“女の園”サバイバル法 其の三 | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

女性マネジメントシリーズ、第三弾です。

早速ですが、皆さんはこのような経験はありませんか?

 

仕事の進捗を(女性スタッフに)確認しただけなのに、逆ギレされてしまった・・・

 

困りますよね…

さて、考えられる原因は以下の2つが考えられます

 

原因1:仕事の結果を出すことよりも

     自分が頑張ったことにこだわる女性が多い

これについては前回も触れましたが、「結果そのもの」よりも「頑張った過程」を

わかってもらいたい、という考え方が、女性に多い特徴です。

 

(本人的には)必死になって仕事を頑張っているところに、淡白に進捗状況を聞かれると

 

「自分は信用されていないのではないか」と

 

いう被害妄想をしてしまう人もいます。

 

原因2:会社(上司)が望むことよりも、「自分がどうしたいのか」で

     仕事をとらえてしまう女性が多い

「今でも忙しくていっぱいいっぱいなのに、これ以上はできません!」というような発言を

するスタッフさんを見かけたことなないでしょうか?

 

いつの間にか視野が狭くなってしまい、「会社の仕事」が、いつの間にか「私の仕事」になってしまう

という方も、どちらかというと女性に多く見られる傾向です。

 

対処法:2つのステップで、女性の“承認欲求”を満たす

 

ステップ1:まずは“共感”を示してクールダウンさせる

ここでも重要なポイントになるのが、「共感」です。進捗状況を確認したい時でも

いきなり本題に入るのではなく、「いつも頑張っているね」など、ねぎらいの言葉をかけましょう。

 

 

ステップ2:ねぎらいの言葉とアドバイスをセットで伝える

彼女の「頑張り」を認めるたった一言が、相手の気持ちを大きく左右します。

×「その仕事、間に合いそう?」

〇「連日がんばっているみたいだけど、間に合いそう?」

 

アドバイスをする際も、「mast」よりも「want」で伝えます。

×「わからないことがあったら、早めに相談に来てね」

〇「困っていることがあれば、いつでも相談に来ていいからね」

 

ポイントは、彼女の「やる気」を、いかに正しい方向に導いてあげるかです。

もちろん仕事ですから、締め切りを守ったり、結果を出すことが求められます。

 

しかし、ストレートな「〇〇してください」という表現は、「頑張りをわかってくれ

ていない」という誤解をされやすいものです。上手にねぎらいの言葉と併用し

ながら、アドバイスをするようにしましょう。

 

いかがでしょうか。

 

繰り返しになりますが、ほんの一言、二言が、受け手の印象を非常に大きく左右します。

特にマネジメントが難しいと感じるスタッフさんがいらっしゃったら、話しかける前に

「相手の頑張りを認める一言」をイメージしてみましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス