新人夜勤スタッフへの申し送りのポイント③ | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

 

今回は、新人夜勤スタッフにありがちな、「判断基準」と「個別ケア」の理解

不足をうめるために、3つのポイント

 

<前回までの振り返り>

ポイント1:インプット“質”を高める

ポイント2:判断基準“見える化”する

ポイント3:“新人レベル”ツールを活用する

 

のうち、最後のポイント「“新人レベル”ツールを活用する」について

ご紹介します。

 

 

「連絡ノート」の問題点

介護現場ではおなじみの「連絡ノート」ですが、このような経験はありませんか?

 

 

・共有した情報が風化してしまう(発信したのに、段々と忘れられてしまう) 

・いつ介助方法が変更したか調べようとしたが、どこのページに書いてあるかわからず時間がかかる

・一度目を通したはずなのに覚えられず、何度も読み返してしまう

 

 

もちろん、ノートそのものが悪いというわけではありません。誰でも手軽に

情報量の制限なく書き込めるメリットもあるので、現場では不可欠でしょう。

 

しかし、利用者の個別ケアに関する情報となると、新人夜勤スタッフにとって

はこれだけでは不十分です。新人が抱える悩みと、「連絡ノート」の弱みを

整理すると、以下のようになります。

 

<新人スタッフの弱み>

・利用者と個別ケアを覚えきれていない

・ケアの変更点があっても、すぐに覚えられない

・慣れない夜勤は忙しく、時間が足りない

 

<連絡ノートの弱み>

・変更点のみ書くので体系的に情報把握しづらい

・情報更新時期が分かりづらく、風化しやすい

・忙しい時間に情報を瞬時に取り出しづらい

 

これらの課題を解決するために、“新人レベル”ツールを作成することをお勧めします。

それが、次にご紹介する「ホスピタリティシート」です。

 

個別ケアが一目でわかる「ホスピタリティシート」

フロア(もしくはユニット)ごとの個別ケアを表にして1枚にまとめたものを、私は

「ホスピタリティシート」と呼んでいます。

 

部屋番号と個別ケア、さらに利用者様の顔写真を全て対応させた表を作れば

混乱を防ぐことができます。

 

さらに、変更点があった場合は、赤い文字で、日付と合わせて記載すれば一目で

チェックできます。

 

ホスピタリティシートには、以下のメリットがあります。

 

・個別ケアのポイントが簡潔に整理されている(新人でもわかるレベル)

常に一番新しい情報一目で確認できる

・忙しい現場でもすぐに情報を取り出せる

 

いかがでしたでしょうか。今回は、夜勤に入る新人への申し送りについて、3つのポイントを

お伝えしました。

 

課題が見つかった方は、この記事をヒントに業務改善を進めていただければと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス