「ワクチンを打たない森川さんからは

言われたくない」

 

という声が公然と上がり、

立場が悪くなっているそうです。

 

 

 

そんな状況で、

 

私のところに連絡をいただき、

お話を伺いました。

 

 

 

これが同調圧力の怖さ

 

 

部員は、

 

森川さんの持病については

理解しているのですが、

 

取引先の安全を考えたら

理解しにくいところもあって、

部員も困っているそうです。

 

 

 

実際は、

 

取引先からは、

ワクチンを接種するのかしないのかは

聞かれたりはしないのですが、

 

もし商談中に感染させてしまったら

責任が取れないということが

部員の心に重くのしかかり、

 

結局は、

 

ワクチンを打たない森川さんからは

ワクチン接種をお願いされたくない

という雰囲気に変わっていったそうです。

 

 

 

初めは、

 

理解をしていた部員が、

結果理解できないという

反対側の流れになってしまうこと。

 

 

 

これが、

 

同調圧力の怖さです。

 

 

 

これは、

 

部員のみなさんが

悪いわけではありません。

 

関係者一同、

懸命に考えた末の

結果でしかありません。

 

 

 

ただ、

 

当事者の森川さんに

してみたら、

 

精神的ダメージが

大きいことは言うまでもありません。

 

 

 

続きは、次回へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

現在提供中のメニューです!

 

 

ご質問はこちらへ

みなさん、こんにちは。

松田宗士です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月20日の20時より

Zoomにて

 

第2回

大人のしゃべり場 えんがわを

開催しました!

 

 

 

 

 

前回の開催内容と

えんがわの趣旨についての

記事はこちら!

 

 

 

 

 

第2回 えんがわを開催してみて。。

 

参加者2名のみなさんに

ご参加いただきました!

 

 

 

終始、和やかにおしゃべりが

できました!

 

 

 

感想のご紹介です!
 

 

語学、旅行、教育なんかを

ゆる〜くお喋りしあって楽しかったです。

新しい交流大好き。

まさか松田さんに

〇〇大学留学経験があるとはっ。

来月も開催予定だそうで、

ゆるゆるお喋り好きにはおすすめですよ〜

(S.Mさん)

 

 

 

今夜は松田さんの大人のしゃべり場

『えんがわ』に立ち寄らせて頂きました。

 何気無い雑談を家族以外の人と

文字での会話ではなくリアルに

お話がしたいなと思い

ふらりと入れて貰いましたが、

こんな感じで何を話そうと

用意無くとも毎回楽しく過ごせます。 

今後も月一開催との事。 お勧め♪

(Hさん)

 

 

 

ということで、

 

知らないもの同士ですが、

 

だからこその

新鮮な発見や新たな視点があって、

これがまた面白いんです!

 

 

 

このような場って、

ありそうで、

 

実は、

なかったりするんですよね。

 

 

 

あえて話題も用意せず、

その時ご一緒した人と

自然と生まれる会話を楽しむ。

 

 

 

年齢も性別も

職業も肩書きも関係無く、

ゆるくお話ができる場って、

大切だと思います!

 

 

 

来月も開催します!

 

 

 

ご興味のある方は、

「お問い合わせ」で

ご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

現在提供中のメニューです!

 

 

ご質問はこちらへ