【2013/5/4 世界タイトル前哨戦】 | 八王子中屋ボクシングジム interview room
2013-05-03 00:46:11

【2013/5/4 世界タイトル前哨戦】

テーマ:荒川仁人



$八王子中屋ボクシングジム interview room





2013/5/4(土)後楽園ホールにて行われる、
『第37回ファイティング・スピリット・シリーズ/第513回ダイナミックグローブ』で
ノンタイトル10回戦を行う、
荒川仁人選手へのインタビュー。
<2013/4/30 18時頃~ 八王子中屋ジムにて>


CS放送日テレG+ 『ダイナミックグローブSP』で
5月9日(木) 22:00~25:00 放送予定





━━━━━━━━━━━━━─━─━─
Nihito Arakawa

 WBC世界ライト級1位
 WBO世界ライト級5位

 第44代 OPBF東洋太平洋ライト級チャンピオン
  2011年10月4日 獲得
  2度防衛後、2013年3月 返上

 第56代 日本ライト級チャンピオン
  2010年4月22日 獲得
  3度防衛後、2011年8月 返上

 26戦23勝(15KO)2敗1引分
━━━━━━━━━━━─━─━





●こんどう
対戦相手、パクプーム・オーベンジャマッド(タイ)についての情報は少ないですが、
仁人さんにとって約半年ぶりの試合、日本では昨年8月以来なので、
楽しみにしているファンも多いかと思います。


今回の試合の位置づけと戦い方は?




●仁人
試合には、今までのキャリアの中で一番強い相手だと思って臨みます。
ただ 相手云々ではなく、意識しているのは常に、自分の
ボクシングのレベルを上げていくこと。
5月4日のリングで、それを少しでも体現できればいいなと。




●こんどう
昨年11月 メキシコシティで行われた、ダニエル・エストラーダ(メキシコ)との
WBC世界ライト級タイトル挑戦者決定戦 ―いま振り返るとどうですか。




●仁人
日本でやるよりも、変なプレッシャーがなくて良かったし、
昔見たWOWOW『エキサイトマッチ』の、リングの中に自分の夢を見つけた…―そして
そのレベルの舞台に自分が立てる、っていうことでワクワクして、期待する気持ちが強かったです。




結果自体は残念だし、100%できたとは言えないですけど
終わってみれば楽しめたところもあるし、
意味のある試合はできたと思います。




●こんどう
試合結果とその後の経緯については(今回の試合プログラム掲載内容より。)
ざっくり以下の通り、でよいですか。



※数字はWBC世界ライト級ランキング



荒川1位、エストラーダ2位

エストラーダが荒川に負傷判定勝ち
エストラーダ1位、荒川2位

WBCから再戦指示

エストラーダ陣営は再戦を断る
荒川1位、エストラーダ2位




●仁人
はい。結局、戦う前とランキングは何も変わらなくて、
俺の負けが1個増えただけ~!?って感じです(笑)。




●こんどう
エストラーダのコンディション等は、どう感じましたか。



●仁人
なめていたのかも。向こうから見たら無名の日本人ボクサーだし。
強力なスポンサー(TELMEX=メキシコの大手通信会社)がいて
地元での興行だから、「世界を狙うエストラーダの強さを見せてやるぜ」みたいな雰囲気の中で、
空気読めない日本人が孤軍奮闘しちゃったー、みたいな(笑)。



$八王子中屋ボクシングジム interview room




●こんどう
エストラーダ戦はWOWOW『エキサイトマッチ』で放送されるという話もありましたが、
何かの事情で?実際には放送されませんでした。



そのWOWOW『エキサイトマッチ』が
仁人さんがボクシングに興味を持ったきっかけであり、
好きなボクサーは フェリックス・トリニダード ということですが
どんなところが好きですか。



ちなみにロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太選手も、
『エキサイトマッチ』を昔から見ていてフェリックス・トリニダードが好き、らしいです。



●仁人
勝ちに積極的なところ。下がるっていうことをしなかった。
常に前に出て、自分から仕掛けていくので。



何よりトリニダードがすごかったのは、左フック!!
ジャブと同じタイミングで(リードブローとして)左フックを出して、それが当たるんです。
おかしいんですよ(笑)。なんで当たるのか、っていう。
伏線を張って…意識の逆をついて、っていうんならわかるんですけど。
ジャブと同じ感覚で出して当たるって。何だそれ??(笑)



フェルナンド・バルガス対フェリックス・トリニダード が、一番好きな試合です。
1ラウンド目から「うぉあ゛~!」って。




●こんどう
今回の試合に勝って、何事もなければ、次は世界タイトルマッチになる?



●仁人
そうですねー。
現チャンピオンのエイドリアン・ブローナー(アメリカ)は
6月にウェルター級のタイトルに挑戦する予定があって、
そうなればライト級のタイトルは返上するはずなので、
空位になったタイトルの王者決定戦をやることになると思います。



2位のエストラーダがもしやらないなら、
アントニオ・デマルコ(メキシコ)やホルヘ・リナレス(帝拳)
あたりとやる可能性もあります。




●こんどう
八王子中屋ジムでは先日から、「荒川仁人の世界挑戦に向けて」スポンサーを募集していますが
スポンサーは何件かついたのでしょうか。




●仁人
わからないですけど、トランクスに何か縫いつけるって言ってたから、ついたのかな?
これから、世界を狙っていく上では -特に日本で世界戦をやる場合には- 必要だということで…
でも最終的にスポンサーになってもらえるかどうかは、
僕の試合を見て、世界(チャンピオン)っていう夢を見れるか?
にかかってると思いますし、そういう意味でも今度の試合は大切。



そしてもちろん、デビューの時からずっと応援してくれてる人達もいるので。
応援してくれてる人達に、世界戦の舞台に立つっていう
形での恩返しができるように、
努力していきたいです。







$八王子中屋ボクシングジム interview room



こんどうさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス