現場の反対は当たり前!業務改善を始めるポイント | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

 

先月から長期にわたり、「見える化」による業務改善の手法についてお伝え

して参りました。

 

最後に、業務改善をスムースに進める3つのポイントをお伝えします。

1.プロジェクトチームは5名以内で

まず、業務改善をする際に、中心となって動くプロジェクトメンバーを選出する

必要がありますが、人数は5名以内にしましょう。

 

試しに「8時間シート」を机の上に広げ、議論を交わすことをイメージしてみてください。

大人数では、意見がまとまらず、非常にやりづらいと思います。私はこれまでの経験

上、5名以内が理想の人数であると考えています。

 

2.短期間で行う

業務改善のためとはいえ、現場に新たなルールを導入することは、ある程度負担が

かかるものです。

特に、プロジェクトメンバーは、業務時間外に打ち合わせをすることも増えるでしょうが

スタッフが疲弊しては本末転倒です。議論に時間をかけても生産性が下がるだけですから

概ね3か月以内にプロジェクトを終わらせることを目安にしましょう。

 

3.1か月は試験期間として考える

現場に新たなルールが導入されるときは、慣れないうちはかえって負担になることも少なくありません。

 

例えば、「リアルタイムボード」を導入したにも関わらず、マグネットを外すことを忘れてしまったり

それ自体を煩わしく感じるスタッフもいるかもしれません。「かえって面倒だ」といった意見が出ることも

想定し、1か月間はお試し期間のつもりで導入しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。介護現場は、目の前の業務がとても忙しいため、負荷をかけて新しいルールを

導入することに抵抗を感じるスタッフもいるかもしれません。

 

しかし、長い目で見れば、「見える化」による業務改善は、残業時間の短縮につながり

更には採用や定着にもつながっていきます。

単に新しいルールの説明をするだけでなく、その目的をしっかりと伝え、プロジェクトメンバー以外の

スタッフにも協力をしてもらいましょう。現場にメリットがあることがわかれば、納得度も高まるはずです。

 

介護の仕事はチームワークが不可欠です。

現場スタッフが同じ目的を共有し、より働きやすい職場を目指してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス