“最強”の採用活動とは? | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどまや)です。

前回は、情報の信用度を計る、2つの「物差し」についてお話ししました。

 

物差し1:公式のルートか、非公式のルートか

物差し2:実体験に基づいているか、基づいていないか(=リアル度)

 

これらを掛け算すると、求職者の情報源は、

以下の4つのパターンに分類することができます。

 

①公式で実体験がない情報

②公式で実体験に基づいた情報

③非公式で実体験がない情報

④非公式で実体験に基づいた情報

 

①公式で体験がない情報

具体的にはホームページやチラシ、パンフレットがこれに該当します。

情報源としては、こちらはメジャーなものでありながらも、信用度という

面ではいまいち弱いのが特徴です。

 

何故なら、実際に自分の目で確かめたわけでもなく、もしかすると

企業が「いいところ見せ」をしているだけなのかもしれませんよね。

 

しかし、求職者の情報収集法オとしては、この手段は非常にメジャー

ですので、私たちも避けては通れない道とも言えます。

 

②公式で体験に基づいた情報

企業が出す情報で、体験に基づいた情報といえば、就職説明会や施設

見学会がこれにあたります。この情報に触れる求職者は、多くの場合、

ある程度その企業に興味を持っているケースがほとんどです。

 

「百聞は一見にしかず」と言いますが、まさに「信用度」という意味では、

①よりも格段にレベルが高い情報源がこの“実体験”です。

 

ですから、説明会を開催する際には、ただ会社説明を行うだけではなく、

きるだけ施設内を見学してもらったり、先輩スタッフと会話してもらう

などして、より多くの“実体験”を提供する工夫が求められます。

 

③非公式で体験がない情報

では、非公式かつ、実体験に基づいていない情報は、何があたるでしょうか。

ここで注目したいのが、急成長中のいわゆる“口コミサイト”です。

 

皆さんもご覧になったことがあるかもしれませんが、就活の口コミサイトだけ

でも、「キャリコネ」「ヴォ―カーズ」「就活会議」など、複数のサイトが存在します。

 

どのような人が投稿した情報なのかまではわかりませんが、第三者による

意見というのは、ある程度信ぴょう性が高いのではないでしょうか。

 

さらに、ディープな?情報減としては

「2ちゃんねる」を利用する人もいるくらいですから。。

 

もしも口コミサイトで「ブラック企業」と酷評されていたら、入社するのに躊躇

する人も少なくないはずです。

 

しかし残念なことに、このような情報源に関しては、私たちは操作することが

できません。強いて言うならば、「日頃の行いをよくする」ことしかできないので、

この部分については基本的にはノータッチということになります。

 

④非公式で体験に基づいた情報

最後に、非公式のルートだけれども、リアルな体験に基づいた情報。

これが、スタッフの口コミやOB・OGからの情報、学校の先生の口コミです。

 

今回、最も皆さんにお伝えしたいのは、これらの情報を最優先して注力していただ

きたいということです。私はこれらを「最強の採用活動」であると考えています。

 

 

スタッフ(求職者の友達)や、学校の先生など、ある程度親しく、信用できる人からの

「生の声」は、何にも勝るリアルな情報源ですね。「公式ルート」の採用活動よりも、

リスクもコストも低く、人材を確保できるので、ぜひ取り入れてください。

 

「採用活動」というと、ついつい広告の出し方や説明会対策に目を向けがちですが、

まず最初に以下の取り組みができないか、検討してみてください。

 

・スタッフ紹介制度(面接受験時や内定時にお祝い金を支給)

・スタッフにお願いして、母校を訪問してもらう

・継続的な学校訪問を行い、就職担当者を法人のファンにする

 

特に、「スタッフ紹介制度」は、仕組み自体はすぐに作ることができます。意外と導入

していない法人が多いのですが、これをやらないのは非常にもったいないので、ぜひ

すぐにでも取り入れてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス