採用情報の信用度を計る「物差し」とは | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

 

今回は、求職者の情報源についてのお話です。

 

いわゆる求人情報は、巷にあふれかえっておりますが、求職者の情報収集

方法には、どのようなものがあるでしょうか。

 

一般的に、メジャーな情報源と言えば

 

・ウェブ

・チラシ

・パンフレット

・ハローワーク

 

などが考えられるかと思います。また、

 

・合同説明会

・企業ごとの就職説明会

・その他就職イベント

 

などのイベントや

 

・スタッフの口コミ(スタッフと友達である場合)

・口コミサイト

 

なども該当しますね。

さらに、学生さんですと

 

・学校の先生からの紹介

・OB、BGからの情報

 

なども貴重な情報源ですよね。

 

さて、いわゆる「就活の情報源」をいくつか挙げてみましたが

これらの中で、どの情報が一番信用できると思いますか?

 

☆☆☆

 

前置きが長くなりましたが、今回は、数多くの就職に関する情報を

ある“物差し”を用いて、「信用度」を計ってみたいと思います。

さらにそこから、私たちがどのような情報を発信していけばよいのかを

導きだしたいと思います。

 

ではまず、情報の信用度を計る“物差し”についてご説明します。

 

物差し1:公式のルートか、非公式のルートか

物差し2:実体験に基づいているか、基づいていないか(=リアル度)

 

一つずつ解説していきます。

 

物差し1:公式ルのートか、非公式のルートか

ここでいう「公式のルート」とは、求職者向け、あるいは利用者向けに

法人が意図的に出している情報です。良くも悪くも“法人にとって都合

のいいように”操作できる情報、という言い方もできます。

 

具体的には、ホームページの情報、就職説明会などがこれに該当します。

 

それに対して、「非公式」とは、上記の「公式のルート」以外の情報源を

指します。具体的には、口コミなどがこれに該当します。

 

さて、もし皆さんが求職者で、ある企業について、以下のような情報に触れ

たら、どのように感じるでしょうか。

 

・企業のHPを見たら「働きやすさ抜群」「スタッフの仲もよい」などを売りにしていた

・口コミサイトを見たら「ブラック企業」を指摘する書き込みが多くみられた

 

企業が公式に出している情報と、非公式の情報が、真逆のことを言っています。

どちらの情報を信じるかは、最終的には求職者次第となりますが、少なからず

口コミの評判を考慮する、という方がほとんどなのでしょうか。

 

口コミの情報源にもよりますが、「公式ルート」とちがい、なんだかリアルな感じが

しますよね。

 

これはどちらが優れている、ということではなく、情報のルートには大きく2種類

あるのだということをまずはおさえていただきたいと思います。

 

続いて、

 

物差し2:実体験に基づいているか、基づいていないか(=リアル度)

 

これは、イメージしやすいかと思います。

 

「実体験に基づいたもの」とは、具体的には、施設内で開催される就職説明会や

お仕事体験などがこれにあたります。

 

また、求職者本人でなくとも、既存スタッフの友人がいるのであれば、その方の

「実際に働いてみた」体験もこれに含まれます。

 

それに対して、求人広告やホームページでは、体験は伴っていません。

施設内の雰囲気は、想像するしかありません。

 

この2つを比較した時、当然、実体験に基づいた情報の方が、「リアル」ですよね。

情報量も格段に多いです。求職者にとっては、実体験に基づいた経験は、入社の

決め手となります。

 

 

2つの「物差し」について、ご理解いただけたでしょうか。

次回は、この「物差し」を用いて、具体的な採用活動の質について検証していきたい

と思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス