介護施設でキラリと光る"人財”を集める方法

介護業界の採用・教育・定着を専門とするコンサルタント・近藤麻耶が、日々の気づきや、「採用勝ち組」になるためのポイントを発信していきます!


テーマ:

介護採用コンサルタントの近藤麻耶です。皆さまこんにちは。

 

今日のテーマは合同説明会。今はほぼOFFシーズンですが、年が明けたら採用活動もなにかと忙しくなり、細部までチェックする余裕がなくなってきます。

 

来年度はそんなことにならないために・・・今回は、タイトルの通り、「やってはいけないこと」に焦点を置いて、今のうちに知っておきたいポイントについてお伝えします。

 

落とし穴1 

合説要員はベテランでかためる

合同説明会では通常、3名~4名程度の人員を配置することをお勧めしています。

ここで注意していただきたいのは、「どの役割を、誰がやるか」です。

 

先に、私が提案するベストな人員配置をご紹介します。

①   プレゼンター(1名)・・・施設長または施設幹部

②   声かけ・ビラ配り(1名~2名)・・・入社1~5年目程度の若手職員

③   フォロワー(1名~2名)・・・入社1~5年目程度若手職員

 

①   プレゼンター

ブース内でプレゼンテーションをするのは、施設や法人のことを熟知している必要がありますから、現場の施設長や施設幹部クラスの方がベストです。

 

稀に、現場には入らない法人幹部の方が採用プレゼンテーションに来ているブースを見かけます。しかしこれは、あまりお勧めできません。

 

次の「落とし穴2」でもお伝えしますが、現場にいるからこそ語れるエピソードこそが、求職者の感動ポイントになるからです。

 

②   アプローチャー

合同説明会で要となるのがアプローチャー、つまり「求職者に声をかける人」です。

 

パンフレットやチラシを配布しながら、求職者に声をかけてブースに誘うのがミッションですが、この役はできるだけ求職者と年齢が近い方がよいです。

 

年齢が近いスタッフは、求職者も打ち解けて話がしやすいですよね。

 

③   フォロワー

プレゼンテーションをしている途中、あとからブースに立ち寄ってくれた求職者をフォローする人です。

 

特に、プレゼンから10分以上たった場合は、補足説明をするのか、次のプレゼン時間を案内するかなど、きめ細かいフォローが必要になります。

 

見落とされやすい役割ですが、わずかなタイミングの違いで求職者を逃してしまうのが合説です。チャンスを無駄にしないためにも、しっかりと脇を固めましょう。ちなみに、これは②と掛け持ちで問題ありません。

 

落とし穴2 

パンフレットやスライドを読み上げる

厳しい言い方をすれば、パンフレットに書いてある「法人概要」を読み上げるだけのプレゼンは最悪です。

 

これでは、他社を差し置いて「選ばれる」理由がないですし、短時間でのプレゼンが勝負の合説では勿体なさすぎます。

 

合説でのプレゼンは、長くても20分以内に収めるのがポイント。その中でぜひ、意識して取り入れていただきたいのが「セリフで語るエピソード」です。

 

「すると、A子さんが感謝の言葉を伝えてくださったんです」

「すると、A子さんが“近藤さん、本当にありがとう!”言ってくださったんです」

 

同じ内容を伝えるのでも、「セリフ」を混ぜるだけで、臨場感が全く違います。もちろん、演技力などは必要ないので、ぜひ試してください。

 

落とし穴3  

ブースの情報量が少ない

合説のルールにもよりますが、できるたけ壁には「楽しそうな」写真を張りましょう。

 

情報量が限られてしまうブースで、皆さんの施設で働くことをイメージしてもらうためには、写真は強力なツールとなります。

 

ただし、「暗い」写真は逆効果です。背景は明るく、利用者様・スタッフともに複数人が一緒に写った写真を選んでください。

 

写真の活用は、ただ単に雰囲気を伝えるだけでなく、求職者との会話の助けになります。プレゼンや会話に行き詰ったとき、「あの写真は、夏祭りの様子で…」と話のネタにできますね。

 

壁に写真を貼るのが難しい場合は、「イーゼル」もおススメです!とても目立ちますし、空いたスペースに「次回プレゼンは○時~」など、インフォメーションも兼ねることができるとっても便利なグッズです。

 

合説のポイントはまだまだたくさんありますが、今回は3つに絞ってご紹介しました。

皆さんの合説対策に役立てていただければ嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 採用・教育コンサルタント 近藤麻耶

 

 神奈川県出身。早稲田大学卒業後、青年座研究所入所。

 発声や身体の使い方について専門的に学び、演劇漬けの日々を過ごす。

 その後、大手介護企業に入社し、自らプロジェクトを立ち上げるなど、

 現場の企画・運営に携わる。

 株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、首都圏・関西を
 中心に、採用市場調査を実施。介護施設をはじめとした求人広告を
 6,000件以上比較し、ヒアリング調査をした。また、昨年調査した展示
 会数は15件にのぼる。

 これらの調査から、成功する会社と失敗する会社の法則を編み出
 し、介護専門の採用コンサルタントとして積極的に支援している。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<スタッフの採用・教育についてお悩みの方はこちら!>

採用・教育に関するご相談はこちら! 介護事業人事制度相談センター

東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F

電話 03-6432-4020   メールアドレス info@s-cg.co.jp

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

 

 

詳細、お申込みはこちらをクリック↓↓

https://www.kaigo-koushi.com/seminar/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

近藤 麻耶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。