神戸ファッション美術館へ。

 

開催中の『息を呑む繊細美 切り絵アート展』へ行ってきました!!

 

蒼山日菜(あおやま ひな)さんをはじめ、国内外で活躍する切り絵作家11人の作品110点を展示。

切り絵といっても作者によって作風や手法が違っていて、それぞれ個性あふれています。

切り絵とは思えないような繊細で超絶技巧の切り絵ワールドを楽しんできましたニコニコ

 

印象に残った作品をご紹介しますねドキドキ

 

入口すぐに、古堅ちひろさんの紙でできたアクセサリー「Papar Jewerly」。

 

倪瑞良(にい・みずよし)光陰の理~ときのことわり~

 

倪瑞良(にい・みずよし)薔薇色の季節

ミュシャを思わせるような優美な作品ですね。

 

蒼山日菜

この方の作品は、どれも繊細でまるでレースのようで質感がスゴイ!

「レース切り絵」として世界的に評価を受けていらっしゃるそう。

10作品展示していましたが、どれも印象的でしたラブラブ

 

柳沢京子 抒情する蛍

 

紙の技(カミのワザ)を神業(カミワザ)で爆  笑

奥深い切り絵の世界観とその技に引き込まれました照れ

 

 

~息を呑む繊細美 切り絵アート展~

会場:神戸ファッション美術館

会期:2019年1月12日~3月24日

http://www.fashionmuseum.or.jp/