“女の園”サバイバル法 トレーニング編 | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

これまで3回にわたり、「女性マネジメントシリーズ」をお伝えしました。

 

シチュエーション別の対処法も、これまでいくつか紹介しましたが。とはいっても、

これまで女性のマネジメントに苦労していた方が、いきなりマネジメント上手になる!

ということはまずないでしょう。

 

そこで、このシリーズの最後に、女性マネジメントの練習法についてご紹介します。

 

これから紹介する練習法の目的はずばり

 

リアクション上手になる!   です。

 

第2週目のブログでも、「マネジメント上手よりもリアクション上手になりましょう」

ということをお伝えしました。

 

やはり、「共感をする」というのが、女性のマネジメントのベースとなりますので

その意思表示として、「リアクション上手になる」ことは、マネジメントをする立場

の方でしたら、ぜひ身につけておきたいスキルです。

 

では早速、その練習方法をご紹介します。

 

レベル★ 「いや」「でも」「そうじゃなくて」を封印せよ

これは禁句です。

このような言葉を発するクセのある人はかなりの高確率で女性に嫌われています。。

 

相手の話を遮るなんてもってのほか。まずは普段の生活の中から、これらの言葉を

封印しましょう。(事実、モテる人はこのような言葉は使わないはず。。)

 

レベル★★相手の目を見て、相づちをうつ

マイナス言葉を封印できた方は、①目を見て②相づちをうつことを意識しましょう。

慣れてきたら、相づちを打つときは「うんうん」「そうなんだ」など、言葉を発してみましょう。

 

リアクションが苦手な方は、リアクション自体が小さい可能性が高いので、声を発したり、

身振り手振りをするなど、意識的に大きなリアクションができるようにしてきましょう。

 

(ちなみに、マックにたむろする女子高生は、「ウケるー」とか言いながら拍手したりしますよね。

 あれは最強です。。。)

 

レベル★★★「そうなんだ」「えらいね」「大変だったね」など

         受容+ねぎらいの言葉をプラスする

相手の言葉を受けることができたら、“+ねぎらいの一言”を加える練習をしましょう。

これができたら上級者です。ポイントは自分の感想ではなく、相手を気遣う言葉を選ぶことです。

 

☆番外編☆

また、世の中のリアクション上手な人を観察するのも、良いトレーニング方法です。

私がお勧めする、リアクションの先生は

 

ファミレスに集まるママ友!

 

日中、ファミレスやカフェに行けば、かなりの高確率で遭遇することができるでしょう。

そんな時はぜひ、怪しまれない程度に観察してみてください。

 

聞き耳を立てると、お子さんの話か、ダンナ様や職場の人愚痴?で盛り上がっていることでしょう。

 

 

実は私は、休日によくカフェで仕事をするのですが、その“共感力”には学ぶところが多々あります。

 

 

「へぇ~」「ほんとそうだよね~」「わかるわー」など、相手に共感する言葉が飛び交っているはずです。

そして、最初は愚痴だったはずが、笑いのネタに変わっていくことも少なくありません。

 

 

すごいですよね。

“共感”の力が「愚痴」や「不満」を笑いに変えるんですから・・・これが、“共感力”です。

 

皆さんもぜひ、観察してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス