1万人を大調査!介護職員が定着しない本当の理由とは? | 介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶です。皆さまこんにちは。

今回は、介護職員の定着をテーマにお話ししたいと思います。

 

皆さんの施設では、どのような理由で退職するスタッフが多いですか?…といっても、退職をする時に「本音」を言える人はなかなかいませんよね。

 

弊社では以前、現役の介護職員1万人を対象に、大規模なアンケート調査をおこなったことがありました。

 

どのような調査かというと「どのような時に、会社を辞めたいと思いますか?」という質問に対する答えを集計したものです。

 

今日は、このうちのワースト3をご紹介します。

 

ワースト3 丁寧に教えてくれない

介護スタッフの離職理由ワースト3は教育の問題でした。

 

多くの介護施設の場合、慢性的な人材不足ですので、特に、中途採用で補充したスタッフには教育に十分な時間をかけられません。

 

初日から応用的な内容を教えられたり、一度に大量に仕事を覚えさせられることもあります。

 

また、先輩は「わからないことがあったらいつでも聞いてね」と声をかけるものの、新人からすれば、先輩は常にバタバタしていて、質問ができなくてそのまま1か月が経ってしまった…ということも少なくありません。

 

このような状態が続くと、新人スタッフには不満がたまっていくのです。

 

ワースト2 上司・先輩・後輩とうまくやっていけない

こちらは介護職に限らずでしょうが、人間関係がワースト2位にランクインしました。

 

ただし、

①女性比率が高い

②閉鎖的な環境

③役職に就くことを嫌がる人が多い 

 

といった、介護業界の特徴も影響しているでしょう。

 

「派閥」ができている、という話は多くの施設で耳にしますし、陰口や噂はすぐに広まってしまいます。

 

また、役職に就いた途端、人間関係が上手くいかなくなるケースも多々あります。

 

これまでは他のスタッフと同じ目線でよかったものが、施設長と現場スタッフとの間に入らなければならなくなるので、これがうまくいかないと現場のスタッフから白い目で見られることもあるのです。

 

ワースト1 会社(施設)が何をやりたいのかわからない

そして、意外にもワースト1位は「会社(施設)が何をやりたいのかわからない」でした。

 

わかりやすい例は、新施設立ち上げ時の不満です。

「今、私たちが人手不足でこんなに苦労しているのに、また新しい施設を建てるなんて…」このような不満を聞いたことはありませんか。

 

また、施設の稼働率を上げようと様々な取り組みをされていると思いますが、「あれもこれも」と手をつけてしまうと、結局どれも中途半端になり、スタッフも「一体、この施設は何がしたいんだろう?」という不満がたまっていきます。

 

試しに、皆さんの施設の現場スタッフに「うちの施設の売り(あるいは、目指していること)は何?」と質問してみてください。

 

全員が、同じ答えを言えるでしょうか。もし、ばらばらの答えが返ってくるのでしたら、スタッフがバラバラの方向を向いていることになります。

 

私がいつもセミナー等でお伝えしているのは「一点突破のススメ」です。

 

食事、入浴、レクなど、改善したいことはいくらでもあるのですが、予算も人手も限られた中でやりくりをしなければなりませんよね。

 

ですから、ここはおもいきって「機能訓練にとにかく力を入れて、あとのサービスはとりあえず普通のレベルに保とう」といったように、何か1つだけ注力するサービスを決めるのです。

 

マーケティングのお話でも、「ターゲットは絞った方がお客さんは増える」といいますが、マネジメントの観点からしても、施設の売りや目標は絞る方がうまくいくのです。

 

ちなみに「給料が低い」はワースト7位でした。

 

皆さんの予想は当たりましたか?現場スタッフの不満は、もしかすると、皆さんの考えていることとは違うところにあるのかもしれません。

 

もちろん、このアンケート結果は複数の施設の集計結果にすぎませんが、離職対策の参考にはしていただけると思います。

 

まずはぜひ、皆さんの施設のスタッフに「うちの施設の売りは何?」と聞いてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

近藤 麻耶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス