ベトナムで一番有名な日本語は?日本の昔の世代は皆知ってます。 | 近藤昇ブログ エマージンググローバルエリアを奔る

近藤昇ブログ エマージンググローバルエリアを奔る

「エマージンググローバルエリアを奔(はし)る」ブレインワークスグループCEOの近藤昇が、日本とアジアをはじめとするエマージンググローバルエリアに対する思いを発信します。

昨日からベトナムです。

久しぶりに空港近くのホテルに泊まってます。

このあたりは、何となく15年ぐらい前のホーチミンの雰囲気が残ってます。



今のところ、日本人も殆どいない。
言い方を変えると日本人が集まる場所ではない。

しばらくローカルな風景を眺めながら、2ヶ月ほど前の出来事を思い返した。

2ヶ月ほど前、訳あって、日系の不動産屋さんに、
サービスアパートメントを案内してもらった。


その時に担当してくれたのが、

20代前半の女性社員。
会話が弾み、彼女は大学生の時にベトナム🇻🇳にインターンに来て、ここに一目惚れ。

卒業してダイレクトに現地採用で今に至る。

ホーチミンは人気で

同世代の若者が結集してます。と。


こんなこと、

20年前ではあり得ないし、10年前でも考えられなかった。
わずか、1時間程度一緒に行動したが、
つくづく、時代は変わったなと。

ベトナム🇻🇳も、いよいよ日本人が身近な存在に感じて来たのを実感した。 


実は、彼女との会話で、もっと印象的だった事がある。
それは、AJINOMOTOだ。


彼女はローカルレストランによく行くようで、
地元の人たちは、

日本人だと分かると、
AJINOMOTOと自分に話しかけてくるんですよ。嬉々として話す。


富士山でもサムライでも忍者でもない。トヨタでもホンダでもない。のである。
彼女には言わなかったが、
実は、私はAJINOMOTOネタは15年前からセミナーの鉄板ネタで使って来た。もう100回は軽く使った。私自身はそろそろ飽きて来たし、ベトナム人もさすがにAJINOMOTOは過去のものと思ってた。



今になっても、彼女が楽しそうに話してた姿が忘れれない。

今の私には、AJINOMOTOネタは彼女の新鮮な体験に変わった。
だから、またこのネタが私にとっても新鮮になった。


ついつい調子に乗って、

余計なお世話でルワンダ🇷🇼のことを紹介した。

感度の高い彼女が次はどこに行くのだろうか?

縁があればどこかで、再会もありそうだ。


ベトナム🇻🇳では、私たちの子供の頃と一緒で、何から何まで味の素で調理する。だからベトナムの国民が一番知っている日本語なのです。

知る人ぞ知る事実なのである。