新人が「ここに入社してよかった」と思う施設とは? | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。

さて、早いものでもうすぐ新年度!みなさんの施設にも「新人スタッフ」が入職する時期ですね。

 

新卒・中途関係なく、新しい職場には期待と不安がつきもの。

せっかく皆さんの施設で働きたいと思って入職してくれたのですから

できるだけ長く、そして楽しんで働いてもらいたいものです。

 

そこで今回は、新人さんに「入職してよかった」と思ってもらえるための

すぐに実践できる“ひと手間”についてご紹介したいと思います。

 

特に、女性が多い介護現場では「感性に訴える」ことが、非常に大きなポイントとなります。

 

ポイント1:できる限り「(新人さんの)名前」をつけておく

新しい職場で「名前」を大事にしてもらえると、受け入れてもらえたような気持ちになる…

皆さんも経験があるのではないでしょうか。

 

<名前を貼っておきたい代表的なもの>

・ロッカー

・下駄箱

・個人用のレターボックス

・名札

・入社書類を入れる封筒

・教育ツール(ファイルやテキストなど)

・その他、法人が支給する個人持ちの物

 

意外と、「ロッカーの名前は自分で書いてもらう」という

スタイルをとっている施設さんも多いようですが、

1人1個のロッカーを確保できる環境であれば、必ず入社日までに名前を貼っておきましょう。

 

とても些細なことですが、このような些細なことの積み重ねが

「居心地の良さ」に間違いなく直結します。

特に、女性はこのような環境面に敏感な方が多いので

すぐにでも実践することをお勧めします。

 

ポイント2:利用者様の力を借りる

利用者様からのエールも、新人スタッフにとっては、非常に大きな力を持ちます。

先輩スタッフから「おもてなし」をされるのは、ある意味当たり前のこと。

しかし、本来であれば支えるべき利用者様から「頑張ってね」という言葉をかけられれば

「期待に応えなければ!」という気持ちに切り替わりやすいのです。

 

おそらく、どこかのタイミングで、利用者様へご挨拶に回る機会を作ると思います。

その際に、まわる順番はある程度意識してください。

ポイントは、エールを送ってくれそうな利用者様から回ることです。

職場の第一印象を大切にしましょう!

 

ポイント3:施設長から手紙を書く

施設長さんにとっては、少々手間がかかる作業ですが、

これは本当に喜ばれるので、ぜひ実践していただきたいです。

 

もちろん、個人宛ての手紙ですが、長々と書く必要はありません。

新人さんの良いところをほめて、激励しましょう。

 

ポイントは、この手紙を渡すタイミングです。

 

パターン1:新人研修は本社→数日後に施設に配属

       →本社研修の最終日に渡す

複数の施設を運営する、比較的大手の法人さんのスタイルです。

入社後すぐに配属されるのではなく、数日間は本社などの別会場で研修を受けさせる場合は、

すべてのカリキュラムが修了し、解散する直前(帰りのオリエンテーション時)に、渡しましょう。

ポイントは、サプライズにすることです。(女子はサプライズに弱いです)

 

パターン2:入社初日から施設に配属

       →OJT修了後(入社3か月くらい)に渡す

おそらく、この記事を読んでくださっている多くの法人様が、こちらのパターンかと思います。

入社初日は、おそらく施設長も普通に顔を合わせると思いますので、

その上で手紙を渡すとなると、ちょっとおかしなことになりますね。

 

そこで、「新人を卒業する」タイミング・節目を狙って渡してあげましょう。

ある程度職場には慣れたものの、「一人立ち」という新たなステップを目の前に、

不安が大きくなるこの時期に渡してあげるのが、最も効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。まだ実践していないものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス